見出し画像

みんな、会えなかったひとがいる(母の入院)

これの続きです。

母から「あんたは好きなだけ言葉にしたらええねん」と言ってもらえたので、書いてるんだけど、今の時点での母の状況は、明日朝の手術待ちで、成功率とか容態とかも、あんまよくない。入院も90日以上は確定。

そういうことを1時間、先生からみっちり説明を受けて、同意書にサインして、帰ってきたばかりで。

でも、昨日も説明したけど、抱えきれない思いなので、わたしは言葉にして、抱えられる重さにしたい。あと、おなじようなつらさを言葉にできなかった人が、ちょっとスッとする場所になったら、うれしい。

心配してくれとか、お金くれとか、そんなんもぜんぜんないけど、「キナリ★マガジン(有料定期購読)」をやってて、読者さんがいて、本当によかった。

だってこの場所があれば、わたし、こうやって思ってることを書くだけで、どこにも行かずに、食べていくお金がもらえる。そこの心配だけはしなくていい。

ざっと計算したら、手術費とか病室費とか交通費とか雑費とか仕事に復帰するまでの生活費とかで、100万円くらいいるなあって。なんとか払えるんだけど。でも先のこと考えたら、とても不安。(ボルボは二度と手放してなるものか)

この場所があるから、お金を払って読んでくれてる人がいるから、今、目の前のことだけ見ていられる。

あんまりお金を稼ぎたい気持ちってなかったし、こんなもん読ませてごめんねって思ってたけど、今日ほどみんなのことが心強い日はないです。

1000円、わたしに貸してくれて、ありがとうございます。ぜったい、あなたが生きててよかったと思えるような未来で返します。


さて。

2月6日(土)の夕方に、母は大学病院に緊急入院した。

この続きをみるには

この続き: 4,296文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【月4記事更新】岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。このお金で生きています。「事実は小説より…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。

鬼も泣き出すほどの大吉!運がいい!
1122
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/