岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

  • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

    講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

ウィジェット

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

はじめて岸田奈美のnoteを読む人へ

100文字で済むことを、2000文字で書く。作家の岸田奈美です。 いることも、いらんことも、noteへ息を吐くように残しています。 お仕事のご依頼などはこちらにお願いします。 わたしについて1991年、神戸市北区生まれ。中学2年生のときに起業家の父が突然死、高校1年生のときに母が心臓病で車いす生活、弟が生まれつきダウン症。認知症で荒ぶる祖母と、よく吠えるかわいい犬の梅吉も一緒に毎日が楽しい。 関西学院大学人間福祉学部社会起業学科に在学中、株式会社ミライロの創業メンバー

    • 休養は終わってからが本番なので、ここで寿司の話をします

      ひたすら、ボーッとしている。 ただボーッとしているのではない。 首をかしげながら、ボーッとしている。どこか憂いを帯びている。おフランス映画のようにシットリとしている。 一週間、大々的にお休みをいただいて、それはもう休みに休んで、 「さあやるぞ!やったるぞ!」 などと、フガフガしながら仕事のマウンドに立ったところだった。 なーんか、腰が痛い。 寝ても立っても、ドンドコショと痛む。 なーんか、頭が痛い。 孫悟空の輪っかみたいに、キューッと痛む。 なーんか、胸が痛い

      • 生活する人、仕事する人(漏水ビチョビチョ日記)

        汚水がふりそそぐ部屋から、あわてて引き上げた家財たちは、まだ引っ越し屋の倉庫で眠ってる。 トラックごと眠ってる。 そんなんじゃ生活も仕事もままならんでしょうと、思うなかれ。 積んでっから。 全部、積んでっから。 パソコンも、服と靴も、すぐ読まなくちゃいかん本も。 ベッドも。 ギッチギチに。 すごくない? あまりにも積めすぎている。 車一台あればそのへんの野ッ原で暮らせてしまう。 ドラマの撮影で使われたボルちゃん、引き取らせてもらうって決めた時はバクバクしたけ

        • 壊れものたちの鎮魂歌(漏水ビチョビチョ日記)

          2月10日〜18日の間、岸田奈美は休業期間で閉店ガラガラになります。noteの更新、番組やイベントの出演などもありません。またね。 ▼ これまでに書いた経緯 1日目|天井から今も雨が降り続いている人間の記録 2日目|32歳にもなって土下座で大号泣 3日目|止んでる間に詰めろ詰めろ 4日目|君たちはどう濡れるか 5日目|水道ミステリー、解明編 6日目|給湯器はなぜ年末に壊れるのか? 7日目|アドバイスに溺れるがお湯は出ない 給湯器はなんとかなったが、住まいの方はなんともなっ

        • 固定された記事

        はじめて岸田奈美のnoteを読む人へ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 岸田奈美のキナリ★マガジン
          岸田奈美|NamiKishida 他
          ¥1,000 / 月
        • 【無料】よく読まれる記事
          岸田奈美|NamiKishida
        • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜
          岸田奈美|NamiKishida
        • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
          岸田奈美|NamiKishida
        • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜
          岸田奈美|NamiKishida
        • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜
          岸田奈美|NamiKishida

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【ご報告】推されたので休業します

          おこんばんは。 ついに家で赤ペンを耳に挟むようになりました、もっぱら両手ふさがりがちな岸田奈美です。 とつぜんですが、休みます! 漏水、引っ越し、健康診断の追試的な検査で、てんやわんやですが、意外とかなり元気です。 元気なのに、休むんです! 先月のnoteで、極限地帯を走り抜けてるせいか、元気が止まらなくて困ってしまわい!という弱音を吐きました。新感覚!強すぎる弱音!!! 家におるだけで、山づみの段ボール、親の仇ほどあるゴミ袋、皿の剥がしそびれた値札シールなどが、目に

          【ご報告】推されたので休業します

          とっても、とっても、休みたい

          漏水ビチョビチョ日記というどうしようもねえ話の途中ですが、ここらでいったん、緊急中継です。現状の岸田さんと繋がっています。

          とっても、とっても、休みたい

          アドバイスに溺れるがお湯は出ない(漏水ビチョビチョ日記)

          ちょっとこう、人としてどうかと思うことも吐き出すというか、わたしのせいで読んだ人に余計な傷をつけてしまうかもしれないので、余裕のあるときにチラ見してもらえたらと。 今回は全文マガジン読者限定です!ゆるして! ▼ これまでに書いた経緯 1日目|天井から今も雨が降り続いている人間の記録 2日目|32歳にもなって土下座で大号泣 3日目|止んでる間に詰めろ詰めろ 4日目|君たちはどう濡れるか 5日目|水道ミステリー、解明編 6日目|給湯器はなぜ年末に壊れるのか? 実家の給湯器が

          アドバイスに溺れるがお湯は出ない(漏水ビチョビチョ日記)

          給湯器はなぜ年末に壊れるのか?(漏水ビチョビチョ日記)

          思わず「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」みたいなことを言ってしまったが、令和のベストセラーを狙いたいほどの切実さである。 天井が落ちるほどの漏水で、実家に避難してきたはずが、実家の給湯器がブッ壊れてしまった。 えらいこっちゃ! ▼ これまでに書いた経緯 1日目天井から今も雨が降り続いている人間の記録 2日目|32歳にもなって土下座で大号泣 3日目|止んでる間に詰めろ詰めろ 4日目|君たちはどう濡れるか 5日目|水道ミステリー、解明編 (6日目)12月23日 9:00-

          給湯器はなぜ年末に壊れるのか?(漏水ビチョビチョ日記)

          水道ミステリー、解明編(漏水ビチョビチョ日記)

          ▼ これまでに書いた経緯 1日目天井から今も雨が降り続いている人間の記録 2日目|32歳にもなって土下座で大号泣 3日目|止んでる間に詰めろ詰めろ 4日目|君たちはどう濡れるか (5日目)12月22日 9:00-一本の電話天井から上階のきちゃない水が、3日間にわたり、雨季のジャングルのごとく降り続けた自宅。 そろそろ新たな生命が誕生してもおかしくない。 降り続けた原因も、引っ越し中に突然止まった原因も、なにもかもわからなかった。 入れ替わり立ち替わり、いろんな水道業

          水道ミステリー、解明編(漏水ビチョビチョ日記)

          君たちはどう濡れるか(漏水ビチョビチョ日記)

          ▼ これまでに書いた経緯 1日目 2日目 3日目 (4日目)12月21日 9:00- わたしは客員教授引っ越しで、身体はバッキバキ! だが休む間もなく、精神はギンッギン! なぜならば、今日は……大学で……講義……! 今年からわたしは、関西大学の客員教授に任命された。 そんな大役、岸田家先祖代々の歴史でも初めてだよ。地元に錦を飾るどころか、LEDも飾ってダンサー呼んでエレクトリカルパレード進行、待ったなし! いざ、関西大学は人間健康学部へ! 実家で、鏡を見た

          君たちはどう濡れるか(漏水ビチョビチョ日記)

          止んでる間に詰めろ詰めろ(漏水ビチョビチョ日記)

          ▼ これまでに書いた経緯 1日目 2日目 (3日目)12月20日 9:00- 段ボールの塔家の近くのホテルに泊まった。 乾いた屋根があるって、いいなあ。 もうね、すれ違う観光客たちが、みんなニッコニコなわけ。京都だから。笑顔で誇らしげに道案内してた、わたしにゃそんな日もありました。 今やもう、涙目に猫背。 帰りたくねえなあ〜! 家の前で、大量の段ボールに待ち構えられていた。 うわっ。マジか……。 マジで今から、引っ越しすんのか。 引っ越しってもっと、こう、

          止んでる間に詰めろ詰めろ(漏水ビチョビチョ日記)

          32歳にもなって土下座で大号泣(漏水ビチョビチョ日記)

          ▼ これまでに書いた経緯 (2日目)12月19日 9:00 - 夢ならばどれほどパチッ。なんのアラームもつけず、目が覚めた。 「夢やったんか……!」 天井から汚水が降ってくるなんて、そんなバカなこと、あるわけない。 現実逃避も束の間。 母の声が聞こえ、ここが神戸の実家であることを思い出し、絶句した。 汚水が止まらない自宅から、避難してきたのだ。 この世の終わりかと思っても、この世はわたしを置いて回り続ける。今日も今日とて仕事はある。 編集者との打ち合わせの時間

          32歳にもなって土下座で大号泣(漏水ビチョビチョ日記)

          天井から今も雨が降り続いている人間の記録(漏水ビチョビチョ日記)

          いつもキナリ★マガジンを読んでくれている人へ、お詫びがあります。 本当なら今ごろここでは、予告どおり、家族でホノルルマラソンを走りきったエッセイを書く予定でした。めずらしく短編小説を書く予定でした。 今月中にあと3本、書く約束だったからね。 でも、もうね。 なにをどーやっても書けへんのです。 かんにんや、かんにんしておくんなはれ……。 部屋が、汚水でベチョ濡れになったからです。 天井ですか? ありません。 今、わたしの家、天井、ありません。 汚水が、なんか、ドバ

          天井から今も雨が降り続いている人間の記録(漏水ビチョビチョ日記)

          韓国わすれもの反省記

          日本に生まれてきてよかった。 なくし物をするたびに思う。子どものころから、ありとあらゆるものを、なくしてきた。リコーダー、弁当箱、キックボード、携帯電話、傘、財布……。 もったいないとか、だらしがないとか、何百万回も叱られてきた。母なんかは早々に「もう絶対に捜索を手伝いません」と放棄宣言をしている。 諦めかけたものが、戻ってきたときは、絶望から絶頂まで逆バンジージャンプ並みの急転直上。 拝んで、拝んで、拝みたおす。神様、仏様、ああ、もう二度とうっかりしませんから!あり

          韓国わすれもの反省記

          【まとめ】12月の岸田奈美

          ごぶさたしてます、岸田奈美です。 子どものときから困ってんだけど、人間と雑談ができなくて。 うまいこと話題を投げたり、相槌を打ったり、そういうのがもう、ずっと大縄跳びなんです。 ターンッ!ターンッ!ターンッ! 岸田っさん!おっはいんなさい! 入れねえ。 みんなが雑談という名の大縄跳びを、軽やかに飛んでいる。もうこっちはね、必死で突っ込んで、足あげて、死のタップダンスで。 死のタップダンスを踊る者が、雑談を楽しめるはずもなく。休み時間とかお昼ご飯とかもう、怖かったな

          【まとめ】12月の岸田奈美

          タクシー来たりてなんかいう

          家族で海外へ行くと、よくタクシーに乗る。 乗るったら乗る。そりゃもう乗りまくる。 わたしひとりだったら、リムジンバスでも、地下鉄でも、すいーすいーすーだららったーなのだが。 これがこう、だいたい、こういう感じなもんで。 スーツケース3つを抱えるわたし、足の遅さが常に牛歩戦術の弟、車いすに乗ってる母のポンコツドラクエパーティなもんで。 空港によくあるリムジンバスはでっかすぎて、母が階段をのぼれない。 地下鉄は改札までたどりつくのがやっとで、治安がよくないエリアだとち

          タクシー来たりてなんかいう