岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    最低限!刺激的ビフォーアフター(姉のはなむけ日記/第12話)

    弟の体験入居の日が、目前まで迫っていた。 一ヶ月間、グループホームでためしに暮らしてみて、やっていけそうなら本入居になる。まずは週に二泊三日から、少しずつ増やし…

    1,616

    飽きっぽいから、愛っぽい|家族旅行は白く霞んで@鳥取県の大山の麓

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代5月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。 幼いころ、弟は…

    1,020

    看板バ バン バン バン ハァ〜ビバノンノ(姉のはなむけ日記/第11話)

    とうとう、近隣住民の方とわたしが直接会うことはなかったが。 「鍵や扉はなくていいが、敷地の両隣にフェンスをつける」 「障害のある人が間違って他の家へ入ってこない…

    2,439

    今週のもうあかんわ「二種類のバストトップ」

    みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら図書券やステッカーをプレゼント! →なぜ集めているのか? →応募フォーム 今週のもうあ…

    ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記/第10話)

    課題がポンポコと出てくる新しいグループホームに、弟を送り出してよいものか。 どんだけ悩んだって、朝はやってくるのである。 別府の朝だ。 ところで、別府の夜に巻き…

    3,432
    最低限!刺激的ビフォーアフター(姉のはなむけ日記/第12話)

    最低限!刺激的ビフォーアフター(姉のはなむけ日記/第12話)

    弟の体験入居の日が、目前まで迫っていた。

    一ヶ月間、グループホームでためしに暮らしてみて、やっていけそうなら本入居になる。まずは週に二泊三日から、少しずつ増やして、慣れるのだ。

    別府でみつくろってもらった送迎車(セレナ)は、馬〆社長の

    「本入居が決まってからの契約でいいですよ!それまで大切に預かっておきます」

    というお言葉に、ベロンベロンに甘えた。

    体験入居に持っていくものをたずねると、

    もっとみる
    飽きっぽいから、愛っぽい|家族旅行は白く霞んで@鳥取県の大山の麓

    飽きっぽいから、愛っぽい|家族旅行は白く霞んで@鳥取県の大山の麓

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代5月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。

    表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。

    幼いころ、弟はいつもフードつきのスウェットばかり着せられていた。

    障害の特性なのか、同年齢の子どもたちに比べると明らかに落ち着きがなく、彼はまるで跳ね回るパチンコ玉だった。

    ついさっきまで地面へ座っていたと思えば、ワープしたかのような速さで道

    もっとみる
    看板バ バン バン バン ハァ〜ビバノンノ(姉のはなむけ日記/第11話)

    看板バ バン バン バン ハァ〜ビバノンノ(姉のはなむけ日記/第11話)

    とうとう、近隣住民の方とわたしが直接会うことはなかったが。

    「鍵や扉はなくていいが、敷地の両隣にフェンスをつける」

    「障害のある人が間違って他の家へ入ってこないよう、目立つ看板をつける」

    ということで、とりあえずは話がまとまった。

    グループホームは大人気で、すでに弟を含めて、4人から入居申し込みがあり、満員御礼!蟻が鯛なら芋むしゃ鯨!になったところ。

    落としどころがあっただけで、まずまず

    もっとみる
    今週のもうあかんわ「二種類のバストトップ」

    今週のもうあかんわ「二種類のバストトップ」

    みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。採用されたら図書券やステッカーをプレゼント!

    →なぜ集めているのか?
    →応募フォーム

    今週のもうあかんわヘッダー文字職人
    まーくん
    ご家族による紹介:脳性麻痺と知的障害、自閉症スペクトラムの19歳男子。好きなものはiPad、ポケモンGo、YouTube、Train Drive ATS、鉄道会社アプリ、ポケ森・あつ森、スーパーマリオ3

    もっとみる
    ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記/第10話)

    ボケ続ける世界で生きてゆく(姉のはなむけ日記/第10話)

    課題がポンポコと出てくる新しいグループホームに、弟を送り出してよいものか。

    どんだけ悩んだって、朝はやってくるのである。

    別府の朝だ。

    ところで、別府の夜に巻き戻すと、こんな感じだった。

    日本中のキッズたちを別府へと駆り立てる!夢の楽園!

    杉乃井ホテルだ!

    その設備のワンダーランド具合からそこそこお値段が張るのであるが、キナリ★マガジンの購読料をブッ込ませてもらった。やっててよかったキ

    もっとみる