岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった

    高校から帰ったら、母が大騒ぎしていた。 なんだなんだ、一体どうした。 「良太が万引きしたかも」 良太とは、私の3歳下の弟だ。 生まれつき、ダウン症という病気で、…

    白馬の王子様に、お茶を淹れてあげる才能がまるで無い

    仮免許の学科試験に受かりました。 いやあ。順調、順調。 もうね、知ってるようで、知らないことばっか。 道路交通法って。 大人になった今、学べて良かった。本当。 なに…

    最愛の母に「死んでもいいよ」と言った日

    「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」 大好きな母に、私が放った言葉です。 高校2年生の時でした。 ひどい娘だと思いますよね。 私もそう思います。 でも、母を救う唯…

    弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった

    弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった

    高校から帰ったら、母が大騒ぎしていた。
    なんだなんだ、一体どうした。

    「良太が万引きしたかも」

    良太とは、私の3歳下の弟だ。

    生まれつき、ダウン症という病気で、知的障害がある。
    大人になった今も、良太の知能レベルは2歳児と同じだ。

    ヒトの細胞の染色体が一本多いと、ダウン症になるらしい。
    一本得してるはずなのに、不思議ね。

    「良太が万引き?あるわけないやろ」

    ヒヤリハットを、そういう帽子

    もっとみる
    白馬の王子様に、お茶を淹れてあげる才能がまるで無い

    白馬の王子様に、お茶を淹れてあげる才能がまるで無い

    仮免許の学科試験に受かりました。
    いやあ。順調、順調。
    もうね、知ってるようで、知らないことばっか。
    道路交通法って。

    大人になった今、学べて良かった。本当。
    なにが一番良かったかって。

    白馬の王子様は軽車両扱いになる……ってことかな。

    王子様、車道の左側を時速30kmで走る義務があった。

    そりゃ、私のもとに来ねえわけだわ。

    私の実家から出発したとして、ぶっ通しで16時間かかるし。
    軽車

    もっとみる
    最愛の母に「死んでもいいよ」と言った日

    最愛の母に「死んでもいいよ」と言った日

    「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」

    大好きな母に、私が放った言葉です。
    高校2年生の時でした。

    ひどい娘だと思いますよね。
    私もそう思います。
    でも、母を救う唯一の言葉でした。
    それしか見つからなかった。

    話は少しさかのぼりまして。

    私が中学2年生の時、父が突然死しました。
    働きすぎによる、心筋梗塞でした。

    父は建築系ベンチャー企業の経営者で、めちゃくちゃカッコいい存在でした。めちゃく

    もっとみる