岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生きています。「事実は小説より奇なり」な話や、役に立たない話をします。最低月4本の完全有料記事全文+無料記事のおまけ部分が読めます。

    • 無料で読める人気記事

      比較的多くの方の目に触れてしまった記事。3万PV〜100万PVくらい。

    • 突撃!岸田の文ごはん

      伝説の大きなしゃもじを持ち、いま、私が話を聞いて学びたい人に突撃していく大長編です。

    • キナリ杯2020(概要・受賞発表)

    • 書かせて!前澤さん

      スタートトゥデイの前澤友作さんに会うことになった話。会う度に理解が深まるというより謎が深まっている。

    ウィジェット

    • 商品画像

      家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

      奈美, 岸田
    • 商品画像

      もうあかんわ日記

      岸田 奈美

    記事一覧

    今週のもうあかんわ「俗世に向いてない」

    みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら図書券やステッカーをプレゼント! →なぜ集めているのか? →応募フォーム 今週のもうあ…

    岸田 奈美
    1時間前

    伝説のワンメーターガール(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。 始まりのお話はこちら。 弟がグループホームへ本入居する、前日。 今までは二泊三…

    岸田 奈美
    2日前

    大人になったら手に入らないけど、贈ることはできるもの

    渋谷パルコの『ほぼ日曜日』イベントで、写真家の幡野広志さんとお話した。 幡野さんは、奥さんと、息子さんの優くんへあてた48通の手紙をまとめた『ラブレター』という本…

    岸田 奈美
    4日前
    今週のもうあかんわ「俗世に向いてない」

    今週のもうあかんわ「俗世に向いてない」

    みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら図書券やステッカーをプレゼント!

    →なぜ集めているのか?
    →応募フォーム

    今週のもうあかんわヘッダー文字職人
    じゅんじゅん 
    ぼくは、電車とドライブが大好きな12歳の男の子です。がんばって、書くのでたくさんの人に見てもらいたいです。

    文字職人になっていただいたあと、お給料で、ご家族のみなさんにひとつずつお菓子をプレゼン

    もっとみる
    伝説のワンメーターガール(姉のはなむけ日記)

    伝説のワンメーターガール(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。

    始まりのお話はこちら。

    弟がグループホームへ本入居する、前日。

    今までは二泊三日、三泊四日と、少しずつグループホームへ泊まる日を増やしていたけど、これからは平日の間、ずっと泊まることになる。

    「泊まる」から「暮らす」へ、変わるのだ。

    土日はこれまで通り、神戸の実家で母とわたしと弟と犬の梅吉がそろうので、そこ

    もっとみる
    大人になったら手に入らないけど、贈ることはできるもの

    大人になったら手に入らないけど、贈ることはできるもの

    渋谷パルコの『ほぼ日曜日』イベントで、写真家の幡野広志さんとお話した。

    幡野さんは、奥さんと、息子さんの優くんへあてた48通の手紙をまとめた『ラブレター』という本を出されたばかり。

    そんなラブレターにも収録されている写真と文章が、息をするように並べんだり、浮かんだりしている展覧会場に、たくさんの人たちが集まってくれた。

    お話するテーマは『family』なので、わたしは母をつれて、family

    もっとみる