見出し画像

一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

※下着のお話なので、苦手な方はご注意ください。

わりと、こだわりの強いタイプです。
でも、これだけは決めているんです。

「モテている女」のアドバイスにだけは、一切のプライドをかなぐり捨て、従うことを。

東にパーソナルトレーニングジムがあると聞けば、私財を投じて馳せ参じ。
西に3kg痩せ見えパンツがあると聞けば、半月間もやしをすすることになろうと手に入れる。

情報に振り回されすぎて、5日間絶食ダイエットをした直後、コラーゲン鍋をかっ込んで東梅田の真ん中で吐いた時は、どうかと思ったけど。

とにもかくにも、この3年間、慎ましやかにそんな感じです。

先日、弊社ビルの同じフロアで働く、モテ女と慎ましやかに飲みまして。
「ブラデリスニューヨークのブラジャーだけは絶対買うべき」と言われまして。

行ったんですよ。飲みが終わった、その足で。
ゆるふわフットワークです。ふわっふわに浮ついてます。

ブラデリスニューヨークの店舗に着いたら、神田うのみたいな店員さんに出迎えられまして。

「フィッティングに1時間ほどいただきますねー」

耳をね、疑いました。

試着に1時間。

なんぼほど、ブラを脱ぎ着させられるのかと。
そりゃこんなにハイソでゴージャスで、なんてったってニューヨーク発ですもの。
たくさんカラーバリエーションやデザインがあるんでしょうとも。
それらを、すべて、試着させられるのかと。
おっぱい、擦り切れて、無くなるんとちゃうかと。

自分の胸がもみじおろしになる様を想像して震える私を、試着室へいざなう神田うの。

上半身すっぽんぽんで、測ってもらいました。

私、ここ1年半ほどで、10kg近く体重落としたんですよ。
それまで自分はそこそこ胸がある方だと思ってたんですが、体重が減ったら、自然としぼんで愕然とした。
楽天のセールを狙い、ネットでワコールの2800円のブラを5種類買っては、着回す日々。
ブラはワコールにしとき、と祖母と母、果ては近所のおばちゃん達から刷り込まれて育ったので。
(誤解なきように言うと、ワコールもとても良いブラです。適当に買った私が悪い)

カッパカパで、谷間も消失して、まるで中学生の付き合いたてカップルのように離れていく右胸と左胸。

まあ、こんなもんかと。
私は私なりに、折り合いをつけていたわけですが。

「あー……お客様、これ、全然胸のお肉がブラに入ってないですよ。一度、ちゃんと入れてみますねー」

しぶい顔をした神田うのが、こう、ガッサー!と私の脇の肉を掴んで前に持ってくるわけです。足を肩幅に開いて。指先に力を込めて。こう、力士のような力強さで。1グラムたりとも逃さんという気概を感じる。

「あと、ストラップも下がりすぎてるので、上げますね」

ブラのストラップが、グイグイ上がっていく。
砂漠の井戸から、水を汲み上げるように、上がっていく。

次の瞬間。
私の胸に、メロンがあった。

石原裕次郎のお見舞いの時みたいな。
でっけえ、でっけえメロンがあった。

全然違う。

修学旅行先の北海道で食べた腐りかけのウニ(液状)を食べて嫌いになり、社会人になって北海道で本物のウニを食べた時の「今まで食べてたウニとは……?」となった、あの感覚。

「お客様のお胸のお肉は、全部、お腹と背中に逃げてたんですよ。ストラップもゆるゆるで、サイズの合っていないブラを着けられてたみたいなので」

お胸のお肉が……逃げ……?

私の乳は、どうやら、集団疎開していたようです。

いつの間に……開戦した覚えも……ないのに……?

「まだお肉が溢れてるので、あと2カップ上げてみましょうねー」

あれよあれよと言う間に、それ峰不二子しか着れへんのとちゃうの?みたいなブラを持ってくる神田うの。そしてガッサー!と肉という肉をかき集める、神田うの。

もうね、自分の身体なのに、信じられないわけです。
ワレ、乳やったんかオイ!みたいな肉たちが、一斉に集まってくるわけです。
どんどん、姿を暴かれていく肉。おっぱい公安警察、出動。

「どうですか?谷間ができましたよー」

もどってきた!
黄泉の国から戦士たちが帰ってきた!
続け、戦士達!
シシ神の元へ行こう!

「とってもシルエットが綺麗になりましたね!」

もう、私の胸で同窓会。
くすのき小学校 昭和33年生、同窓会って感じ。
谷間、あんた、生きてたの……?
デコルテ、お前、そんなに立派になって……!

気がつけば、ブラデリスで3万円使ってました。
今月の私は、胸のために働きます。

何が言いたかったかと言うと、身体のシルエットが本当に変わるので、下着はきちんとしたところで良いのを買うのがオススメです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
7937
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

この記事が入っているマガジン

なぜか目立ってしまった記事
なぜか目立ってしまった記事
  • 11本

比較的多くの方の目に触れてしまった記事。3万PV〜100万PVくらい。

コメント (21)
すごく笑いました😂最高です!エッセイ全部一気読みしました!
クスッと笑える素敵な文才。
肉ガッサー ワレ乳やったんか 神田うの

昨日岸田さんのことを知り、見にお邪魔しました。
表面張力のくびきがないかのような
小気味いい文章で好きです。
好きになってしまった✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。