岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(後編)

    認知症がはじまったばあちゃんと、5年かけて離れる話。 2022年1月末。 うちに何年も出入りしてくれていた唯一の介護ヘルパーさんと、一大抗争が起きた。 というか、まあ…

    3,012

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(中編)

    認知症がはじまったばあちゃんと、5年かけて離れる話。前編はこちら。 ばあちゃん、そろそろやばいかも。とはいえ、今のままでもなんとかなってる。 目隠しをした状態で…

    1,921

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(前編)

    80歳になるばあちゃんが、施設へ行く日がついにやってきた。 施設というと、なんか薄暗いイメージを持たれるかもしれない。「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)…

    2,077

    ばいばい、遠き日のラプンツェル

    元気がないので、元気だったときの話でもしようと思う。 元気がわいてくる場所といえば、ディズニーランドだ。異論は認めるが聞く耳は持たない。 わたしのnoteでは折に触…

    如月の岸田奈美〜ド体調不良祭〜

    はじめに いつも月初めに書いているまとめですが、もう10日を過ぎてしまいました。 箱根駅伝でいうと正面に富士山、左側に相模湾が見えている頃です。いつの間に……いつ…

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(後編)

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(後編)

    認知症がはじまったばあちゃんと、5年かけて離れる話。

    2022年1月末。

    うちに何年も出入りしてくれていた唯一の介護ヘルパーさんと、一大抗争が起きた。

    というか、まあ、積み重なったあまりのありえん数々に、わたしが怒った。向こうも怒った。ドンパチになった。双方、鉄砲玉のみの出演。

    この介護ヘルパーさんから言われ続けたことで、ずーっと、誰より傷ついていたのは母だったけど、母は

    「でも、何年も

    もっとみる
    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(中編)

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(中編)

    認知症がはじまったばあちゃんと、5年かけて離れる話。前編はこちら。

    ばあちゃん、そろそろやばいかも。とはいえ、今のままでもなんとかなってる。

    目隠しをした状態でギリギリの綱渡りをしながら「とりあえず今は足の裏に綱の感触あるから大丈夫!」と己を騙していた岸田家のフォーメーションが、崩壊する事件が起きた。

    2021年2月。

    母が、感染性心内膜炎で倒れた。

    これはかなりやばめの病気かつ、やばめ

    もっとみる
    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(前編)

    グッバイ、祖母の運命の家はウチじゃない(前編)

    80歳になるばあちゃんが、施設へ行く日がついにやってきた。

    施設というと、なんか薄暗いイメージを持たれるかもしれない。「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)」という、立派な名前がついている場所だ。

    最初、様子がおかしいことに気づいたのは、母だった。

    5年前のことである。

    わたしは東京に住み、母と弟とばあちゃんは神戸に住んでいた。

    母は大阪にある会社まで、片道一時間半ほど車を運転して

    もっとみる
    ばいばい、遠き日のラプンツェル

    ばいばい、遠き日のラプンツェル

    元気がないので、元気だったときの話でもしようと思う。

    元気がわいてくる場所といえば、ディズニーランドだ。異論は認めるが聞く耳は持たない。

    わたしのnoteでは折に触れてディズニーランドや大阪USJ民国の話が突然飛び出してくるが、大抵元気がない時である。ちなみに今月発売の講談社『小説現代』へ納めたエッセイもディズニーランドの話なので現在のコンディションはお察しの通り。

    どんだけこすり続けるのか

    もっとみる
    如月の岸田奈美〜ド体調不良祭〜

    如月の岸田奈美〜ド体調不良祭〜

    はじめに
    いつも月初めに書いているまとめですが、もう10日を過ぎてしまいました。

    箱根駅伝でいうと正面に富士山、左側に相模湾が見えている頃です。いつの間に……いつの間に花の2区が終わったというの……!中継車なにやってんの……!

    理由は火を見るより明らかでして、体調不良です。ただの体調不良ではなく、ド体調不良です。

    5日間、39度近い高熱にうなされるという。いや実際、うなされてもなく。出た当初

    もっとみる