岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    ぐちゃぐちゃのお子様ランチ(姉のはなむけ日記/第9話)

    近隣住民の人に、管理責任者である中谷のとっつぁんが早速、話を聞きに行ってくれた。 「車、いつ乗れるんかなあ」 そんな緊迫した状況はつゆ知らず、弟は別府の温泉でホ…

    3,156
    この記事は
    マガジンの購入者だけが読めます。

    きみが家族じゃなかったらよかった(姉のはなむけ日記/第8話)

    この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

    6,997

    送迎車ほしさに別府までやってちょうだい(姉のはなむけ日記/第7話)

    昨今の予想だにしない世界情勢により、新車も中古車も手に入らない! 途方に暮れる岸田姉弟の前に「話は聞かせてもらいました」と舞い降りたのは、かつて、ボルボを手だけ…

    2,116

    250万円握りしめたとて新車がない(姉のはなむけ日記/第6話)

    新しいグループホームに弟を送り込む不安は消えねど、中谷のとっつぁんの思いに心を打たれ、注意深く様子を伺いながらも、勇気を持って前進するぞ!メタルギアソリッドを思…

    1,936

    いまから30分間、オペレーターを増やしてお待ちしてるわけでもないですが買います(姉のはなむけ日記/第5話)

    弟の「グループホーム、行けるかな?」という心配げな声を聞き、テレフォンショッキングのノリで「行けるとも!」と答えてしまった姉。 とにもかくにも、事情を聞かねばな…

    1,788

    家族より他人の方が話は早い

    朝日新聞社さんが2022年5月5日の子どもの日に発行する『未来空想新聞』で「家族の未来」をテーマに、エッセイを書かせてもらいました。 紙面には「家族を愛する、距離を愛…

    1,653
    ぐちゃぐちゃのお子様ランチ(姉のはなむけ日記/第9話)

    ぐちゃぐちゃのお子様ランチ(姉のはなむけ日記/第9話)

    近隣住民の人に、管理責任者である中谷のとっつぁんが早速、話を聞きに行ってくれた。

    「車、いつ乗れるんかなあ」

    そんな緊迫した状況はつゆ知らず、弟は別府の温泉でホクホクになっていたのだった。

    ポペンッ。

    スマホの通知が鳴る。中谷のとっつぁんからだった。障害者は気持ち悪い、という言葉が蘇ってボディーブローをくらったような心地になったわたしは、スマホを触るまで一度えずいた。グエェ。

    「事情を聞

    もっとみる
    送迎車ほしさに別府までやってちょうだい(姉のはなむけ日記/第7話)

    送迎車ほしさに別府までやってちょうだい(姉のはなむけ日記/第7話)

    昨今の予想だにしない世界情勢により、新車も中古車も手に入らない!

    途方に暮れる岸田姉弟の前に「話は聞かせてもらいました」と舞い降りたのは、かつて、ボルボを手だけで運転できるように改造してくれた、ニッシン自動車工業関西の山本社長だった!

    「車業者しか閲覧できないオークションサイトなんかもありますから、そっちあたってみますわ」

    シャチョ〜〜〜ッ!

    一週間後。

    「むちゃくちゃ探しましたが、ええ

    もっとみる
    250万円握りしめたとて新車がない(姉のはなむけ日記/第6話)

    250万円握りしめたとて新車がない(姉のはなむけ日記/第6話)

    新しいグループホームに弟を送り込む不安は消えねど、中谷のとっつぁんの思いに心を打たれ、注意深く様子を伺いながらも、勇気を持って前進するぞ!メタルギアソリッドを思い出せ!岸田!

    そうと決まれば、早速。

    最大の課題である、送迎車の確保である。

    「わたしが車を用意します」

    伝えたら、中谷のとっつぁんは困惑していた。銀行強盗が逃走者を用意するくだりにしか聞こえないよな。もしくはメタルギアソリッド。

    もっとみる
    いまから30分間、オペレーターを増やしてお待ちしてるわけでもないですが買います(姉のはなむけ日記/第5話)

    いまから30分間、オペレーターを増やしてお待ちしてるわけでもないですが買います(姉のはなむけ日記/第5話)

    弟の「グループホーム、行けるかな?」という心配げな声を聞き、テレフォンショッキングのノリで「行けるとも!」と答えてしまった姉。

    とにもかくにも、事情を聞かねばならん、ということで。

    新しいグループホームの運営をはじめる責任者・中谷さんのところを訪れたのだった!

    中谷さんに明るく迎えてもらったあと、母からぼやっと聞いていた話を、あらためて聞いた。

    念願のグループホームを立ち上げようと思ったら

    もっとみる
    家族より他人の方が話は早い

    家族より他人の方が話は早い

    朝日新聞社さんが2022年5月5日の子どもの日に発行する『未来空想新聞』で「家族の未来」をテーマに、エッセイを書かせてもらいました。

    紙面には「家族を愛する、距離を愛する」と題して1,000文字で載っていますが、みなさんすでにお察しのとおり、性懲りもなく3,000文字近く書いてしまったため、ノーカット版を公開します。

    ユニークな機会に感謝するとともに、新聞をきっかけにみんなで話してみようね〜と

    もっとみる