マガジンのカバー画像

岸田奈美のキナリ★マガジン

新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親… もっと読む
このマガジンを購読すると、新作が月4本以上+過去作が200本以上読み放題になります。岸田家(母・弟… もっと詳しく
¥1,000 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

難関中学の入試問題の原作者になったけど設問が解けない理由を考えて、編集者にたどり…

2023年2月3日、日付が変わるギリギリで思い出した豆をひとりで、鬼のお面をしながら、四方八方…

1月の振り返り〜つまり明日も神頼み〜

きしだんわ、岸田奈美です。 2023年のスタートダッシュ、みなさんはいかがでしたか。進研ゼミ…

岸田奈美と家族の物語が、NHKで連続ドラマになります

えらいこっちゃ。 わたしがnoteで書いてきたエッセイを一冊にまとめた本「家族だから愛したん…

MOTHER AND BROTHER

深夜の京都駅は慣れない大雪で、えらいことになっていた。 タクシー乗り場はズラーッと長蛇の…

淀川でクジラが死んだ

道に迷うことはめったに無いが、道をさ迷うことは有る。 たいてい、弱り果てながらなにかを考…

1,104

神社じゃなかった

二週間と、さらにおかわりで一週間の入院を経て、やっと母が帰ってきた。味わい損ねた正月が、…

1,070

「たまたき」

聞き慣れたばあちゃんの声の、聞き慣れない四文字が、スマートフォンのスピーカーから響いていた。 電話をかけなければと思い立ったのは、大晦日だった。 認知症グループホームで暮らしているばあちゃんの顔を、年末までに見に行く約束だったのに、母の入院が予想外に長引いたせいで見損ねていたのだ。 昨年の二月にグループホームへ入ったばあちゃんは、その頃からすでに昼飯を8回食らっていたので、年末の約束なんぞ忘れてるんだろうけど。送り出した者には、後ろめたさがある。 「なんやねんあんた、

2023年の岸田奈美が目指すところ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

1,822

足りない年の瀬の泥人形

「さっき先生が回診にきはって……傷の治りが思ったより遅いから、年内の退院も無理やて……」…

1,466

有頂天ホスピタル〜入院食革命〜

『いたいよー』 入院している母からのLINEだ。 早朝、朝、昼、晩、深夜。時報のように送られ…

2,112

焚き火を起こす、雑に話す

ある人から、二年ぶりに連絡があった。 わたしに頼みがあるという。 彼とは、六人ぐらいでご…

1,402

おむすび幸福教団

退院してきたばかりの母が、また入院することになった。 一度目の手術で取りきれなかった結石…

1,489

酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「3.青木くんと親しくする理由」

高校3年生の夏といえば、受験の天王山。わたしは天王山を知らず、馴染みのある天保山だと思っ…

11月の振り返り〜車の本があなたの町へ〜

こんにちは!切った張ったはお手の物、岸田奈美です。 毎度のことですが、わたしのすべてが読める『キナリ★マガジン』の購読するなら、月の初めがおすすめ。 100以上の過去記事&月に新作4記事が、1,000円で読み放題! 岸田家(わたし、母、弟、ばあちゃん、梅吉)の収入の9割を占め、リアルに食い扶持となっているのが『キナリ★マガジン』の購読費です。 みなさん、いつも支えてくださって、ありがとうございます。 【近況】『姉のはなむけ日記』の発送がスタートお待ちどうさまです。