岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

  • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

    講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

ウィジェット

リンク

記事一覧

車を使わずにドライブスルーしはじめた時、母は希望を掴む

このnoteは、ひとつ前に書いたnote↓の後編です。 十五年前、母が長期入院をしていた話の続き…

長いこと入院すると、母は知らない人になる

入院というのは、人をここまで豹変させるのかと、恐れ慄いたことがある。 15年前、母が大学病…

言ってはいけない言葉を言ってしまったら

今日は生放送のテレビ番組に出演し、放送禁止用語を何気なく言ってしまったことで、ものすごく…

【内書評】こんとあき「無力で絶対のだいじょうぶ」

子曰く、 「だいじょうぶ」ほど訳すのが難しい言葉って、ないよな〜〜〜! 子っていっても、…

『陣内智則の動画を見るためだけのワールド』に迷い込んで孤軍奮闘した

ずっと憧れだったVRChatをはじめた。 バーチャル空間で自分のキャラクターを動かし、自由に多…

誕生日の願いごとは全部、君にあげるよ

弟はかつて、ガラスを割った罪をなすりつけられたことがある。 弟が14歳のときだった。 中学…

車を使わずにドライブスルーしはじめた時、母は希望を掴む

車を使わずにドライブスルーしはじめた時、母は希望を掴む

このnoteは、ひとつ前に書いたnote↓の後編です。

十五年前、母が長期入院をしていた話の続きである。

入院生活が長引けば長引くほど、母はちょっとずつ、ワガママになっていった。そして、お見舞いをドタキャンしたわたしに嫌味をぶちまけ、怒って電話を切ってしまったのだ。

ふだんは温和な母からは、考えられない豹変ぶり!

どうしてそんなことになってしまったのか、今になってやっと、当時の母の心境を知

もっとみる
長いこと入院すると、母は知らない人になる

長いこと入院すると、母は知らない人になる

入院というのは、人をここまで豹変させるのかと、恐れ慄いたことがある。

15年前、母が大学病院で入院していた。

重たい心臓病をいきなり発症し、手術で一命をとりとめたものの、下半身に麻痺が麻痺し、さらには病院のベッドで床ずれを患ったため、1年半も入院が長引いてしまった。

明るくて温和な母も、さすがにこたえて溜め息をついていた。

「奈美ちゃん、ごめんなァ……。もうすぐ誕生日やのに、ご飯もなんも作

もっとみる
言ってはいけない言葉を言ってしまったら

言ってはいけない言葉を言ってしまったら

今日は生放送のテレビ番組に出演し、放送禁止用語を何気なく言ってしまったことで、ものすごく落ち込んで帰ってきたという話。

【内書評】こんとあき「無力で絶対のだいじょうぶ」

【内書評】こんとあき「無力で絶対のだいじょうぶ」

子曰く、
「だいじょうぶ」ほど訳すのが難しい言葉って、ないよな〜〜〜!

子っていっても、あれよ。
うちの弘子(祖母)の方よ。
ちょっとボケてる弘子の方なのよ。

あれは、まだわたしが会社員だった冬。
奇しくもクリスマスの夜。
イカ漁船みたいに成り果て、シャンパングラスがチンチン鳴りまくる街を、物憂げに歩きながら実家に電話した。

弘子が出た。

「いまから帰るけど、家にご飯ある?」
「ある」

もっとみる
『陣内智則の動画を見るためだけのワールド』に迷い込んで孤軍奮闘した

『陣内智則の動画を見るためだけのワールド』に迷い込んで孤軍奮闘した

ずっと憧れだったVRChatをはじめた。

バーチャル空間で自分のキャラクターを動かし、自由に多人数でおしゃべりができるというやつである。

ヘッドセットと両手コントローラーを使えば、まるでその世界にいるように動き回れるのだ。来てるな〜〜〜、未来!

4万円近い機材を買ってまで、わたしがVRChatをはじめたのは。

友だちがほしかった。
小学校、中学校、高校と、連絡をとり続けている友人がひとりも

もっとみる
誕生日の願いごとは全部、君にあげるよ

誕生日の願いごとは全部、君にあげるよ

弟はかつて、ガラスを割った罪をなすりつけられたことがある。

弟が14歳のときだった。

中学校が終わっても、弟がちっとも帰ってこない。

「ちょっと見てきたって」

母に言われ、わたしはしぶしぶ靴を履いた。マンションのエレベーターに乗って、一階エントランスで降りたら。

制服を着た弟の背中が見えた。

おるんかい!

でも、なにやら様子がおかしい。

弟が立っているのは、ちょうどエントランスのイ

もっとみる