岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    岸田奈美と家族の物語が、NHKで連続ドラマになります

    えらいこっちゃ。 わたしがnoteで書いてきたエッセイを一冊にまとめた本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」が。 NHKで、全10回の連続ドラマになり…

    MOTHER AND BROTHER

    深夜の京都駅は慣れない大雪で、えらいことになっていた。 タクシー乗り場はズラーッと長蛇の列。全然動かない。 旅行中であろう外国人が両手をあげて「ヒィ〜!」って言…

    淀川でクジラが死んだ

    道に迷うことはめったに無いが、道をさ迷うことは有る。 たいてい、弱り果てながらなにかを考えなければならない時だ。 (しまった……アレしなくちゃ!) ギクッとした…

    1,104

    「THE FIRST SLAM DUNK」は一瞬の永遠と慟哭を描く

    週刊少年ジャンプの『友情・努力・勝利』だけでは、どうやらどうにもならないことがあると知ったのは、大人になってからだ。 苦境から一歩を進むために、わたしがひとつ足…

    2,040

    神社じゃなかった

    二週間と、さらにおかわりで一週間の入院を経て、やっと母が帰ってきた。味わい損ねた正月が、これから遅れて始まる。 なにはともあれ初詣やね、と話していたとき。 四年…

    1,070

    「たまたき」

    聞き慣れたばあちゃんの声の、聞き慣れない四文字が、スマートフォンのスピーカーから響いていた。 電話をかけなければと思い立ったのは、大晦日だった。 認知症グループ…

    1,284
    岸田奈美と家族の物語が、NHKで連続ドラマになります

    岸田奈美と家族の物語が、NHKで連続ドラマになります

    えらいこっちゃ。

    わたしがnoteで書いてきたエッセイを一冊にまとめた本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」が。

    NHKで、全10回の連続ドラマになります!ワーッ!

    えらいこっちゃとしか言えないこの気持ち、Twitterで書きました。

    これでもまだ、全然、思いの丈をしゃべくり足りねえです。

    ずっとおもしろおかしく見守ってくださったキナリ★マガジンの読者さんには、事情と感

    もっとみる
    MOTHER AND BROTHER

    MOTHER AND BROTHER

    深夜の京都駅は慣れない大雪で、えらいことになっていた。

    タクシー乗り場はズラーッと長蛇の列。全然動かない。

    旅行中であろう外国人が両手をあげて「ヒィ〜!」って言ってた。蚊の鳴くような声は世界共通。

    仕方ないから、行けるところまで地下鉄で行って、あとは歩いて帰ることにした。コンビニではカイロすら売り切れ。

    あったかそうなものは、ピザまんだけ。

    剝き身のピザまんの温もりをすすりながら、いざ死

    もっとみる
    淀川でクジラが死んだ

    淀川でクジラが死んだ

    道に迷うことはめったに無いが、道をさ迷うことは有る。

    たいてい、弱り果てながらなにかを考えなければならない時だ。

    (しまった……アレしなくちゃ!)

    ギクッとしたら、もうアカンのだ。目的地へ向かってサクサク歩いていたはずが、知らぬ間に右に折れたり、左に折れたり、後戻りしたり、わけのわからない道を黙々と歩き続けている。目的地にたどり着けたためしがない。

    まずい用件の電話をしながら歩いてる時なん

    もっとみる
    「THE FIRST SLAM DUNK」は一瞬の永遠と慟哭を描く

    「THE FIRST SLAM DUNK」は一瞬の永遠と慟哭を描く

    週刊少年ジャンプの『友情・努力・勝利』だけでは、どうやらどうにもならないことがあると知ったのは、大人になってからだ。

    苦境から一歩を進むために、わたしがひとつ足すとすれば『時間』である。

    映画『THE FIRST SLAM DUNK』に、緻密な『時間』の物語をみた。

    原作・脚本・監督の井上雄彦さんは『時間』を表現する境地にたどりついた漫画家だ。人間の本質を描こうとするほど『時間』の表現が自然

    もっとみる
    神社じゃなかった

    神社じゃなかった

    二週間と、さらにおかわりで一週間の入院を経て、やっと母が帰ってきた。味わい損ねた正月が、これから遅れて始まる。

    なにはともあれ初詣やね、と話していたとき。

    四年か五年に一度、この文脈で不意に持ち上がる懐かしい思い出話があり、その一度を迎えた。

    「初詣で思い出したけど、アレ、なんやったんやろな……」

    昔、うちの父が初詣に連れ出してくれたのだが、神社と間違えて到着した先が、ゴリゴリに特殊な宗教

    もっとみる
    「たまたき」

    「たまたき」

    聞き慣れたばあちゃんの声の、聞き慣れない四文字が、スマートフォンのスピーカーから響いていた。

    電話をかけなければと思い立ったのは、大晦日だった。

    認知症グループホームで暮らしているばあちゃんの顔を、年末までに見に行く約束だったのに、母の入院が予想外に長引いたせいで見損ねていたのだ。

    昨年の二月にグループホームへ入ったばあちゃんは、その頃からすでに昼飯を8回食らっていたので、年末の約束なんぞ忘

    もっとみる