岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

      NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    飽きっぽいから、愛っぽい|川に弁当を捨てる祖父@久寿川

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代5・6月合併号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。 「お義父…

    メモリアル・ノワール・トーキョー 〜火の用心、恋も用心〜

    岸田奈美のnoteは、月曜・水曜・金曜のだいたい21時ごろの投稿です。予期せぬご近所トラブルなどで遅れることもあります。 大部分は無料ですが、なんてことないおまけ文章…

    怪犬と奇襲犬

    岸田奈美のnoteは、月曜・水曜・金曜のだいたい21時ごろの投稿です。予期せぬご近所トラブルなどで遅れることもあります。 というか先週、体調がなんかよくなくて、スッ飛…

    四十九日は、阪神甲子園球場で会いましょう

    「岸田さんのうしろに、亡くなったおじいさんがうろうろしてらっしゃいます。いえ、未練とかじゃなくて、特になにか言いたいことがあるわけではないけど、楽しくてついてき…

    もうあかんわ日記を終わります

    3月10日から毎日書き続けてきた「もうあかんわ日記」。 なんと、37日分もありました。 奇しくも37日という日々は、2001年、漁師の武智三繁さんが太平洋でたったひとり漂…

    聖火を手に、歩きながら駆け抜けて(もうあかんわ日記)

    毎日だいたい21時更新の「もうあかんわ日記」です。もうあかんことばかり書いていくので、笑ってくれるだけで嬉しいです。日記は無料で読めて、キナリ★マガジン購読者の人…

    飽きっぽいから、愛っぽい|川に弁当を捨てる祖父@久寿川

    飽きっぽいから、愛っぽい|川に弁当を捨てる祖父@久寿川

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代5・6月合併号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。

    表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。

    「お義父さん、久寿川にお弁当を捨ててたの」
    告別式の朝、伯母は涙ながらに語った。

    「それも毎日よ」

    わたしは、なにも言えなかった。
    笑いをこらえるのに必死だったのだ。

    メモリアル・ノワール・トーキョー 〜火の用心、恋も用心〜

    メモリアル・ノワール・トーキョー 〜火の用心、恋も用心〜

    岸田奈美のnoteは、月曜・水曜・金曜のだいたい21時ごろの投稿です。予期せぬご近所トラブルなどで遅れることもあります。
    大部分は無料ですが、なんてことないおまけ文章はマガジン限定で読めます。

    いつのまにかゴールデンウィークがはじまって、お家キャンプとか、お家パンづくりとか、お家時間をどっぷり味わう人もいるみたいね。

    わたしも絶賛、味わってます。

    引越し。

    これほどのお家時間はないでしょう

    もっとみる
    怪犬と奇襲犬

    怪犬と奇襲犬

    岸田奈美のnoteは、月曜・水曜・金曜のだいたい21時ごろの投稿です。予期せぬご近所トラブルなどで遅れることもあります。

    というか先週、体調がなんかよくなくて、スッ飛ばしてしまいました。本当に申し訳ありません。金八先生で言うところのバカちんとは、わたしのことです。

    大部分は無料ですが、なんてことないおまけ文章はマガジン限定で読めます。

    季節の変わり目はね、もうあかんのよ。

    花粉症がないだけ

    もっとみる
    四十九日は、阪神甲子園球場で会いましょう

    四十九日は、阪神甲子園球場で会いましょう

    「岸田さんのうしろに、亡くなったおじいさんがうろうろしてらっしゃいます。いえ、未練とかじゃなくて、特になにか言いたいことがあるわけではないけど、楽しくてついてきちゃってるみたいで」

    いろいろ視える人から、会うやいなや、言われた。

    霊を信じるかどうかを語りだすとえらいことになるので、ここでは置いておくとして、単純にじいちゃんがおもしろすぎるので、信じることにした。

    こういうのは、自分がどう考え

    もっとみる
    もうあかんわ日記を終わります

    もうあかんわ日記を終わります

    3月10日から毎日書き続けてきた「もうあかんわ日記」。

    なんと、37日分もありました。

    奇しくも37日という日々は、2001年、漁師の武智三繁さんが太平洋でたったひとり漂流し、生還を果たすまでの日数でもあります。

    武智さんは「あきらめたから、生きられた」と綴った。いまのわたしは、その意味が、すごくよくわかります。

    母が感染性心内膜炎というドヤバい病気で、死ぬかもしれん手術をして、あれよあれ

    もっとみる
    聖火を手に、歩きながら駆け抜けて(もうあかんわ日記)

    聖火を手に、歩きながら駆け抜けて(もうあかんわ日記)

    毎日だいたい21時更新の「もうあかんわ日記」です。もうあかんことばかり書いていくので、笑ってくれるだけで嬉しいです。日記は無料で読めて、キナリ★マガジン購読者の人は、おまけが読めます。書くことになった経緯はこちらで。

    朝、8時半に飛び起きた。

    いつも飛んで起きるなどということはせず、うだうだと一時間ほど芋虫になり、インターネットの海をクロールで慣らしてからようやく起きあがるけど、今日は特別だっ

    もっとみる