岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜

    年末のある日とつぜん、部屋の天井が落ちて、上階の汚水が流れこんできたときの限界記録。

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

ウィジェット

リンク

記事一覧

酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「4.土下座だけはできない」

「マジでお前、殺すからな」 高校三年生、一学期の終業式の直後、剛速球ストレートの罵詈をバ…

1,002

今週のもうあかんわ「なんでもかんでもみんな」

みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら、図書券やステ…

バカ舌漫遊記をいつかは

居心地の悪い店を引き当てるのが、壊滅的にうまい。 わたしの数少ない特技である。まったくも…

1,260

ハイスピード・タートルよ、永遠に

月曜の深夜、タイムラインに衝撃があらわれた。 カメがスケボーに乗っている動画だった。 だ…

1,835

どこかにはいるけど、ここにはいない弟

その時、わたしは、ケーキを選んでいた。 爆裂においしいケーキのために、わざわざ隣の市まで…

1,940
酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「4.土下座だけはできない」

酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「4.土下座だけはできない」

「マジでお前、殺すからな」

高校三年生、一学期の終業式の直後、剛速球ストレートの罵詈をバリバリ投げてきた、このギャル。

「あんたも関学志望らしいなあ」

同じ志望校だった。

「せやで、がんばろな」

実際のわたしは震えていて、こんな風にはっきり言えんかった。せいぜい「がっ」と「ばっ」と「なっ」を細切れに漏らした程度で、発音としてはほぼガッバーナであった。

「死ね」
志望校とは殺しあいで奪う

もっとみる
今週のもうあかんわ「なんでもかんでもみんな」

今週のもうあかんわ「なんでもかんでもみんな」

みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら、図書券やステッカーを送りつけます。

→なぜ集めているのか?

→応募フォーム

今週のMVP:なんでもかんでもみんな(はる)スーパーで買い物をしていると、知り合いを発見した。へんな踊りを交えつつ近づいたら、まったく知らない方だった。

苦笑いをさせてしまい、申し訳なかった。

自分の視力が著しく低下していたことに、もっと

もっとみる
バカ舌漫遊記をいつかは

バカ舌漫遊記をいつかは

居心地の悪い店を引き当てるのが、壊滅的にうまい。

わたしの数少ない特技である。まったくもって、そんなもんを特技にしたくはない。しかし、どうあがいても特技になってしまう無情が、この世にはある。

つい先週、前職の同僚と久しぶりに東京で会うことになった。

店を予約したのはわたしだ。うまい焼き鳥を出すという店を選んだ。入ったことはないけど、名前はよく聞くし、20年も続く老舗なので安心していた。

もっとみる
ハイスピード・タートルよ、永遠に

ハイスピード・タートルよ、永遠に

月曜の深夜、タイムラインに衝撃があらわれた。

カメがスケボーに乗っている動画だった。

だまされたと思って、一度、見てほしい。

カメがスケボーに乗っている。

間髪入れずに、三回見た。

一回目は絶句し、
似回目は爆笑し、
三回目は……

号泣した。
それはもう、何事かと思われるほど、泣きに泣いた。感情と涙腺をつなぐ回路が焼き切れてしまったように泣いた。

ひとりぼっち、頬が荒れるほどに涙を流

もっとみる
どこかにはいるけど、ここにはいない弟

どこかにはいるけど、ここにはいない弟

その時、わたしは、ケーキを選んでいた。

爆裂においしいケーキのために、わざわざ隣の市まで車を走らせ、行列に並んだのである。

「なー、なー!どれにする?」

一緒に来たはずの母を振り返ると、なにやら電話をしていた。

「良太が……」

電話を切った母が、わが弟の名前を出す。

「いなくなったって……」

ケ、ケーキを目前に、よりにもよって今、そんな面倒くさそうな事件が。モンブランに後ろ髪を引かれ

もっとみる