岸田 奈美

28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/
    • 岸田奈美のキナリ★マガジン
      岸田奈美のキナリ★マガジン
      • ¥1,000 / 月

      【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

    • 無料で読める人気記事
      無料で読める人気記事
      • 13本

      比較的多くの方の目に触れてしまった記事。3万PV〜100万PVくらい。

    • 突撃!岸田の文ごはん
      突撃!岸田の文ごはん
      • 5本

      伝説の大きなしゃもじを持ち、いま、私が話を聞いて学びたい人に突撃していく大長編です。

    • キナリ杯2020(概要・受賞発表)
      キナリ杯2020(概要・受賞発表)
      • 10本
    • 書かせて!前澤さん
      書かせて!前澤さん
      • 3本

      スタートトゥデイの前澤友作さんに会うことになった話。会う度に理解が深まるというより謎が深まっている。

固定された記事

はじめて岸田奈美のnoteを読む人へ

ようこそ、いらっしゃいました。 100文字で済むことを2000文字で書いてしまう、岸田奈美といいます。いることも、いらんことも、ほぼすべてこのnoteへ息を吐くように残し…

いらんことは、いるねんて|@梅田

キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代12月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 https://books.rakuten.co.jp/rb/16518159/ 表紙イラストは中…

行きつけのお店がほしくて、母と弟の行きつけを探ってみたら、うらやましくなった

このnoteは、Googleの「#近所は宇宙だ」という取り組みに賛同し、依頼をもらって書きました。個人商店をはじめとしたスモールビジネスは、コロナの影響でたいへん困ってい…

死んだ父が、文字だけ生き返った

手で書いた文字を見ると、その人柄や人生まで伝わる、と最近教わった。 たしかに、おおらかな人の文字はなんとなく、ゆったりしているような。せっかちな人の文字はなんと…

読書感想文のお祭りするから、宮沢賢治のイーハトーブへ行ってきた

いよいよ、11月22日(日)・23日(月祝)は、読書と感想文のお祭り「キナリ読書フェス」です。みんなで同じ日に本を読み、同じ日に語りあい、同じ日に感想文を書きます。 出版…

先に伝えておきたい、使いすぎた有り金のこと

「一年生になったら、一年生になったら、友だち100人できるかな」を歌いながら「100人もいらんやろ、名前覚えられへんわ」と思っていたタイプのひねくれ者である。 今とな…