岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜

    年末のある日とつぜん、部屋の天井が落ちて、上階の汚水が流れこんできたときの限界記録。

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

ウィジェット

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

はじめて岸田奈美のnoteを読む人へ

100文字で済むことを、2000文字で書く。作家の岸田奈美です。 いることも、いらんことも、noteへ息を吐くように残しています。 お仕事のご依頼などはこちらにお願いします。 わたしについて1991年、神戸市北区生まれ。中学2年生のときに起業家の父が突然死、高校1年生のときに母が心臓病で車いす生活、弟が生まれつきダウン症。認知症で荒ぶる祖母と、よく吠えるかわいい犬の梅吉も一緒に毎日が楽しい。 関西学院大学人間福祉学部社会起業学科に在学中、株式会社ミライロの創業メンバー

    • 母に駆け寄ってくれたのは小籔さんだった時のこと

      2019年のお話だけど、ちょうどこの間、吉本新喜劇の人と話していて「小籔兄さんのアレって岸田さんのお母さんやったんですか!?」って驚かれ、思い出したので。 あの日は、仕事で東京に行っている母から電話がきたのだった。 「聞いて。さっきな、助けてもらった」 母は、車いすに乗ってるので、 人にはよく助けられる方だ。 「だれに助けられたと思う?」 知らんがな。 母は興奮気味に、説明してくれた。 品川駅で母は、タクシー乗り場へと舞い降りた。 腰から下がまったく動かない母

      • 【第二弾】直筆サインシールを無料プレゼント!

        みなさん、ごきげんよう!暑いんだよ! 新刊「国道沿いで、だいじょうぶ100回」が、おかげさまで、 大重版!!!!! ありがとうございます、ページ番号を書いてくれた弟も喜んでおります。沖縄に行きたいそうです。暑いんだよ! 全国津々浦々で、2000冊ほど本にサインさせてもらいましたが、 「もうなかったよー!」 「遠くて行けないよー!」 という人のために、 サインを無料で郵送しちゃいます! いつも岸田奈美の最前線で応援してくださってる、キナリ★マガジンの読者さん限定で

        • 海ゆられ横顔にさす陽の光

          海に入りたい。 沖で魚が見たい。 そういう衝動が、わたしにはある。 プールも、川もダメ。 「ぜったい、海!」 海水浴も、ダメ。 「ぜったい、沖!」 わたし、シュノーケリングがしたい。 昨年の秋、ちょうど家族で沖縄旅行をしている時に、思い立った。見渡す限りのええ海。行くっきゃない。 ……でも、行けない。家族といる時は。 なんてったって、母は車いすである。泳げない。 昔、めっちゃ元気な知人が、 「車いすでもダイビングできるんだよ!あきらめないで、夢を叶えよう

        • 固定された記事

        はじめて岸田奈美のnoteを読む人へ

        マガジン

        • 岸田奈美のキナリ★マガジン
          ¥1,000 / 月
        • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜
          12本
        • 【無料】よく読まれる記事
          22本
        • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜
          41本
        • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった
          15本
        • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜
          18本

        記事

          噺家は口で払うか肩の雪

          死にかけていたところを、落語家に救われたことがある。 あれは、2018年3月9日のこと。 流れる季節の真ん中でふと日の長さを感じるどころではなく、わたしは韓国の雪山で凍えていた。死を覚悟していた。 勤めていた会社の命令だった。 建物のバリアフリーをアドバイスする会社で、 「韓国の平昌で、パラリンピックの視察をしてこい」 とのこと。 当時のわたしが許される発言は「はい」か「イエス」か「ありがたき幸せ」の三種類のみ。年度末の激務の中、かすめ取るようにパスポートを取得

          噺家は口で払うか肩の雪

          【6月の岸田奈美】新刊情報&マガジンはこの夏が楽しいゾ

          こんにちは〜〜〜〜! 岸田奈美で〜〜〜す! 耳よりな情報を、デカボイスで叫んでいきます!ヒアウィゴ! 1.新しい本が出ましたのよ新刊「国道沿いで、だいじょうぶ100回」が、小学館から無事に発売されました!よかった!こち亀やったら出荷段階で燃えてた! 発売してすぐなのに、ネット書店のランキングでもかなりエエ位置におりまして、買ってくだすった皆さんのおかげです。 2.本の無料クーポンをお忘れなきよう新刊「国道沿いで、だいじょうぶ100回」を紙版で買っていただくと、今だけ、

          【6月の岸田奈美】新刊情報&マガジンはこの夏が楽しいゾ

          酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「5.雪山を滑り落ちゆく受験生」

          高校三年生の、冬がきた。 10月の後半からは、院長から送りつけられた『ドラゴン桜』を読み、英熟語、古文、世界史、とにかく暗記に時間をつかっていた。 特に苦手だった世界史は『ドラゴン桜』7巻に書いてあった、メモリーツリー勉強法という、ノートを使った連想ゲームみたいな覚え方がわたしには合っていた。 学校の、ただ写すだけの板書は、苦痛でしかなかったのに。 思えばこの頃から、おもしろいと思った話をメモして、納得いくように編集しなおすことが、わたしは好きだったのかもしれない。

          酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「5.雪山を滑り落ちゆく受験生」

          動物病院のじじい

          もう一ヶ月近く前に、動物病院で怒鳴り散らしていたじじいのことが、頭から離れない。 あの時、わたしは、犬の梅吉を抱えて座っていた。 地元でも昔から有名な動物病院で、先生の数も多けりゃ、患者の数も多い。か、患者……?患……物……? なにはともあれ、夕方の診療がはじまったばかりの病院の待合ロビーでは、犬や猫を連れた飼い主が6組ほどソファに座り、待ちわびていた。 わが梅吉は、昨年治ったはずの免疫介在性溶血性貧血という重い病気が再発し、一週間の投薬治療をしたところだった。 今

          動物病院のじじい

          咳が止まらんのが辛すぎる

          咳が止まらんってのは、こんなにつらいのか。 かれこれ3週間近く、咳が出ている。 コンコンとかじゃない。 ゥゲホッ!ゲホゲホゲホェゲホッ!ボウォエ! 砂漠で縄張りを荒らされた野犬のごとし。 思えば、あまり咳き込むことのない人生だった。 咳について、知らないことがたくさんある。 まず、咳というのは、夜になると増えること。 「ああ……咳って夜に出るんよね」 母が言うそれは、 「夜に笛を吹くと、ヘビが出るんよね」 と同じようなメイドイン昭和の迷信だと思っていた。違った

          咳が止まらんのが辛すぎる

          鹿児島で原稿を書き続ける

          鹿児島より、舞い戻りました。 冬に小説を書こうと思い立ったんですが、 これがもうわたしにとっちゃ エッセイを書くのとぜんぜん勝手が違って。 集中力が50倍ぐらいいる。 書けねー、書けねー、と言い続けたのち、 「書けるまで、帰ってこなけりゃ良いんじゃね?」 エクストリーム提案を受けまして、なるほど百里あると思い、旅を敢行。 なぜ鹿児島なのか 訪れたことなくて、神戸空港から行けて、とにかく、南の町に行きたかったのです。 「新しい自分になりたいなら北へ、昔の自分に戻りた

          鹿児島で原稿を書き続ける

          桜島で秘湯を掘りつづける

          ごきげんよう、岸田奈美です。 わたくし、鹿児島にいます。 行ったことのない街で、ひとりこもって、 文章を書くことになりました。 まあそのへんの経緯は、別にて追々。 5日目の今日はですね、 やっと、桜島に向かってます。 知り合いの信頼できる温泉マニアが 「桜島にはすごい温泉がある」 と言ってたのを、思い出したので。 そりゃ行っときましょうともさ。 鹿児島港から、桜島めざしてフェリーに乗ります。 20分から30分ぐらいの間隔で、 なんと24時間も航行しているら

          桜島で秘湯を掘りつづける

          すずめ食いのすゝめ

          ゴールデンウィークも、後半戦ですね。 うわさによれば、今年は10連休の人がいるようで。じゅ……10連休も……何を……!? カタログギフトすら、もらうたび持て余してディアゴスティーニ並みに貯め込んでるわたしなので、3連休ぐらいがちょうどいいかなって。ついに予約しました。 キャンプ場でバーベキュー。 母も弟も、大喜び。海賊みたいな歓声あげてた。なんせ岸田家、唯一のアウトドア派だった父をうしなってから、やったことないのよ。 母の車いすで行ける場所も、探し続けて、ようやく見

          すずめ食いのすゝめ

          【5月の岸田奈美】河合優実さんが帯を書いてくれたよ

          こんなふうに、なんも考えずに書くの、久しぶりです! どうも、岸田奈美です! 順調にゴールデンをウィークしていますか? わたしは家族でキャンプに、音楽フェスに、丹波篠山に行く予定でしたが、今日……犬の梅吉の病気が……再発しまして……。 ぐうの音も出ん深刻さはいったん通りすぎたんですが、外出できなくなったので、すべてのゴールデンな予定が消し飛びました。 いまやってる唯一のエンタメ、 パンを店々からしこたま買ってきて、ちょっとずつちぎりながら、母と食べることです。これし

          【5月の岸田奈美】河合優実さんが帯を書いてくれたよ

          酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「4.土下座だけはできない」

          「マジでお前、殺すからな」 高校三年生、一学期の終業式の直後、剛速球ストレートの罵詈をバリバリ投げてきた、このギャル。 「あんたも関学志望らしいなあ」 同じ志望校だった。 「せやで、がんばろな」 実際のわたしは震えていて、こんな風にはっきり言えんかった。せいぜい「がっ」と「ばっ」と「なっ」を細切れに漏らした程度で、発音としてはほぼガッバーナであった。 「死ね」 志望校とは殺しあいで奪うものである。一瞬、納得しかけた。わたしの知らないルールで受験と戦っている人もいる

          酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「4.土下座だけはできない」

          今週のもうあかんわ「なんでもかんでもみんな」

          みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら、図書券やステッカーを送りつけます。 →なぜ集めているのか? →応募フォーム 今週のMVP:なんでもかんでもみんな(はる)スーパーで買い物をしていると、知り合いを発見した。へんな踊りを交えつつ近づいたら、まったく知らない方だった。 苦笑いをさせてしまい、申し訳なかった。 自分の視力が著しく低下していたことに、もっと早く気づけば良かった。 花粉症だと思ったら(けんけん) わたし、認めたくないけ

          今週のもうあかんわ「なんでもかんでもみんな」

          バカ舌漫遊記をいつかは

          居心地の悪い店を引き当てるのが、壊滅的にうまい。 わたしの数少ない特技である。まったくもって、そんなもんを特技にしたくはない。しかし、どうあがいても特技になってしまう無情が、この世にはある。 つい先週、前職の同僚と久しぶりに東京で会うことになった。 店を予約したのはわたしだ。うまい焼き鳥を出すという店を選んだ。入ったことはないけど、名前はよく聞くし、20年も続く老舗なので安心していた。 カウンター席に通されて、つもる話も食欲もMAXになったわたしたちが、キャイキャイし

          バカ舌漫遊記をいつかは