岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜

    年末のある日とつぜん、部屋の天井が落ちて、上階の汚水が流れこんできたときの限界記録。

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

ウィジェット

リンク

記事一覧

母に駆け寄ってくれたのは小籔さんだった時のこと

2019年のお話だけど、ちょうどこの間、吉本新喜劇の人と話していて「小籔兄さんのアレって岸田…

【第二弾】直筆サインシールを無料プレゼント!

みなさん、ごきげんよう!暑いんだよ! 新刊「国道沿いで、だいじょうぶ100回」が、おかげさ…

海ゆられ横顔にさす陽の光

海に入りたい。 沖で魚が見たい。 そういう衝動が、わたしにはある。 プールも、川もダメ。 …

噺家は口で払うか肩の雪

死にかけていたところを、落語家に救われたことがある。 あれは、2018年3月9日のこと。…

1,259

【6月の岸田奈美】新刊情報&マガジンはこの夏が楽しいゾ

こんにちは〜〜〜〜! 岸田奈美で〜〜〜す! 耳よりな情報を、デカボイスで叫んでいきます!…

酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「5.雪山を滑り落ちゆく受験生」

高校三年生の、冬がきた。 10月の後半からは、院長から送りつけられた『ドラゴン桜』を読み、…

母に駆け寄ってくれたのは小籔さんだった時のこと

母に駆け寄ってくれたのは小籔さんだった時のこと

2019年のお話だけど、ちょうどこの間、吉本新喜劇の人と話していて「小籔兄さんのアレって岸田さんのお母さんやったんですか!?」って驚かれ、思い出したので。

あの日は、仕事で東京に行っている母から電話がきたのだった。

「聞いて。さっきな、助けてもらった」

母は、車いすに乗ってるので、
人にはよく助けられる方だ。

「だれに助けられたと思う?」

知らんがな。

母は興奮気味に、説明してくれた。

もっとみる
【第二弾】直筆サインシールを無料プレゼント!

【第二弾】直筆サインシールを無料プレゼント!

みなさん、ごきげんよう!暑いんだよ!

新刊「国道沿いで、だいじょうぶ100回」が、おかげさまで、

大重版!!!!!
ありがとうございます、ページ番号を書いてくれた弟も喜んでおります。沖縄に行きたいそうです。暑いんだよ!

全国津々浦々で、2000冊ほど本にサインさせてもらいましたが、

「もうなかったよー!」

「遠くて行けないよー!」

という人のために、

サインを無料で郵送しちゃいます!

もっとみる
海ゆられ横顔にさす陽の光

海ゆられ横顔にさす陽の光

海に入りたい。
沖で魚が見たい。

そういう衝動が、わたしにはある。

プールも、川もダメ。

「ぜったい、海!」

海水浴も、ダメ。

「ぜったい、沖!」

わたし、シュノーケリングがしたい。

昨年の秋、ちょうど家族で沖縄旅行をしている時に、思い立った。見渡す限りのええ海。行くっきゃない。

……でも、行けない。家族といる時は。

なんてったって、母は車いすである。泳げない。

昔、めっちゃ元

もっとみる
噺家は口で払うか肩の雪

噺家は口で払うか肩の雪

死にかけていたところを、落語家に救われたことがある。

あれは、2018年3月9日のこと。

流れる季節の真ん中でふと日の長さを感じるどころではなく、わたしは韓国の雪山で凍えていた。死を覚悟していた。

勤めていた会社の命令だった。

建物のバリアフリーをアドバイスする会社で、

「韓国の平昌で、パラリンピックの視察をしてこい」

とのこと。

当時のわたしが許される発言は「はい」か「イエス」か「

もっとみる
【6月の岸田奈美】新刊情報&マガジンはこの夏が楽しいゾ

【6月の岸田奈美】新刊情報&マガジンはこの夏が楽しいゾ

こんにちは〜〜〜〜!
岸田奈美で〜〜〜す!

耳よりな情報を、デカボイスで叫んでいきます!ヒアウィゴ!

1.新しい本が出ましたのよ新刊「国道沿いで、だいじょうぶ100回」が、小学館から無事に発売されました!よかった!こち亀やったら出荷段階で燃えてた!

発売してすぐなのに、ネット書店のランキングでもかなりエエ位置におりまして、買ってくだすった皆さんのおかげです。

2.本の無料クーポンをお忘れな

もっとみる
酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「5.雪山を滑り落ちゆく受験生」

酔っぱらい先生とわたし〜人生を変えた英語教室〜 「5.雪山を滑り落ちゆく受験生」

高校三年生の、冬がきた。

10月の後半からは、院長から送りつけられた『ドラゴン桜』を読み、英熟語、古文、世界史、とにかく暗記に時間をつかっていた。

特に苦手だった世界史は『ドラゴン桜』7巻に書いてあった、メモリーツリー勉強法という、ノートを使った連想ゲームみたいな覚え方がわたしには合っていた。

学校の、ただ写すだけの板書は、苦痛でしかなかったのに。

思えばこの頃から、おもしろいと思った話を

もっとみる