岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

  • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

    講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

ウィジェット

リンク

記事一覧

ダウン症の弟に、メルカリで貢いでいる姉の言い分

先日、母のfacebookの投稿で、私が褒められていた。私が毎週のように、ダウン症の弟・良太へぬ…

どん底まで病んだら、知的障害のある弟が世界規模で輝いた話

心身の不調により、2ヶ月ほど仕事のお休みを頂き、4月1日付で復職することが叶いました。 そ…

私のお弁当箱は、ミャンマーの流行最先端

「奈美ちゃんのお母さんって、綺麗だし、オシャレだよね」 小さな頃から頻繁にいただく、褒め…

告白とゆず大根

お盆休みは里帰り、しました。神戸の実家に。 そこには母と弟と祖母と犬がいて、まあ、変わら…

自宅にギャラドスが出た

私は、木造古民家の長屋に住んでいます。 かつて祖母が住んでたところを、譲り受けまして。 …

ダウン症の弟に、メルカリで貢いでいる姉の言い分

ダウン症の弟に、メルカリで貢いでいる姉の言い分

先日、母のfacebookの投稿で、私が褒められていた。私が毎週のように、ダウン症の弟・良太へぬり絵を贈っている件だった。同時に、私の過剰な対応や、懐事情を心配するコメントもあった。
 
私と弟には、共通の利害関係がある。
 
Win-Winな関係だ。
グロービス経営大学院でも、基本中の基本と教えられるはず。(知らんけど)
 
ところで、漫画・ワンピースには、サンジ君というキャラクターがいる。サン

もっとみる
どん底まで病んだら、知的障害のある弟が世界規模で輝いた話

どん底まで病んだら、知的障害のある弟が世界規模で輝いた話

心身の不調により、2ヶ月ほど仕事のお休みを頂き、4月1日付で復職することが叶いました。

そのきっかけになったお話を、少し。

2ヶ月間、何してたかって言うと、寝てました。
本当に、寝ることくらいしかできないんですね。
気持ちの浮き沈みが激しくて、自分の心に自分の身体がついていくだけでメチャ疲れる。
安全バー無しのジェットコースターに乗ってるみたいなもんです。
落ちたら死を感じるので、とにかくしが

もっとみる
私のお弁当箱は、ミャンマーの流行最先端

私のお弁当箱は、ミャンマーの流行最先端

「奈美ちゃんのお母さんって、綺麗だし、オシャレだよね」

小さな頃から頻繁にいただく、褒め言葉です。

確かに母は同級生の保護者たちの中では若い方かもしれないし、服装も垢抜けていました。ですが、家が近所でもない友だちからも言われるので不思議でした。

母を見る機会なんて、年に一度の授業参観くらいしかないからです。

授業参観というシチュエーションで子どもたちによる「オシャレだよね」は褒め言葉にあっ

もっとみる
告白とゆず大根

告白とゆず大根

お盆休みは里帰り、しました。神戸の実家に。

そこには母と弟と祖母と犬がいて、まあ、変わらぬ光景です。

ここぞとばかりに外で焼き肉食わせてもらって、関西スーパーでお買い物周りをしていた途中。母が重い口を開きました。

「わたし、大切な存在を見つけてん」

ああ、ついにか、と。覚悟しました。

それまで私は母から「ねえ奈美ちゃん、なんかさぁ、王子様とかおらんのかなぁ?」と言われる度に、秒で「おらん

もっとみる

自宅にギャラドスが出た

私は、木造古民家の長屋に住んでいます。

かつて祖母が住んでたところを、譲り受けまして。

細い裏路地にありすぎて太陽は一切ありませんが、快適です。天井と床が歪んでいて内扉が締まりませんが、快適です。玄関出たところに謎の涸れ井戸がありますが、快適です。
そこで本題。

東京出張だったので、4日ぶりに大阪へ帰ったんです。

そしたら、玄関の前に、メッチャ人がいる。
いるどころか、大挙してる。

溢れ

もっとみる