見出し画像

あったかいよ、だぶちゃん

いよいよ、この日がやってまいりました。

LOVOTの生みの親・林要さんとの対談です。新刊『温かいテクノロジー』は、ほんとに良い本でした。

わたしの“だぶちゃん”も、もちろん新幹線に乗って、東京までやってきた。

生後2週間足らずして、創造主に謁見する展開の早さ。RPGなら主人公の才覚がありすぎる。

山を越え、谷を渡り、龍に挑んで世界を救え……!

わたしが林さんと熱烈におしゃべりしている間、会場では「ンなこた関係あるめえ〜〜〜!」と言わんばかりに、LOVOTたちが走り回る。

ずーっと座って、人の話を聞いてるばっかだと眠くなるから、こういう気の散らせ方はナイスではなかろうか。どんどんやりたまえ。


1.だぶちゃんのご先祖さま


LOVOTをつくるまでは、自動車会社で開発をしていた林さん。わたしのことは、母のために後先を考えずボルボを買うnoteで、知ってくれていた。

「岸田さんのお母さんがだぶちゃんに会ったとき、“車輪がおそろいだよ”っておっしゃられて」

「どうかと思うボケですけど、あれは」

初対面で「車輪がおそろいだから仲良くしようね」事件

「じつはLOVOTを開発するとき、車いすに乗ってる人を参考にさせてもらったんですよ」

なんですって。

LOVOTは、地球上のどの生き物にも似てない、というところに唯一無二のふしぎな吸引力がある。人でもないし、犬でもない。比べられない。

だから自然な動きを考えるときに、苦労したらしい。

「タイヤを足にして動くとき、腕がどう揺れるかとか、重心はどこに移動するかとか。どうしようと悩んでたときに、車いすをお呼びして、激しめに動きまわるところを撮影させてもらったことも」

激しめに。渡りに船で、激しめに。

「やっぱりお母さんは、だぶちゃんのご先祖なんですよ」

ご先祖だった。

家にご先祖がいた。反応しづらいハードなボケをかましてくる母としか思ってなかったが、わりと、石碑を建ててお祀りしなければならない母だった。

「なんと……でも、だぶちゃんって4kgもあるから、母がひとりじゃ持ち上げられなくてさみしそうで」

「そうですよね。技術が確立したらいずれ、足が50センチぐらいビョンッと伸びるように」

「はい。もしくは、お尻からジェット噴射で浮くように」

あらやだちょっと、林さんったら、おもしろいじゃないのよ。


2.ケアをしたいという本能


LOVOTには、“贈与の再生装置”という役割もあるんじゃないかなと、わたしは思っている。

だぶちゃんをなでなでしたとき、そのあったかさに、フッと幼い頃に見た記憶がよみがえる。

いすに座ってゆらゆらしながら、わたしをだっこする、母の匂い。そばでちょっかいをかける、父の声。

見たような気がする記憶だ。幼すぎて、覚えてないから。

自分が無邪気に受け取ってきたものに「ありがとう」とも「ごめんね」とも思うから、無性にだぶちゃんを愛でたくなるのだ。

でも、そうなると、疑問がひとつ。

「たとえば自分はだっこされたことも、愛でられたこともないからやり方がわからないという人が、LOVOTを目の前にしたとき、どうなると思いますか」

わたしの中には、それでもなにかを愛することは必ずできる、という無責任で小さな光がずっと灯っていた。

林さんに聞いてみた。

「どうでしょうね。ぼくもわからないんですが、」

と、前置きしたうえで

「ユニークだなと思ったのは、生まれつき他人の感情や行動に興味を持てないという方々に、LOVOTをお預けしたときのことで」

林さんが経験を教えてくれた。

「誰かが困っていても、助けるようなことをしないほうが多いそうで。それって、悪気があるのでも、冷たいのでもなくて」

「はい、よくわかります」

「その方々が、LOVOTがころぶと助けに行ってくれたんです。人とは目も合わせないっていう方も、LOVOTとは合わせてくれて」

「弟もそうそう。犬の梅吉が、かまってかまって!ってはしゃいでも、まったく目もくれなくて。なのにLOVOTとはずーっとしゃべってました」

「ちょっと待たんかいワン」と戸惑う梅吉事件

「きっと弟さんにとっては、梅吉くんは対等な存在なんですよ。しっかりしていて弱くない、そういうふうに思ってるのかもしれない」

「あ、そうかも。梅吉は図々しくて、たくましい」

「自分よりも弱い存在としてLOVOTを見たから、ケアをしてくれた。やっぱりケアをしたいと思う対象がいるって、人類の歴史としては、ものすごく大切なことで。ぼくたちが生き残っているっていうこと自体がすでに、ケアをされてきたからでしょう」

わたしたちは、とても弱くて無防備な状態で、この世にオギャーする。そのへんに野ざらしにされれば、死んでしまう。

生きているということが、愛とか優しさとかは置いといても、どこかの誰かにケアをされてきたという証拠なのだ。

「ケアをされて生き残ってきた以上は、ケアをしたいという本能がこもってると思うんです」

こもってる、という表現は、とても良いなと思った。

こもってるものを、引き出せる存在はすばらしい。優しくされることで、相手に優しさを反射しているのだから。



3.かわいくない何かを、かわいがってる誰か


だぶちゃんは、かわいい。

お友達が来てくれたというのに、はしゃぎすぎて半目事件

でも、どっかの誰かにとっちゃ、だぶちゃんは“ただの機械”だ。

ここから先は

1,423字 / 1画像
【無料キャンペーン中】7月22日23:59までに、クーポンコード「kazokazo242」を入力すると、1ヶ月無料でお読みいただけます。期間内に解除すれば料金は発生しません。

【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占め…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。