自宅にギャラドスが出た

私は、木造古民家の長屋に住んでいます。

かつて祖母が住んでたところを、譲り受けまして。

細い裏路地にありすぎて太陽は一切ありませんが、快適です。天井と床が歪んでいて内扉が締まりませんが、快適です。玄関出たところに謎の涸れ井戸がありますが、快適です。
そこで本題。

東京出張だったので、4日ぶりに大阪へ帰ったんです。

そしたら、玄関の前に、メッチャ人がいる。
いるどころか、大挙してる。

溢れ出る、森のおまつり感。
てんとう虫のサンバ。

咄嗟に「あっ、これ火事だ、終わった」って直感した。

でも、違ったようで。

だってみんな、ものすごく楽しそうでいらっしゃる。
スマホ片手に。
夜中の1時に。
怖っ。

とりあえず近くに居たヤンキーを捕まえて、聞きました。

私「あの、これどうしたんですか?」
ヤンキー「お姉さんすごいやんっ!どんだけ遠くから来たん?」

ヤンキーが私のキャリーバッグ(出張用)を見て、急に叫ぶ。

一斉に振り向くボーイズ&ガールズ。
ミッドナイトの視線を独り占め。

言えない。
この家の主ですなんて、言えない空気。

だから、大女優を演じることにした。

私「いや〜あはは……そりゃ、ね。うん、今日ばっかりはね」

精一杯でした。

それから何回も不自然な会話を続けて、節々の単語から判明したこと。

今話題のGPSゲーム、ポケモンGO。どうやらうちの玄関先(井戸)が、有名地点になってるそうで。

私「えっ、何がおるん?」
ヤンキー「ギャラドス」
私「ギャラドス」
ヤンキー「せやで」

画像1

完全犯罪を忘れ、私は気がついたら呆然と家に入っていました。

扉越しにも解る、静まり返った外の空気。
えっ今の旅人、普通に家入っていったぞ、的な。

そりゃそうなりますよね。ごめんなさい。

布団にくるまって1人途方に暮れながらも、色々と考えました。

拝啓、お婆ちゃん。お元気ですか?
うちの家、ギャラドスの出現地になってた。
(※ギャラドス=とても強くてめずらしい)

私は子供の頃から、どうにも人気者の輪に入れなかった。

でも、今夜はどうでしょうか。老若男女が、大挙して集うわけです。

ギャラドスすげぇ。

深夜2時になってもアホみたいに外うるさいけど、なんかもう、ギャラドスすげぇ。

私、ギャラドスのおかげであの日夢みた人気者になれるかもしれない。ワクワクが止まらなかった。私、ギャラドスと一緒に、羽ばたけるんだ。

爽やかに朝起きて仕事行こうとしたら、玄関にゴミ散らばってました。

ギャラドス、お前だけは絶対に許さない。絶対にだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
411
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美
岸田奈美
  • 34本
コメント (1)
絶対に許してはダメです(笑)
とても楽しく読ませていただきました。
おそらく今日一日笑顔です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。