見出し画像

MOTHER AND BROTHER

深夜の京都駅は慣れない大雪で、えらいことになっていた。

タクシー乗り場はズラーッと長蛇の列。全然動かない。

旅行中であろう外国人が両手をあげて「ヒィ〜!」って言ってた。蚊の鳴くような声は世界共通。

仕方ないから、行けるところまで地下鉄で行って、あとは歩いて帰ることにした。コンビニではカイロすら売り切れ。

あったかそうなものは、ピザまんだけ。

剝き身のピザまんの温もりをすすりながら、いざ死出の旅。

道は真っ白に埋まっていて、車も人もほとんど通ってない。ピザまんの灯は早々に途絶えた。せめて屋根の下へと商店街に入る。

ビュオーッと雪風が吹き込んでいて、屋根の下でもー3℃だった。

お店のシャッターの前に、開いた傘が置いてある。

だれかの傘が飛んできたんかな。ちがう。

傘を屋根にして、人が寝ていた。

ここから先は

5,292字 / 3画像

新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。