岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

岸田奈美のキナリ★マガジン

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生きています。「事実は小説より奇なり」な話や、役に立たない話をします。最低月4本の完全有料記事全文+無料記事のおまけ部分が読めます。

岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月
だらしないやつは地べたに置いた半開きのパソコンからスマホを充電しがち

だらしないやつは地べたに置いた半開きのパソコンからスマホを充電しがち

普段から、机の上のほこりを払うくらいのノリで、メモ帳に「なにに使えるかわからんけど思い浮かんだこと」を書き留めている。 ものを書いて日銭を稼ぐようになってから、炸裂した貧乏性ともいえる。うちのばあちゃんが、冷蔵庫の中の扉ポケットに、いつのかわからん調味料の小袋を大量に溜め込んだまま腐らせているのだが、あの気持ちがわかる。 「いつか使えるかもしれんから」と温めていたけど、どうにもこうにもならんかった小さすぎる話をここで。オチがないことも多々ある。それもまた人生。 その前に

スキ
917
消えた1500万円

消えた1500万円

「ほんまにあかん話は、人に言えへんのや」 母の言葉である。 最近になってようやく母の腹の底から煮えくり返ってドボンヌと出てきた話があり、わたしが「なんで今まで言ってくれんかったん」とたずねたら、返ってきた言葉である。 以前、このnoteでわたしは大学の奨学金を返済したと書いた。 今までに背負ったことのない額の借金だったが、父を亡くし、アルバイトひとつで生計を立てる母子家庭であれば、そんなもんだろうと思っていた。 それがどうやら、違っていた。 うちにはもともと、わた

スキ
1,795
「死ね」と言ったあなたへ

「死ね」と言ったあなたへ

※この記事は、後述の理由により、11月8日(月)23:59まで公開していました。しばらくマガジンのアーカイブとして読めます。 ※死を煽る内容ではないですが、「死ね」という言葉が頻出します。 2021年11月8日(月)15:02追記:わたしが一番祈っていた形で、ここに登場する方々のもとに届きまして、もしかしたら先方の優しさかもしれないですし、そりゃそうだと思うんですが、ものすごく、ものすごく深い理解と希望を示してくださいました。届けてくださったみなさん、ありがとうございます。

スキ
21,148
無知なるコメンテーターの存在意義

無知なるコメンテーターの存在意義

キナリ★マガジン読者のみなさんは全文読めます。無料公開は半分まで。 ニュースのコメンテーターなるものをさせてもらってから、1年と7ヶ月が経った。 最初はスマホで視聴できるAbema TV「けやきヒルズ」で、そこからいきなり全国地上波に飛んで日本テレビ「スッキリ」に。 専門家でもなく、視聴率を持つタレントでもなく、芸能レポーターでもなく、神戸で一番しょうもないことを神戸で一番大げさに書いているわたしが、なぜにお茶の間でニュースにコメントをするのか、てんでわからない。 は

スキ
1,817

無料で読める人気記事

比較的多くの方の目に触れてしまった記事。3万PV〜100万PVくらい。

無料で読める人気記事
  • 13本
弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった

弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった

高校から帰ったら、母が大騒ぎしていた。 なんだなんだ、一体どうした。 「良太が万引きしたかも」 良太とは、私の3歳下の弟だ。 生まれつき、ダウン症という病気で、知的障害がある。 大人になった今も、良太の知能レベルは2歳児と同じだ。 ヒトの細胞の染色体が一本多いと、ダウン症になるらしい。 一本得してるはずなのに、不思議ね。 「良太が万引き?あるわけないやろ」 ヒヤリハットを、そういう帽子だと思っていた母のことなので。 「ちゃうねん!あるんやて!」 ニコラスケイジ

スキ
25,925
思い込みの呪いと、4000字の魔法

思い込みの呪いと、4000字の魔法

「奈美と結婚しても、ダウン症の弟くんの面倒を見る自信がない」 高校生の時、付き合っていた彼氏が言った。 ショックだったのは。 明るかった彼の、思いつめたような表情でも。 とつぜん切り出された、将来の話でも。 障害のある弟を、否定されたことでもなかった。 っていうか結婚とか急になにを言い出してんねん、どうしてん。 なにより「弟は私に面倒をかける存在で、私がその面倒を見なければならない」と思われたことがショックだった。 今まで、弟を面倒だと考えたことがない。 そりゃ弟

スキ
8,613
冬がはじまるよ〜のぞみ64号東京行き4号車で、槇原敬之が聴こえたら〜

冬がはじまるよ〜のぞみ64号東京行き4号車で、槇原敬之が聴こえたら〜

疲れていた。 泥のように疲れていた。 締め切りが迫った原稿を、ギリギリまで書き終え、気づけば朝すらも通り過ぎ、昼になっていた。 その足で用意をし、広島県福山市の講演会で2時間喋り倒した、帰りだった。 東京行き最終の新幹線・のぞみ64号の4号車に、走ってなんとか飛び乗る。 乗客は私と同じように皆、長い一日の終わりに放心しているようで、静かだった。 いつの間にか眠ってしまった私は、車内チャイムの音で目を覚ます。 聞き逃した次の停車駅を確認するために視線を上げると、車

スキ
4,025
家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

私が住んでいる東京という大都会に、母と弟が来た。 ひろ実と良太が来たとも言う。 母からのリークによると、新幹線の中で、弟は何度も「奈美ちゃんは?奈美ちゃんは?」と、母に聞いていたそうだ。 なるほど、なるほど。 それはそれは猛烈な歓迎を受けるに違いないと、相応の準備をしていたら。 弟に真顔で「よう」と言われた。 ちょっとちょっと。話が違うじゃないか。 弟心は、秋の空ほど移り変わる。 さて、目ざとい皆さんは、お気づきだろうか。 写真が、ことごとく、ばかみたいに泣ける。

スキ
8,982

突撃!岸田の文ごはん

伝説の大きなしゃもじを持ち、いま、私が話を聞いて学びたい人に突撃していく大長編です。

突撃!岸田の文ごはん
  • 5本
【突撃!岸田の文ごはん】
田中泰延さんは、仮説を作ってボケ倒す

【突撃!岸田の文ごはん】 田中泰延さんは、仮説を作ってボケ倒す

岸田奈美が、尊敬する人に「うまい文章の書き方」を教えてもらうため、大きなしゃもじを持って突撃する「突撃!岸田の文ごはん」! 今回は、『読みたいことを、書けばいい。』の著者・田中泰延さんに突撃。 ※突撃は緊急事態宣言の発令前に実施しました。 ちなみに田中さんのTwitterは、ツイートひとつに込められたパワーワードがものすごい。えげつない。投石機みたい。わたしの春のイチオシはこれ。 そんな田中さんのファンは、私だけではない。わたしのオカンもである。そんなオカンが「田中さ

スキ
601
【突撃!岸田の文ごはん】阿部広太郎さんは、記憶に残る言葉に執着する

【突撃!岸田の文ごはん】阿部広太郎さんは、記憶に残る言葉に執着する

言葉の勉強をするために、私が大きなしゃもじを持ってプロのもとへ向かう「突撃!岸田の文ごはん」の時間だよ! 今回お会いさせてもらった人は、阿部 広太郎さん。 電通のコピーライターで、「企画でメシを食っていく」というインパクトのある講座の主宰でもある。 ※突撃したのは2020年2月10日です。現在、電通ではリモートワークを基本とした業務対応が行われています。 優しそうな人だなと思いながら、プロフィール写真を眺めていたら。とある一文に、私の目が釘付けになった。 「中学三年

スキ
616
【突撃!岸田の文ごはん】橋口幸生さんは、ハッとしてGoodしていた

【突撃!岸田の文ごはん】橋口幸生さんは、ハッとしてGoodしていた

想像してほしい。 あなたは、会社員だ。 月曜から金曜まで一生懸命働き、ヘドロのように疲れている。 今日はクリスマスイブだというのに、忙しくてお昼も食べそこねてしまった。もうお腹はペコペコだ。 待ちに待った、退勤まであと5分。 家に帰れば、注文しておいたご褒美の七面鳥が待っている。 さあ、そろそろパソコンを閉じよう。 そう思ったとき、一通のメールが届いた。 「先日、お送りいただきました講演のプレゼンテーション企画書につきまして、ご丁寧な内容の制作を誠にありがとう

スキ
841
【突撃!岸田の文ごはん】浅生鴨さんは、最後に一文付け足すらしい

【突撃!岸田の文ごはん】浅生鴨さんは、最後に一文付け足すらしい

言葉の勉強をしようと思ったら、伝説のしゃもじを授かり、突撃することになった私の大長編です。 そんなわけで、私は、大きなしゃもじを持って、浅生鴨(あそう・かも)さんへ会いに行った。 「うまいタイトルの付け方」を学ぶためだ。 浅生さんは別れ際に「1行目を書けたら、あとは勝手に続くよ」と言ってくれたのだが、私はこの1行目を書いて、しばらく頭を抱えた。 どうなるかわからないけど、目の前で起こったことをそのまま書くね。 火曜日の朝だった。 今回の現場である「株式会社ほぼ日」

スキ
1,154

キナリ杯2020(概要・受賞発表)

キナリ杯2020(概要・受賞発表)
  • 10本
【賞金100万円&50賞】岸田奈美のキナリ杯!おもしろい文章が読みたい 【終了】

【賞金100万円&50賞】岸田奈美のキナリ杯!おもしろい文章が読みたい 【終了】

キナリ杯は6月3日に終了しました!受賞発表式はこちらにまとめています! 政府の緊急経済対策で、私は10万円を受け取れるそうです。うれしい! 国会中継を見ながら、10万円の使いみちをウッキウキで考えていました。 このとても大変な期間に「私を支えてくれるもの」と「私が応援したいもの」に、使いたいと思いました。 私にとって、それは「文章」です。 緊急事態宣言が出ている間、母や弟と離れ、ずっと一人で東京の家にいました。寂しいにもほどがある。 でも、書くことに救われました。

スキ
3,486
【キナリ杯受賞発表】開会式&特別リスペクト賞①

【キナリ杯受賞発表】開会式&特別リスペクト賞①

岸田奈美がおもしろい文章を読みたくてはじめた文章コンテスト「キナリ杯」の授賞式をはじめます! みなさん、各々で授賞式っぽい音楽を準備してください。音楽がない人は両手を打ち鳴らしましょう。ヨ〜オッ! 【追記】全受賞式が終了しました!受賞作品はこちらのマガジンから全作お読みいただけます。 キナリ杯 基本情報募集期間 2020年4月30日〜5月31日 賞金総額 10万円 → 100万円 賞  数 15賞 → 39賞 受賞人数 20名 → 53名  応募総数 4240作

スキ
1,053
【キナリ杯受賞発表】特別リスペクト賞②

【キナリ杯受賞発表】特別リスペクト賞②

特別リスペクト賞6「ほぼ日刊キシダ新聞賞」「やさしく、つよく、おもしろく」な文章に贈る賞です。糸井重里さん、倉持奈々さんたちのいるほぼ日の皆さんをリスペクトしました。 タイトルがまず、いいですよね。親子の写真って一般的な家庭にはもっとキラキラフワフワしたものがあると思うんですが、親子ともに虚無感のあふれる写真をヘッダーにしている、捨て身の勇気が素晴らしいです。たぶん、ものすごく、たいへんなことが起こってるんだろうなと予想できます。もしこの写真しかなかったとしても、それはそれ

スキ
657
【キナリ杯受賞発表】特別リスペクト賞③

【キナリ杯受賞発表】特別リスペクト賞③

特別リスペクト賞14「病理医ヤンデル先生賞」医療や病理について書いている文章かと思いきや、才能が巨大すぎるか、瞬発力がキラーマシンくらいある文章に贈る賞です。病理医のヤンデル先生をリスペクトしました。 「たけのこの里の箱を見て、このハードルは何mなんだろう」と発想し、「たけのことハードルの高さを計算しよう」と検証するまでの意味のわからない流れがスムーズすぎて、笑ってしまう。しかも箱を見た瞬間に頭の中でnoteに書く文章が浮かんできたとのとこで、瞬発力まである。あっぱれ。

スキ
539

書かせて!前澤さん

スタートトゥデイの前澤友作さんに会うことになった話。会う度に理解が深まるというより謎が深まっている。

書かせて!前澤さん
  • 3本
前澤さんやZOZOの人にインタビューしよう|書かせて!前澤さーん3

前澤さんやZOZOの人にインタビューしよう|書かせて!前澤さーん3

前回の打ち合わせの続き。 前澤さんの思いを100%理解して、小説「前澤友作物語(仮)」を書く自信がなかった私。 なぜならば。 前澤さんが言っていることは、シンプルでストレートで、私の貧弱なスプーンのごときインタビュー力では、深く堀れそうにないからだ。 テレビで言う「撮れ高」ならぬ「聞き高」を保障できる気がしない。 そして、前澤さんに納得してもらえる気もしない。 そんな私に、一つのアイデアが舞い降りた!!! 「前澤友作物語の主人公を、前澤さんにするのではなくて、群

スキ
489
前澤友作物語できへんやないかい|書かせて!前澤さーん2

前澤友作物語できへんやないかい|書かせて!前澤さーん2

スタートトゥデイ・前澤友作さんと定期的に会うことになった、私ですらろくに把握できていない、経緯はこちらの過去記事を。 前澤友作さんと言えば。 お年玉企画と、お見合い企画で、早々に私の2020年なんでやねん大賞を受賞する勢い。 そういえば、初めてお会いした時、Tさん(前澤さんの広報担当)が言ってた。 「内容は言えないけど、また色々、大変なことが始まる予定なの……」 本当に色々大変なことが始まってるので、マジTさん大変だなと思った。 ということで、話は1ヶ月以上、さか

スキ
666
前澤友作さんに会ったら、来週も会うことになった|書かせて!前澤さーん

前澤友作さんに会ったら、来週も会うことになった|書かせて!前澤さーん

小さな頃から、スケールがでっけぇものに、ただならぬ興味がある。 興味っつーか、もはや、恐れがある。 東京ドーム。富士山。シロナガスクジラ。コストコのピザ。 今、この瞬間。 私の目の前に座っていた前澤友作さんも。 脳内の同じカテゴリに、ぶち込まれた。 私が友人から借りパクしたシティーハンターのDVDを返すか返さないか迷い続けていた2年の間に、123億円でバスキアの絵を落札し、月へ行くことを決めた人だ。 もう、恐い。 なにをしゃべればいいの。 鳴り止まぬTwitter、

スキ
2,860