岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    すべて見る
    • ¥1,000 / 月

    難関中学の入試問題の原作者になったけど設問が解けない理由を考えて、編集者にたどり着いた

    2023年2月3日、日付が変わるギリギリで思い出した豆をひとりで、鬼のお面をしながら、四方八方にまき散らしていたときでした。鬼みずから。少子化。 「岸田奈美さんのエッセイが、難関中学の今日の入試問題に出ました!」 なんですって! 調べたところ、東京の筑波大学附属駒場中学校だった。都内……偏差値……1位……!? 昨年は、京都大学医学部の入試でミャンマー行きのエッセイを使ってもらった。偏差値が、偏差値が軽々とスキップでわたしの頭を飛び越えていく。 出題されたのは、光村図

    スキ
    1,778

    1月の振り返り〜つまり明日も神頼み〜

    きしだんわ、岸田奈美です。 2023年のスタートダッシュ、みなさんはいかがでしたか。進研ゼミ的な感じでクラスメイトに差をつけられましたか。瞬足は履いてますか。 つまずいて周回遅れぐらいの方が、いろんなものを眺められて落ち着くなあと思いはじめてきました。ともに周回遅れていきましょう。 そういうわけで。 筆舌に尽くしがたい事情(センシティブすぎてウケるので後日書きます)により、祖父のアルゴリズム葬儀から二年ほど経っても、一向に参る気配を見せられなかった、岸田家の墓参りに。

    スキ
    928

    岸田奈美と家族の物語が、NHKで連続ドラマになります

    えらいこっちゃ。 わたしがnoteで書いてきたエッセイを一冊にまとめた本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」が。 NHKで、全10回の連続ドラマになります!ワーッ! えらいこっちゃとしか言えないこの気持ち、Twitterで書きました。 これでもまだ、全然、思いの丈をしゃべくり足りねえです。 ずっとおもしろおかしく見守ってくださったキナリ★マガジンの読者さんには、事情と感情を、号外でお伝えさせてください。 まず、ドラマ化のお話があった日のことを、お

    スキ
    1,951

    MOTHER AND BROTHER

    深夜の京都駅は慣れない大雪で、えらいことになっていた。 タクシー乗り場はズラーッと長蛇の列。全然動かない。 旅行中であろう外国人が両手をあげて「ヒィ〜!」って言ってた。蚊の鳴くような声は世界共通。 仕方ないから、行けるところまで地下鉄で行って、あとは歩いて帰ることにした。コンビニではカイロすら売り切れ。 あったかそうなものは、ピザまんだけ。 剝き身のピザまんの温もりをすすりながら、いざ死出の旅。 道は真っ白に埋まっていて、車も人もほとんど通ってない。ピザまんの灯は

    スキ
    1,359

    ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    すべて見る
    • 21本

    弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった

    高校から帰ったら、母が大騒ぎしていた。 なんだなんだ、一体どうした。 「良太が万引きしたかも」 良太とは、私の3歳下の弟だ。 生まれつき、ダウン症という病気で、知的障害がある。 大人になった今も、良太の知能レベルは2歳児と同じだ。 ヒトの細胞の染色体が一本多いと、ダウン症になるらしい。 一本得してるはずなのに、不思議ね。 「良太が万引き?あるわけないやろ」 ヒヤリハットを、そういう帽子だと思っていた母のことなので。 「ちゃうねん!あるんやて!」 ニコラスケイジ

    スキ
    28,201

    一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    ※下着のお話なので、苦手な方はご注意ください。 わりと、こだわりの強いタイプです。 でも、これだけは決めているんです。 「モテている女」のアドバイスにだけは、一切のプライドをかなぐり捨て、従うことを。 東にパーソナルトレーニングジムがあると聞けば、私財を投じて馳せ参じ。 西に3kg痩せ見えパンツがあると聞けば、半月間もやしをすすることになろうと手に入れる。 情報に振り回されすぎて、5日間絶食ダイエットをした直後、コラーゲン鍋をかっ込んで東梅田の真ん中で吐いた時は、どう

    スキ
    12,835

    車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた

    2016年11月。 土埃と魚醤の匂いがするミャンマーの市場で。 私は立ち尽くしていた。 車いすに乗る母の背後には、何人ものちびっ子托鉢僧たちが、連なっていた。 逃げようとすれば、ついてきて。 そしていつの間にか、増えていて。 君たちは、あれか。ピクミンか。 母・ひろ実は困り果てた顔で「どうしよう」と、私に助けを求めた。 私は、見て見ぬフリをした。 私という人間は、理解できない状況に遭遇したら、たとえ実の親であろうとも迷いなく他人のフリができるんだなあ、としみじみ思った

    スキ
    6,691

    櫻井翔さんと密室で30分間、対面したら2kg太った

    2016年、3月。 私は密室で、櫻井翔さんと対面していました。 30分間も。無言で。 いや、本当だから。こじらせてないから。現実だったから。 ……たぶん。 説明いたしますと。 我が社が総力を上げて取り組んでいる「ユニバーサルマナー検定」をね。 受講しにきてくださったんです。 嵐の櫻井翔さんが。 NEWS ZEROの担当者さんから 「櫻井翔さんが、ユニバーサルマナー検定の取材をしたいそうです」 とお電話いただいた時。 「なんで?」 っていうタメ口が飛び出た。心からのタ

    スキ
    7,502

    飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

    講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    すべて見る
    • 18本

    飽きっぽいから、愛っぽい|筆を伸ばす、私を思う @西宮浜

    講談社「小説現代」2020年9月号(8月21日発売)から、新連載を始めさせてもらうことになりました。 もともと、生い立ちに関する連載をしていたのですが、わたしが講談社の徳を積みまくる系敏腕編集・山下さんに甘えまくって、好き勝手に書きすぎたところ、当初の連載予定よりも早く現実に時間軸が追いついてしまうという、爆裂的な計画性のなさをふんだんに露呈する事態となってしまい。 「過去」と「場所」にまつわる連載「飽きっぽいから、愛っぽい」を、新しく書いていきます。 キナリ☆マガジン

    スキ
    452

    飽きっぽいから、愛っぽい|空白の記憶に、視点を願う@鈴蘭台

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代1月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。 人生は間違いなくひとつだけど、紙の年表みたいに平面的ではなく、彫刻みたいに立体的だ。 眺める角度や高さによって、見えてくるものがぜんぜん違う。ひとつの人生を、たくさんの視点を行き来しながら、わたしは味わっている。 美術館で、絵画を楽しむようだ。 ハッとする。 ちょっとちょっと、わたしったらいま、ちょっと頭のよさそうな

    スキ
    367

    母と50万円払って、神の奇跡を手に入れようとした話

    講談社「小説現代 3月号」に連載しているエッセイ「飽きっぽいから、愛っぽい」をnote向けに一部抜粋と編集をして、キナリ★マガジン読者限定で公開しています。イラストは中村隆さんの描き下ろしです。 いまから、十年以上も前のことだ。 「どんな人でも歩けるようにしてくれる、神様のような先生が北の国にいるらしい」 大動脈解離の後遺症で、下半身麻痺となった母のもとに、とんでもねえ話を手土産にしてきた男がいた。 母は当時、これまでの人生でまぎれもなくドン底にいた。昨日まで歩けてい

    スキ
    1,298

    飽きっぽいから、愛っぽい|無力なパンダは不幸にならない@神戸ハーバーランド

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代4月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 「今回の表紙は、岸田さんも喜びますよォ」と編集部の人からもったいぶって伝えられてたんですが、地球が生んだ奇跡こと櫻井翔さんでした。喜びますっていうか恥ずかしい記憶が先に浮かび上がってくるので、直視できませんね。 表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。 スーパー銭湯の休憩所で、わたしはパンダになっていた。

    スキ
    945

    もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    すべて見る
    • 37本

    「もうあかんわ日記」をはじめるので、どうか笑ってやってください

    トップの写真は「いま実家の神戸にいるよ、母のお見舞い行ってくる」と、わたしが東京にいる友人に送ったものだ。 返ってきたのは。 「眉毛は?」 の一言である。 眉毛がない。うっすらとあるけど、いつものように描いてないし、髪と同じ色にあわせてない。つまりはすっぴん。東京では考えられない。 いいよね、慣れ親しんだ田舎の地元って。こうやって気軽に外出できるし、メイクする手間もないし。楽だわ。ここで、ていねいな暮らしをしよう。 んなわけ、あるかい。 ていねいな暮らしをしてる

    スキ
    13,614

    プリズンブレイクドッグ (もうあかんわ日記)

    毎日21時更新の「もうあかんわ日記」です。もうあかんことばかり書いていくので、笑ってくれるだけで嬉しいです。日記は無料で読めて、キナリ★マガジン購読者の人は、おまけが読めます。書くことになった経緯はこちらで。 うちには二匹の犬がいる。どちらもトイプードルだ。 一匹は梅吉という。社会人になったわたしが入ったばかりの初任給にホクホクしていたとき、ペットショップで出会った。生まれたての子犬ばかりのその店で、梅吉はもう1歳の立派な大人になっていた。 売れ残りの原因はすぐわかった

    スキ
    3,831

    祖父のアルゴリズム葬儀(もうあかんわ日記)

    毎日21時更新の「もうあかんわ日記」です。もうあかんことばかり書いていくので、笑ってくれるだけで嬉しいです。日記は無料で読めて、キナリ★マガジン購読者の人は、おまけが読めます。書くことになった経緯はこちらで。 今日はお昼に「みんなのお金で、3月21日にでっかい新聞広告を出したかったわけ」という大切なnoteを書いたので、そちらも読んでくれると嬉しいです。 父方のじいちゃんの葬儀があった。 母は入院中で、母方のばあちゃんは足が悪くて、参加ができなかった。わが家代表として赴

    スキ
    2,939

    思い、思われ、ふり、ふりかけ(もうあかんわ日記)

    毎日21時更新の「もうあかんわ日記」です。もうあかんことばかり書いていくので、笑ってくれるだけで嬉しいです。日記は無料で読めて、キナリ★マガジン購読者の人は、おまけが読めます。書くことになった経緯はこちらで。 入院中の母から、電話があった。 「あのな、さっき車いすに乗ってリハビリ室行こうとしたらな」 「うん」 「みんな、大部屋の病室から出てきて、エレベーターホールをうろうろしながら電話とかzoomとかしてるねん」 「ほう」 「わたしは個室にしてもらえたから、いつで

    スキ
    2,400

    姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

    ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    すべて見る
    • 24本

    人生は山あり谷ありクロード・チアリ(姉のはなむけ日記/第1話)

    人生には山もあれば、谷もあり。 坂もあれば、クロード・チアリ。 ヒガシマルのちょっとどんぶり。(※注) うちの実家の目の前にも、坂がある。心臓破りとまではいかないが、心臓ヤバみくらいの傾斜の。 ニュータウンに突如として出現した、大型マンション密集地の中にあり、坂道を降りるとすぐ私有地の道路で、その先は野っ原がむき出しの斜面になっている。 子どもの頃、夏休みになると「よっしゃ〜〜!宿題終わった〜〜!遊ぶんじゃ〜〜〜〜!」とチャリでこの坂道を一気にくだり、勢い余って野っ

    スキ
    2,079

    蜃気楼に浮かびし10畳の楽園(姉のはなむけ日記/第2話)

    ダウン症の弟が入居できるグループホームの空きが、やっと一箇所出たかと思えば、塩対応というか山椒対応というか小粒でもピリリと辛いどころか「収入が減るから土日の外出は許さねえ!」的なギッチギチの世知辛さをお見舞いされたのだった! 母のヤケクソ焼きは牛肉ヒレ、豚肉ロース、安納芋と三日も続き、レパートリーを着々と増やしていた。気持ちはわかる。 ふたたび一年、いや、三年。 空きが奇跡的に出るのを待つ日々に戻るのだ。 さて今日はなにを焼いたろか。魚か。干物か。母がガックリきている

    スキ
    1,624

    ただここで暮らしたいだけなのに(姉のはなむけ日記/第3話)

    ようやくたどりついた、良さそうな気配のするグループホーム。弟もノリノリだったが、思わぬ落とし穴にドボンするのであった。 「ごめんなさい。ここ、アクセスがめっちゃくちゃ悪いんですよ」 管理者である中谷さんは、申し訳なさそうに言った。 最寄り駅まで、徒歩40分。 近くにバス停はあるが、弟が働いている福祉作業所まで行ってくれるバスは、1時間に1本。しかも午前中だけ。 福祉作業所に通うには、バスと電車を乗り継がなければならない。 この、乗り継ぎというのが、弟にとって、天に

    スキ
    1,653

    姉弟関係はいつもギリギリで森田一義アワー(姉のはなむけ日記/第4話)

    その晩、実家から弟がわたしに電話をかけてきた。 「どうしてん」 「あのな、車、ないねん」 「え?」 「車、ないねん」 「なんて?」 このときわたしは、実家のボルボがパクられたのかと思った。 大事件やないか。いや、でもそれやったら、弟じゃなくて、オカンから連絡くるよな。なんで弟なんやろ。 まさか、オカンが乗ったままパクられた……? 警察の二文字が頭をよぎった。弟が続ける。 「グル、むほん」 「グルで謀反!?」 公安の二文字が頭をよぎった。 謀反といっても、う

    スキ
    2,025