岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜

    年末のある日とつぜん、部屋の天井が落ちて、上階の汚水が流れこんできたときの限界記録。

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

ウィジェット

リンク

記事一覧

自動車教習おかわり列伝-9日目「交通奇譚お気持ちバトル」

セット教習、なるものに招集された。 セットっつーと抱き合わせ商法の類かと思いきや、教習生…

1,432

自動車教習おかわり列伝-8日目「ありがとう抑止力」

天下御免の仮免許証により、路上を運転できるようになった。 ヘイヘイヘイボーイ!そんなとこ…

1,296

自動車教習おかわり列伝-7日目「原付をなめるな」

仮免許証を手に入れた。 二つ折りの厚紙に顔写真を貼り付けて、ハンコをポンと押しただけの代…

1,548

自動車教習おかわり列伝-6日目「踏切で座布団を燃やせ」

なんの準備もなく、教科書すらもなく、60分後に学科試験を迎えることになってしまった。こんな…

1,713

自動車教習おかわり列伝-5日目「ヒヨ夫とヒヨ美」

何歳になっても試験は大嫌いだが、なかでも運転免許の試験となれば大学の受験より緊張する。 …

1,440

自動車教習おかわり列伝-4日目「牙をもがれたオジン」

あっちゅーまに、第一段階の修了テストの日がやってきた。 これに受かれば仮免許証ゲット、公…

1,490
自動車教習おかわり列伝-9日目「交通奇譚お気持ちバトル」

自動車教習おかわり列伝-9日目「交通奇譚お気持ちバトル」

セット教習、なるものに招集された。

セットっつーと抱き合わせ商法の類かと思いきや、教習生が三人一組で同乗する教習だ。一蓮托生の人間ハッピーセットである。

「教習生同士で、お互いの運転を見て、良いところと悪いところを観察しましょう」

教官に説明されたが、何度考えても、納得がいかん。

なんでそんなことせなあかんねん。教官ってのは、その良いとか悪いとかを言うためにおるんとちゃうのか。

さして興

もっとみる
自動車教習おかわり列伝-8日目「ありがとう抑止力」

自動車教習おかわり列伝-8日目「ありがとう抑止力」

天下御免の仮免許証により、路上を運転できるようになった。

ヘイヘイヘイボーイ!そんなとこチンタラ歩いてないで、アタシと海までランデブーしない?ウフフ!気分はもう、オープンカーを乗り回すカリフォルニアのギャルと化していた。

ただし、束の間。

内包する感情はすべて、路上駐車とチャリへの殺意に変わった。

車線変更がこんなに怖いと思わなかった。世界はわたしを置いて流れている。いつ横入りすればいいか

もっとみる
自動車教習おかわり列伝-7日目「原付をなめるな」

自動車教習おかわり列伝-7日目「原付をなめるな」

仮免許証を手に入れた。

二つ折りの厚紙に顔写真を貼り付けて、ハンコをポンと押しただけの代物が、それはそれは輝いて見えた。

「仮免許証があれば、教官や経験者をとなりに乗せれば路上で練習できるようになります。その前に、原付講習を受けてもらいます」

そうだ。

普通免許をとると、オマケで原付も運転できるようになるんだった。原付とバイクの違いをつい最近まで知らなかったのに、急に視界が開けていく。

もっとみる
自動車教習おかわり列伝-6日目「踏切で座布団を燃やせ」

自動車教習おかわり列伝-6日目「踏切で座布団を燃やせ」

なんの準備もなく、教科書すらもなく、60分後に学科試験を迎えることになってしまった。こんなはずでは。

免許の学科試験は、マルバツの二択問題。
わたしはこれが本当に苦手である。

この話を始めるとどこからともなく必ず飛んでくる野次は、

「そんなもん、常識的に生きてたら解ける問題ばっかりや」

なのだが、のん気に嘲笑している者は今一度、胸に手を当て、本当にそうだったのかよく思い出してほしい。

もっとみる
自動車教習おかわり列伝-5日目「ヒヨ夫とヒヨ美」

自動車教習おかわり列伝-5日目「ヒヨ夫とヒヨ美」

何歳になっても試験は大嫌いだが、なかでも運転免許の試験となれば大学の受験より緊張する。

これを正直に打ち明けたところで誰もが「そんなアホな」と呆れて笑うのだが、わたしはマジメだ。

運転免許の試験に落ち続けた者にしか味わえない地獄がある。それは“落ちた”という一言では表せられない、多層的な地獄なのである。

4年前、教習所にあえて通えわず、警察署で一発免許に挑戦していた時は本当につらかった。

もっとみる
自動車教習おかわり列伝-4日目「牙をもがれたオジン」

自動車教習おかわり列伝-4日目「牙をもがれたオジン」

あっちゅーまに、第一段階の修了テストの日がやってきた。

これに受かれば仮免許証ゲット、公道を練習できる。落ちれば、お金を余分に払って補習を受けなければならない。

引き続きわたしは神童として運転を披露していた。教官から受けたのは「もっと停止線ギリを攻めた方が気持ちよくない?」という、頭文字Dのようなアドバイスだけだ。

いける。全然いける。余裕をぶっこいていた。

最後のおさらいのため、前日に教

もっとみる