岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    忘れるという才能

    風が吹けば、どうなるか。 桶屋が儲かる。 ご存知の通り、桶屋が儲かるのである。 すごい。 一見して意味がわからんのに、皆わかってんのが、すごい。 ところで「風が吹…

    絵の教習を受けたら、コアラとトナカイが生まれた

    ここまでの話は、事実上の前編をご覧ください。 ※前回に引き続き、念のために書き残しておきますが、ワコムさんからはお金や金銀パールのたぐいは一切いただいておらず、…

    横着で二科展に入選したら、絵を描かなくなった

    「いや、お前ゴリゴリに描いとるやんけ」と思うよね。 ごめんなさい。描きました。 オチから言うと、描き始めました。 落ち着いて。 古畑任三郎の脚本を踏襲した構成だか…

    前澤友作さんに会ったら、来週も会うことになった|書かせて!前澤さーん

    小さな頃から、スケールがでっけぇものに、ただならぬ興味がある。 興味っつーか、もはや、恐れがある。 東京ドーム。富士山。シロナガスクジラ。コストコのピザ。 今、…

    【続】一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    出頭命令が届いた。 ブラデリスニューヨーク(下着の店)からだ。 今日までの、私とブラジャーの顛末は、こちらをご覧あれ。 というわけで、私、もっぱら乳を育んでおり…

    家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    私が住んでいる東京という大都会に、母と弟が来た。 ひろ実と良太が来たとも言う。 母からのリークによると、新幹線の中で、弟は何度も「奈美ちゃんは?奈美ちゃんは?」…

    忘れるという才能

    忘れるという才能

    風が吹けば、どうなるか。
    桶屋が儲かる。

    ご存知の通り、桶屋が儲かるのである。

    すごい。
    一見して意味がわからんのに、皆わかってんのが、すごい。

    ところで「風が吹けば桶屋が儲かる」は、
    十返舎一九が書いた東海道中膝栗毛という作品で書かれた話だ。

    いいよね。十返舎一九。
    一度は口に出して言いたい名前No.1だよね。

    東海道中膝栗毛は作り話だけど。
    元になった実話もあるとか、ないとか。
    あえ

    もっとみる
    絵の教習を受けたら、コアラとトナカイが生まれた

    絵の教習を受けたら、コアラとトナカイが生まれた

    ここまでの話は、事実上の前編をご覧ください。

    ※前回に引き続き、念のために書き残しておきますが、ワコムさんからはお金や金銀パールのたぐいは一切いただいておらず、あるのはマジで「社員さんから全力で応援された」という事実だけです。笑ったので、写真撮ってもらって私が勝手に書きました。

    イラストの描き方を教えてくれるということで、ワコムの東京オフィスに行きました。

    教えてくれなくて……いいんだけど…

    もっとみる
    横着で二科展に入選したら、絵を描かなくなった

    横着で二科展に入選したら、絵を描かなくなった

    「いや、お前ゴリゴリに描いとるやんけ」と思うよね。

    ごめんなさい。描きました。
    オチから言うと、描き始めました。

    落ち着いて。
    古畑任三郎の脚本を踏襲した構成だから、今回は。

    なんでこれまで描いてなかったかっつーと、ね。

    私の濁り汚れきった、心のせい。
    昔は澄みきってた。
    なんなら、シジミくらい獲れてた。
    土日は家族で潮干狩り。

    でも、幼稚園に上がった頃には、もう濁ってた。
    「ゴジラVS

    もっとみる
    前澤友作さんに会ったら、来週も会うことになった|書かせて!前澤さーん

    前澤友作さんに会ったら、来週も会うことになった|書かせて!前澤さーん

    小さな頃から、スケールがでっけぇものに、ただならぬ興味がある。

    興味っつーか、もはや、恐れがある。
    東京ドーム。富士山。シロナガスクジラ。コストコのピザ。

    今、この瞬間。
    私の目の前に座っていた前澤友作さんも。
    脳内の同じカテゴリに、ぶち込まれた。

    私が友人から借りパクしたシティーハンターのDVDを返すか返さないか迷い続けていた2年の間に、123億円でバスキアの絵を落札し、月へ行くことを決め

    もっとみる
    【続】一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    【続】一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    出頭命令が届いた。
    ブラデリスニューヨーク(下着の店)からだ。

    今日までの、私とブラジャーの顛末は、こちらをご覧あれ。

    というわけで、私、もっぱら乳を育んでおりまして。
    もはや、育むっつー言葉すら、生ぬるいわけで。

    なんだろうな。

    固めてる、かな。

    感覚的には、土木建築。

    更地に、城を建ててんのよ。
    周りの人たちには、悟られずに。
    こっそりと。

    なんつーか、もう、奇策の域っつーか。

    もっとみる
    家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

    私が住んでいる東京という大都会に、母と弟が来た。
    ひろ実と良太が来たとも言う。

    母からのリークによると、新幹線の中で、弟は何度も「奈美ちゃんは?奈美ちゃんは?」と、母に聞いていたそうだ。

    なるほど、なるほど。
    それはそれは猛烈な歓迎を受けるに違いないと、相応の準備をしていたら。

    弟に真顔で「よう」と言われた。
    ちょっとちょっと。話が違うじゃないか。

    弟心は、秋の空ほど移り変わる。

    さて、

    もっとみる