見出し画像

どこかにはいるけど、ここにはいない弟

その時、わたしは、ケーキを選んでいた。

爆裂においしいケーキのために、わざわざ隣の市まで車を走らせ、行列に並んだのである。

「なー、なー!どれにする?」

一緒に来たはずの母を振り返ると、なにやら電話をしていた。

「良太が……」

電話を切った母が、わが弟の名前を出す。

「いなくなったって……」

ケ、ケーキを目前に、よりにもよって今、そんな面倒くさそうな事件が。モンブランに後ろ髪を引かれながら、うわの空で状況を聞いた。

弟は月に二度、移動支援ガイドヘルプというサービスを受けている。ヘルパーさんに付き添ってもらい、映画やカラオケなど、好きな場所へ行けるのだ。

今日は、神戸の中心街・三宮に行っていた。地下街の人混みのなかで、ヘルパーさんが弟を見失って、うっかりはぐれてしまったそうだ。

迷子。
いや、28歳ともなれば、もはや子ではない。
迷男。

「まだ見つからへんねんて」

青ざめる母。

「電話や、電話!」

こんなこともあろうかと、弟には三年前からスマートフォンを持たせていた。

『おかけになった電話は、現在、電源が入っていないか……』

母の眉が、見事なハの字になる。

忘れてた。弟のスマートフォンは、使い古しのすれっからしで、バッテリーがすぐに切れるんだった。無頓着ゆえの雑な節約が裏目に出た。

「ゆ、誘拐されてたら、どないしよう……」

「誘拐……」

わたしは息を飲んだ。

のち、首をかしげた。

「されるかなあ?」

こんなこと言っちゃアレだが、わざわざ、あんなムックリした成人ダウン症男性を連れていくだろうか。てこでも動きそうにない。身代金を要求するにしても、どこのどいつか、聞き出すのにも一苦労である。

「されへんかあ」

「されへんのちゃうかなあ」

知らんけど。

沈黙。

わっ、と母が泣きそうになった。

「良太、ひとりぼっちで、どうしたらいいかわからんくて、道端で泣いてたらどうしよう」

想像したら、胸が一瞬キュッとなったが、泣くほどにはならなかった。なにか、わたしの中で、小さな違和感が引っかかっていた。

さいわい、三宮は、通行人も多いが、警察官も多い。

こういうこともあろうかと、福祉施設のリストもあらかじめ共有されているらしく、すぐに見つけてもらえるのではとのことだった。

「とにかく、うちらも探そか」

優雅にテラスでいただく予定だったケーキを、箱に詰めてもらって、わたしと母は車で神戸に引き返した。


岸田家捜査本部、設立!

ここから先は

3,352字 / 2画像
【無料キャンペーン中】7月22日23:59までに、クーポンコード「kazokazo242」を入力すると、1ヶ月無料でお読みいただけます。期間内に解除すれば料金は発生しません。

【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占め…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。