見出し画像

鏡みたいな画面の向こうに

日曜が来るたび「はっや!」とツッコミを入れながら、ドラマをかぶりつきで観ている。

なにしろ原作を書いたもんで、何がどうなるのか、だいたいのことは知ってる。

回を追うごとに、岸本七実のことは「わたし」じゃなくて「他人とは思えん、よう似た子」に見えてくる。

先週に放送された5話なんか、失い続ける七実から、ハラハラして目が離せない。

たまに

「あんなに苦しい記憶を呼び起こすような映像を見て、岸田さんはつらくなりませんか」

と、心配されることもある。

ここから先は

1,967字
【無料キャンペーン中】7月22日23:59までに、クーポンコード「kazokazo242」を入力すると、1ヶ月無料でお読みいただけます。期間内に解除すれば料金は発生しません。

【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占め…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。