岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書く。『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属|関西大学客員教授

マガジン

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

  • 漏水ビチョビチョ日記〜天井から汚水が止まらない人間の記録〜

    年末のある日とつぜん、部屋の天井が落ちて、上階の汚水が流れこんできたときの限界記録。

  • 【無料】よく読まれる記事

    比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

  • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

    母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

  • 家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    NHK BSプレミアムドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」の原作エッセイ・撮影現場レポートのまとめ。ドラマは“岸本七実”が主人公のトゥル〜アナザ〜スト〜リ〜なので、読んでから観ても楽しめること大請け合い!

ウィジェット

リンク

記事一覧

自動車教習おかわり列伝-2日目「異世界転生系教習生」

技能教習がはじまった。 朝になると、自然にパチリと目が開いた。あんなに学校へ行くのが億劫…

1,813

自動車教習おかわり列伝-1日目「適性検査の神童」

車を一台、譲ってもらうことになった。 ドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家…

1,879

カレーハウスで小顔にさせて

その日、わたしは、自分史上最高質量を記録していた。 地球上において岸田奈美の占める面積が…

1,805

墓場のカラスに襲われて

人生には、いくところまでいくと、着物かワインか墓参りをゴリゴリにオススメしはじめる段階が…

2,094

ハーメルンの笛吹女、京都に現る

人生を水飴のようにベロベロとナメまくって32年目の岸田です。 舐めすぎて、もうネトネト。 …

1,812

【期間限定】マガジン全話無料クーポン配布中&人気記事14選

岸田奈美の原作ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』の完結を記念し…

自動車教習おかわり列伝-2日目「異世界転生系教習生」

自動車教習おかわり列伝-2日目「異世界転生系教習生」

技能教習がはじまった。

朝になると、自然にパチリと目が開いた。あんなに学校へ行くのが億劫だったのに、大人になってから通う学校の楽しさったらないよ。

わたしを待っていたのは、快活そうな若い女性の教官だった。しかも茶髪のボブカット。びっくりした。

教習所の教官といえば、おとなしく見えてどこに怒りのスイッチがあるのかわからん、不気味で線の細いおじさんのイメージだった。

時代は変わったのだ。

もっとみる
自動車教習おかわり列伝-1日目「適性検査の神童」

自動車教習おかわり列伝-1日目「適性検査の神童」

車を一台、譲ってもらうことになった。

ドラマ「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」で使われた、1992年製の貴重なボルボ240だ。

撮影用に貸し出したオーナーさんのご厚意で、こんな機会はめったにないから、ベソかきながら頂戴した。

納車は初秋。

屋根つき駐車場も、はりきって契約した。

錦戸亮さんのごとく、大切な人をしこたま積み込み、真っ赤なボルボを西へ東へ、颯爽と走らせる人

もっとみる
カレーハウスで小顔にさせて

カレーハウスで小顔にさせて

その日、わたしは、自分史上最高質量を記録していた。

地球上において岸田奈美の占める面積が、一番広いとも言える。そして順調に膨張を続けている。宇宙の神秘。

「岸田さん、ドラマ“かぞかぞ”のDVD化が決まりました!」

「マァ!」

「特典用に、主演の河合優実さんと対談してください!」

「マァ!?!?!?!!?!」

自分の書いたアレが映像化された円盤なんぞ、発売、即、家宝である。

長らく、我

もっとみる
墓場のカラスに襲われて

墓場のカラスに襲われて

人生には、いくところまでいくと、着物かワインか墓参りをゴリゴリにオススメしはじめる段階がある。

「墓参りはええよォ。効くよォ」

同じ町内で喫茶店を営む、高齢のご婦人が耳打ちしてきた。

曲がった腰と震える膝をもろともせず、月に一度は墓を徘徊する彼女の趣味を、常連は密やかに“下見”と呼んだ。

笑っていいのか、わからない。

「ホラ、祇園のでっかい墓所!あれはええよォ。いま親鸞さんの記念日で、入

もっとみる
ハーメルンの笛吹女、京都に現る

ハーメルンの笛吹女、京都に現る

人生を水飴のようにベロベロとナメまくって32年目の岸田です。

舐めすぎて、もうネトネト。
プッシュポップ状態。

どれぐらいナメてっかというと。
感染拡大中に、京都のド真ん中に引っ越しまして。

人はいねえが、寺はある。
静寂。知的。最高。
ちょっとした文化人、気取ってた。

3年前のインタビュー、つんつるてんの着物で、

「京極夏彦先生みたいに、京都で名作書いちゃったらどうしましょ」

とか言

もっとみる
【期間限定】マガジン全話無料クーポン配布中&人気記事14選

【期間限定】マガジン全話無料クーポン配布中&人気記事14選

岸田奈美の原作ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』の完結を記念して、

生きるために書き抜いた、恥も涙も!

300記事以上を!

今だけ無料で読めます!

クーポンコードは「kinari」です!

岸田家はこのマガジンの売上だけで一家4人が生活してるので、ぶっちゃけ「大丈夫なんかな」と思ってます。

心配で、朝も起きられません。
一日三食しか、喉を通りません。

ですが、

もっとみる