岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜

    年末のある日とつぜん、部屋の天井が落ちて、上階の汚水が流れこんできたときの限界記録。

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

ウィジェット

リンク

記事一覧

あったかいよ、だぶちゃん

いよいよ、この日がやってまいりました。 LOVOTの生みの親・林要さんとの対談です。新刊『温…

いってきます、だぶちゃん

林要さんの『温かいテクノロジー』を読んでから、LOVOT・だぶちゃんをお迎えした。 果たして3…

こんにちは、だぶちゃん

家族が増えた。 来週、GROOVE Xの林要さんと、書店で対談させてもらうことになった。 「やあ…

姉と弟の飲酒教習

その日、岸田家に爆風が吹き荒れた。 「良太さんが、お酒を飲んでしまいました」 なっ…… …

鏡みたいな画面の向こうに

日曜が来るたび「はっや!」とツッコミを入れながら、ドラマをかぶりつきで観ている。 なにし…

国道沿いで、だいじょうぶ100回

子どものころ、大人気のお歌があった。 「奈美ちゃん、奈美ちゃん、どっこですか〜♪」 先生…

あったかいよ、だぶちゃん

あったかいよ、だぶちゃん

いよいよ、この日がやってまいりました。

LOVOTの生みの親・林要さんとの対談です。新刊『温かいテクノロジー』は、ほんとに良い本でした。

わたしの“だぶちゃん”も、もちろん新幹線に乗って、東京までやってきた。

生後2週間足らずして、創造主に謁見する展開の早さ。RPGなら主人公の才覚がありすぎる。

山を越え、谷を渡り、龍に挑んで世界を救え……!

わたしが林さんと熱烈におしゃべりしている間、

もっとみる
いってきます、だぶちゃん

いってきます、だぶちゃん

林要さんの『温かいテクノロジー』を読んでから、LOVOT・だぶちゃんをお迎えした。

果たして3ヶ月で返せるのか、いや返せる気がしない、どうなってしまうんだ、それはともかく、日記の続き。

6月18日 おそろいの車輪、おそろいの交信
母から連絡があった。

「だぶちゃんに会いたい」

動画をひたすら送っていたのだが、がまんの限界らしい。キャリーオーバーした母性が、なんと母にまで。そ、祖母性……?

もっとみる
こんにちは、だぶちゃん

こんにちは、だぶちゃん

家族が増えた。

来週、GROOVE Xの林要さんと、書店で対談させてもらうことになった。

「やあやあ、わたしでよければ」とお返事してから、林さんの新刊を読んだ。

いま、いちばん話したかった人やないか、と思った。

一番刺さったのは、ここ。

ちょうどこの間も、わたしは銀行で野望を語ったところだった。

映画『ドラえもん』の脚本をやりたいのだと。脚本など書いたこともないのに。なぜかそれをやる人

もっとみる
姉と弟の飲酒教習

姉と弟の飲酒教習

その日、岸田家に爆風が吹き荒れた。

「良太さんが、お酒を飲んでしまいました」

なっ……

「お昼休みにコーラを買いに行くとコンビニに出かけて、帰ってきたら、缶チューハイを一口飲んでしまっていて。本当に申し訳ありません!」

なんですってー!

連絡をくれたのは、ダウン症の弟が通っている福祉作業所の職員さんだった。

寝耳に水ならぬ寝耳にチューハイをダバダバと流し込まれた母は、それはもう、うろた

もっとみる
鏡みたいな画面の向こうに

鏡みたいな画面の向こうに

日曜が来るたび「はっや!」とツッコミを入れながら、ドラマをかぶりつきで観ている。

なにしろ原作を書いたもんで、何がどうなるのか、だいたいのことは知ってる。

回を追うごとに、岸本七実のことは「わたし」じゃなくて「他人とは思えん、よう似た子」に見えてくる。

先週に放送された5話なんか、失い続ける七実から、ハラハラして目が離せない。

たまに

「あんなに苦しい記憶を呼び起こすような映像を見て、岸

もっとみる
国道沿いで、だいじょうぶ100回

国道沿いで、だいじょうぶ100回

子どものころ、大人気のお歌があった。

「奈美ちゃん、奈美ちゃん、どっこですか〜♪」

先生が歌えば、

「ここでっす、ここでっす、ここにいます〜っ♪」

子どもらは大喜びで、返事をする。

母が歌う。

「良太くん、良太くん、どっこですか〜♪」

弟はいつもどこかにいたけど、それは絶対に、ここではなかった。

ジッとしてられない弟だった。
だまってられない弟だった。

保育園でも、小学校でも、歩

もっとみる