岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    路上にものを落としてしまったアレの進捗(未完)

    わたしが買ったばかりで落としてしまった母への誕生日プレゼントが、メルカリに出品されており、そうこうしているうちに警察と弁護士にお世話になる事態に発展してしまった…

    iMac G3を手に入れたので、思い出と一緒に起動してみた

    実家のクローゼットの奥底から、写真アルバムが発掘された。 「Family」とプリントされた表紙のそれをどれどれと開いてみると 家具が盛大にひっくり返った写真ばかりで、…

    飽きっぽいから、愛っぽい|お褒めいただき誠にスイミング@神戸のスポーツジム

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代8月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。 その日、母が用…

    続かないアルバイトの思い出(旅館・スパゲッティ屋編)

    これまで6つのアルバイトを経験してきたが、そのどれもが、まともな結末を迎えなかったように思う。 温泉旅館の皿洗い、全国チェーン展開しているスパゲッティ屋の配膳、…

    げにすばらしきプロフィールの世界

    書きとうない。もうプロフィールを書きとうない。 イベントに出演するたび、どこかへ原稿を寄せるたびに聞かれる。プロフィールをくださいと。 はいはいちょっと待ってね…

    この時代においてもなお、わたしってやつは2億円がほしいのか

    元彼が結婚したらしいという話と、2億円に目がくらむ話と、一体いくらありゃ幸せなんだよと計算した話。

    路上にものを落としてしまったアレの進捗(未完)

    路上にものを落としてしまったアレの進捗(未完)

    わたしが買ったばかりで落としてしまった母への誕生日プレゼントが、メルカリに出品されており、そうこうしているうちに警察と弁護士にお世話になる事態に発展してしまったので、それについて現時点までのいきさつを書いておりますが、結末はまた簡潔にまとめて全文無料公開予定です。

    「おい……いまの岸田奈美、大丈夫か……?」と気を揉んでくださっているファンのみなさまへ向けて、とりあえず進捗報告ということで。これ以

    もっとみる
    iMac G3を手に入れたので、思い出と一緒に起動してみた

    iMac G3を手に入れたので、思い出と一緒に起動してみた

    実家のクローゼットの奥底から、写真アルバムが発掘された。

    「Family」とプリントされた表紙のそれをどれどれと開いてみると

    家具が盛大にひっくり返った写真ばかりで、こっちがひっくり返るかと思った。なんなんだ。家族を現代アート風に解釈した先鋭的なアルバムなのか。

    母に聞くと

    「阪神大震災の直後の家やわ。片づける前にパパが“今のうちに撮っとくんや!こんなん、なかなか見れへんぞ!”って言うから

    もっとみる
    飽きっぽいから、愛っぽい|お褒めいただき誠にスイミング@神戸のスポーツジム

    飽きっぽいから、愛っぽい|お褒めいただき誠にスイミング@神戸のスポーツジム

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代8月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。

    表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。

    その日、母が用意した夕飯は、久々のごちそうカレーだった。

    ごちそうカレーとは、岸田家の各々がごちそうと認定するおかずを、心の向くままに好きなだけトッピングできるカレーのことである。まず一人につき一皿、ふつうのカレーが配膳される。ルウの箱裏面に印

    もっとみる
    続かないアルバイトの思い出(旅館・スパゲッティ屋編)

    続かないアルバイトの思い出(旅館・スパゲッティ屋編)

    これまで6つのアルバイトを経験してきたが、そのどれもが、まともな結末を迎えなかったように思う。

    温泉旅館の皿洗い、全国チェーン展開しているスパゲッティ屋の配膳、甲子園球場のドリンク売り子、医者が集まるシンポジウムの誘導、レンタルビデオ屋のスタッフ、個別指導塾の講師。

    アルバイトをしなくなってもう10年近く経つが、いろいろやってきたもんだなあ、と感慨深い。いまも求人情報誌を眺めては、立派に働いて

    もっとみる
    げにすばらしきプロフィールの世界

    げにすばらしきプロフィールの世界

    書きとうない。もうプロフィールを書きとうない。

    イベントに出演するたび、どこかへ原稿を寄せるたびに聞かれる。プロフィールをくださいと。

    はいはいちょっと待ってね、プロフィールね。ええっとどこにあったからしら、はいはい、これね。あらまっ、ちょっとこれ古いわね。新しい本も出したし、こういう賞もいただいたし、そうだそうだ、この役職は変わったんだったわ。

    いろんなことが気になって書き直すのだが、

    もっとみる
    この時代においてもなお、わたしってやつは2億円がほしいのか

    この時代においてもなお、わたしってやつは2億円がほしいのか

    元彼が結婚したらしいという話と、2億円に目がくらむ話と、一体いくらありゃ幸せなんだよと計算した話。