岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

岸田 奈美

小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生きています。「事実は小説より奇なり」な話や、役に立たない話をします。最低月4本の完全有料記事全文+無料記事のおまけ部分が読めます。

    • 無料で読める人気記事

      比較的多くの方の目に触れてしまった記事。3万PV〜100万PVくらい。

    • 突撃!岸田の文ごはん

      伝説の大きなしゃもじを持ち、いま、私が話を聞いて学びたい人に突撃していく大長編です。

    • キナリ杯2020(概要・受賞発表)

    • 書かせて!前澤さん

      スタートトゥデイの前澤友作さんに会うことになった話。会う度に理解が深まるというより謎が深まっている。

    ウィジェット

    • 商品画像

      家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった

      奈美, 岸田
    • 商品画像

      もうあかんわ日記

      岸田 奈美

    記事一覧

    路上にものを落としてしまったアレの進捗(未完)

    わたしが買ったばかりで落としてしまった母への誕生日プレゼントが、メルカリに出品されており、そうこうしているうちに警察と弁護士にお世話になる事態に発展してしまった…

    岸田 奈美
    1年前

    iMac G3を手に入れたので、思い出と一緒に起動してみた

    実家のクローゼットの奥底から、写真アルバムが発掘された。 「Family」とプリントされた表紙のそれをどれどれと開いてみると 家具が盛大にひっくり返った写真ばかりで、…

    岸田 奈美
    1年前

    飽きっぽいから、愛っぽい|お褒めいただき誠にスイミング@神戸のスポーツジム

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代8月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。 表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。 その日、母が用…

    岸田 奈美
    1年前

    続かないアルバイトの思い出(旅館・スパゲッティ屋編)

    これまで6つのアルバイトを経験してきたが、そのどれもが、まともな結末を迎えなかったように思う。 温泉旅館の皿洗い、全国チェーン展開しているスパゲッティ屋の配膳、…

    岸田 奈美
    1年前

    げにすばらしきプロフィールの世界

    書きとうない。もうプロフィールを書きとうない。 イベントに出演するたび、どこかへ原稿を寄せるたびに聞かれる。プロフィールをくださいと。 はいはいちょっと待ってね…

    岸田 奈美
    1年前

    この時代においてもなお、わたしってやつは2億円がほしいのか

    元彼が結婚したらしいという話と、2億円に目がくらむ話と、一体いくらありゃ幸せなんだよと計算した話。

    岸田 奈美
    1年前
    路上にものを落としてしまったアレの進捗(未完)

    路上にものを落としてしまったアレの進捗(未完)

    わたしが買ったばかりで落としてしまった母への誕生日プレゼントが、メルカリに出品されており、そうこうしているうちに警察と弁護士にお世話になる事態に発展してしまったので、それについて現時点までのいきさつを書いておりますが、結末はまた簡潔にまとめて全文無料公開予定です。

    「おい……いまの岸田奈美、大丈夫か……?」と気を揉んでくださっているファンのみなさまへ向けて、とりあえず進捗報告ということで。これ以

    もっとみる
    iMac G3を手に入れたので、思い出と一緒に起動してみた

    iMac G3を手に入れたので、思い出と一緒に起動してみた

    実家のクローゼットの奥底から、写真アルバムが発掘された。

    「Family」とプリントされた表紙のそれをどれどれと開いてみると

    家具が盛大にひっくり返った写真ばかりで、こっちがひっくり返るかと思った。なんなんだ。家族を現代アート風に解釈した先鋭的なアルバムなのか。

    母に聞くと

    「阪神大震災の直後の家やわ。片づける前にパパが“今のうちに撮っとくんや!こんなん、なかなか見れへんぞ!”って言うから

    もっとみる
    飽きっぽいから、愛っぽい|お褒めいただき誠にスイミング@神戸のスポーツジム

    飽きっぽいから、愛っぽい|お褒めいただき誠にスイミング@神戸のスポーツジム

    キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代8月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。

    表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。

    その日、母が用意した夕飯は、久々のごちそうカレーだった。

    ごちそうカレーとは、岸田家の各々がごちそうと認定するおかずを、心の向くままに好きなだけトッピングできるカレーのことである。まず一人につき一皿、ふつうのカレーが配膳される。ルウの箱裏面に印

    もっとみる
    続かないアルバイトの思い出(旅館・スパゲッティ屋編)

    続かないアルバイトの思い出(旅館・スパゲッティ屋編)

    これまで6つのアルバイトを経験してきたが、そのどれもが、まともな結末を迎えなかったように思う。

    温泉旅館の皿洗い、全国チェーン展開しているスパゲッティ屋の配膳、甲子園球場のドリンク売り子、医者が集まるシンポジウムの誘導、レンタルビデオ屋のスタッフ、個別指導塾の講師。

    アルバイトをしなくなってもう10年近く経つが、いろいろやってきたもんだなあ、と感慨深い。いまも求人情報誌を眺めては、立派に働いて

    もっとみる
    げにすばらしきプロフィールの世界

    げにすばらしきプロフィールの世界

    書きとうない。もうプロフィールを書きとうない。

    イベントに出演するたび、どこかへ原稿を寄せるたびに聞かれる。プロフィールをくださいと。

    はいはいちょっと待ってね、プロフィールね。ええっとどこにあったからしら、はいはい、これね。あらまっ、ちょっとこれ古いわね。新しい本も出したし、こういう賞もいただいたし、そうだそうだ、この役職は変わったんだったわ。

    いろんなことが気になって書き直すのだが、

    もっとみる
    この時代においてもなお、わたしってやつは2億円がほしいのか

    この時代においてもなお、わたしってやつは2億円がほしいのか

    元彼が結婚したらしいという話と、2億円に目がくらむ話と、一体いくらありゃ幸せなんだよと計算した話。