岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生きています。「事実は小説より奇なり」な話や、役に立たない話をします。最低月4本の完全有料記事全文+無料記事のおまけ部分が読めます。

    • 無料で読める人気記事

      比較的多くの方の目に触れてしまった記事。3万PV〜100万PVくらい。

    • 突撃!岸田の文ごはん

      伝説の大きなしゃもじを持ち、いま、私が話を聞いて学びたい人に突撃していく大長編です。

    • キナリ杯2020(概要・受賞発表)

    • 書かせて!前澤さん

      スタートトゥデイの前澤友作さんに会うことになった話。会う度に理解が深まるというより謎が深まっている。

    ウィジェット

    • 商品画像

      家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

      奈美, 岸田
    • 商品画像

      もうあかんわ日記

      岸田 奈美

    記事一覧

    ぐちゃぐちゃのお子様ランチ(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。 前回のお話はこちら。 始まりのお話はこちら。 近隣住民の人に、管理責任者である中谷のとっつぁんが早…

    岸田 奈美
    4か月前

    きみが家族じゃなかったらよかった(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。 送迎車のためならエンヤコラと大分県別府市の車屋さんまで行ったら、なんと、ほぼ新…

    岸田 奈美
    4か月前

    送迎車ほしさに別府までやってちょうだい(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。 昨今の予想だにしない世界情勢により、新車も中古車も手に入らない! 途方に暮れる…

    岸田 奈美
    4か月前

    250万円握りしめたとて新車がない(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。 新しいグループホームに弟を送り込む不安は消えねど、中谷のとっつぁんの思いに心を…

    岸田 奈美
    4か月前

    いまから30分間、オペレーターを増やしてお待ちしてるわけでもないですが買います(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。 弟の「グループホーム、行けるかな?」という心配げな声を聞き、テレフォンショッキ…

    岸田 奈美
    5か月前

    家族より他人の方が話は早い

    朝日新聞社さんが2022年5月5日の子どもの日に発行する『未来空想新聞』で「家族の未来」をテーマに、エッセイを書かせてもらいました。 紙面には「家族を愛する、距離を愛…

    岸田 奈美
    5か月前
    ぐちゃぐちゃのお子様ランチ(姉のはなむけ日記)

    ぐちゃぐちゃのお子様ランチ(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。

    前回のお話はこちら。

    始まりのお話はこちら。

    近隣住民の人に、管理責任者である中谷のとっつぁんが早速、話を聞きに行ってくれた。

    「車、いつ乗れるんかなあ」

    そんな緊迫した状況はつゆ知らず、弟は別府の温泉でホクホクになっていたのだった。

    ポペンッ。

    スマホの通知が鳴る。中谷のとっつぁんからだった。障害者は気持ち悪い、という言

    もっとみる
    きみが家族じゃなかったらよかった(姉のはなむけ日記)

    きみが家族じゃなかったらよかった(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。

    送迎車のためならエンヤコラと大分県別府市の車屋さんまで行ったら、なんと、ほぼ新車のセレナと出会えたのだった!

    車屋の馬〆さんから、くわしい仕様や納期の説明を受けていると。

    電話が鳴った。

    グループホームの責任者、中谷のとっつぁんからだ。ちょうどよかった。セレナを入手できたって言おう。喜ぶぞォ。

    「もしもし、

    もっとみる
    送迎車ほしさに別府までやってちょうだい(姉のはなむけ日記)

    送迎車ほしさに別府までやってちょうだい(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。

    昨今の予想だにしない世界情勢により、新車も中古車も手に入らない!

    途方に暮れる岸田姉弟の前に「話は聞かせてもらいました」と舞い降りたのは、かつて、ボルボを手だけで運転できるように改造してくれた、ニッシン自動車工業関西の山本社長だった!

    「車業者しか閲覧できないオークションサイトなんかもありますから、そっちあたっ

    もっとみる
    250万円握りしめたとて新車がない(姉のはなむけ日記)

    250万円握りしめたとて新車がない(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。

    新しいグループホームに弟を送り込む不安は消えねど、中谷のとっつぁんの思いに心を打たれ、注意深く様子を伺いながらも、勇気を持って前進するぞ!メタルギアソリッドを思い出せ!岸田!

    そうと決まれば、早速。

    最大の課題である、送迎車の確保である。

    「わたしが車を用意します」

    伝えたら、中谷のとっつぁんは困惑していた

    もっとみる
    いまから30分間、オペレーターを増やしてお待ちしてるわけでもないですが買います(姉のはなむけ日記)

    いまから30分間、オペレーターを増やしてお待ちしてるわけでもないですが買います(姉のはなむけ日記)

    グループホーム入居を目指し、ダバダバと奮闘する姉と弟の記録。前回のお話はこちら。

    弟の「グループホーム、行けるかな?」という心配げな声を聞き、テレフォンショッキングのノリで「行けるとも!」と答えてしまった姉。

    とにもかくにも、事情を聞かねばならん、ということで。

    新しいグループホームの運営をはじめる責任者・中谷さんのところを訪れたのだった!

    中谷さんに明るく迎えてもらったあと、母からぼやっ

    もっとみる
    家族より他人の方が話は早い

    家族より他人の方が話は早い

    朝日新聞社さんが2022年5月5日の子どもの日に発行する『未来空想新聞』で「家族の未来」をテーマに、エッセイを書かせてもらいました。

    紙面には「家族を愛する、距離を愛する」と題して1,000文字で載っていますが、みなさんすでにお察しのとおり、性懲りもなく3,000文字近く書いてしまったため、ノーカット版を公開します。

    ユニークな機会に感謝するとともに、新聞をきっかけにみんなで話してみようね〜と

    もっとみる