岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    master-pieceの職人にしゃもじ入れる鞄をつくってもらったら、ガチすぎた

    冬の澄んだ空気が気持ち良い、昼下がりのことだ。 私は大きなしゃもじを持ち、家から駅までの道を歩いていた。冗談のような説明だが、私は本当に大きなしゃもじを持ってい…

    ミスタースワローズに私はなりたい

    昨日、AbemaTVの生放送ニュース番組「けやきヒルズ」に出演した。 てっきり「ごきげんよう」のコロゾーポジションで呼ばれたのかと思ってたら、授かりし役割はコメンテー…

    しゃもじの名産地に行ったら、人生逆転優勝したんだわ

    とんちんかんな出来事が、息をするように起こる。 旅行なんて、無事に終わったことがほぼない。 ミャンマー行った時は、入国直前でスパイの疑いをかけられ連行された。 …

    鯨の椅子では海を渡れないから気をつけろ

    藪から棒に申し訳ないが。(高校生の頃まで、藪から棒とはぶっきらぼうの相方だと思っていた) ちょっと、思い出してみて。 「天空の城ラピュタ」の冒頭で、パズーがラッ…

    10年勤めたミライロを辞めて、岸田奈美になります

    会社を辞めて、書くことを仕事にします。 「大丈夫なのか!?」って思いますよね。私も思ってます。大丈夫なんでしょうか。わかんねえ。 ちょっと、これ読んでる皆さんに…

    母いわく、前世はハワイの原住民

    28歳にして、はじめてハワイへ降り立った。 数年前仕事でハワイに行ったと言う(言ってみてーわ)母が「ハワイはいい」「ハワイはいいぞ」「ハワイの空気を吸うだけで元…

    master-pieceの職人にしゃもじ入れる鞄をつくってもらったら、ガチすぎた

    master-pieceの職人にしゃもじ入れる鞄をつくってもらったら、ガチすぎた

    冬の澄んだ空気が気持ち良い、昼下がりのことだ。

    私は大きなしゃもじを持ち、家から駅までの道を歩いていた。冗談のような説明だが、私は本当に大きなしゃもじを持っている。

    これである。

    「しゃもじを持って、文章のつくりかたをプロに教えてもらいにいく」というよくわからない企画を立ち上げ、発注したものだ。

    その日もちょうど、しゃもじを持って、コピーライターさんへ会いに行くところだった。

    ちなみに、

    もっとみる
    ミスタースワローズに私はなりたい

    ミスタースワローズに私はなりたい

    昨日、AbemaTVの生放送ニュース番組「けやきヒルズ」に出演した。

    てっきり「ごきげんよう」のコロゾーポジションで呼ばれたのかと思ってたら、授かりし役割はコメンテーター。

    コ、コメンテーター!?

    しかも、一回限りではなく準レギュラー出演。

    じゅ、準レギュラー!?

    私はね、悪知恵と浅知恵だけは働くんですけど、けっして賢くはないんですよ。ええ。お察しのとおり。

    Twitterでも違う世界

    もっとみる
    しゃもじの名産地に行ったら、人生逆転優勝したんだわ

    しゃもじの名産地に行ったら、人生逆転優勝したんだわ

    とんちんかんな出来事が、息をするように起こる。

    旅行なんて、無事に終わったことがほぼない。

    ミャンマー行った時は、入国直前でスパイの疑いをかけられ連行された。

    韓国行った時は、離陸時間ギリギリで駆け込んだ空港のトイレで、札束が詰まったリュックサックを発見した。

    一番最近だと、チケットに書かれた搭乗口へ向かい、ボーッと離陸を待っていたら、なんと同姓同名の人とチケットを取り違えられていた。羽田

    もっとみる
    鯨の椅子では海を渡れないから気をつけろ

    鯨の椅子では海を渡れないから気をつけろ

    藪から棒に申し訳ないが。(高校生の頃まで、藪から棒とはぶっきらぼうの相方だと思っていた)

    ちょっと、思い出してみて。

    「天空の城ラピュタ」の冒頭で、パズーがラッパを吹いている。名シーンだ。パパーパパパーパパーパパーパー♪というメロディとともに、バサバサと飛び去っていく大量の鳩を。

    観たことないって人は、はごろもフーズ「シャキッとコーン」のCMでも良い。コーンに生まれた〜この気持ち〜♪と歌い上

    もっとみる
    10年勤めたミライロを辞めて、岸田奈美になります

    10年勤めたミライロを辞めて、岸田奈美になります

    会社を辞めて、書くことを仕事にします。

    「大丈夫なのか!?」って思いますよね。私も思ってます。大丈夫なんでしょうか。わかんねえ。

    ちょっと、これ読んでる皆さんに頼りたいこともあります。

    ということで、すこし長くなりますが、今までとこれからのことをつらつら書きます。

    溺れる私は、ミライロを掴んだ株式会社ミライロに創業メンバーとして加入したのは、2010年の春、私が大学1年生になったばかりのこ

    もっとみる
    母いわく、前世はハワイの原住民

    母いわく、前世はハワイの原住民

    28歳にして、はじめてハワイへ降り立った。

    数年前仕事でハワイに行ったと言う(言ってみてーわ)母が「ハワイはいい」「ハワイはいいぞ」「ハワイの空気を吸うだけで元気になる」「私の前世は、ハワイの原住民だったはず」というような供述を繰り返すので、ノイローゼになる前に、2年かけてキッチリお金を貯めて、やってきた。

    弟にも「行くか?」と声をかけたら、「ええわ」と言われたので、今回は母娘のふたり旅である

    もっとみる