岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    奈美にできることはまだあるかい?〜赤べこ姉弟は滋賀に来た〜

    どうも、岸田奈美です。 以前書いた、この記事で、赤べこになった姉べこです。 まさか、あんなに多くの人に読んでもらえると、思わなくて。 noteのサポート(投げ銭)まで…

    車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた

    2016年11月。 土埃と魚醤の匂いがするミャンマーの市場で。 私は立ち尽くしていた。 車いすに乗る母の背後には、何人ものちびっ子托鉢僧たちが、連なっていた。 逃げよう…

    先見の明を持ちすぎる父がくれた、移民ファービーとボンダイブルーiMac

    先見の明を持つ人って言うと。 うん。 織田信長だよね。 なんてったって、火縄銃を大量導入してっから。 戦国大名が「無理やがな」って匙投げてんのに、モリモリ導入して…

    動かないよ!プリウス!〜免許の試験が1分で終わった〜

    運転免許がほしいんです。 海の見える一本道を走りたいんです。 時代はモータードライブだから。 急がなきゃ出遅れちゃうから。 こういう特訓を踏まえた上で。 ついにやっ…

    奈美にできることはまだあるかい?〜赤べこ姉弟は滋賀に来た〜

    奈美にできることはまだあるかい?〜赤べこ姉弟は滋賀に来た〜

    どうも、岸田奈美です。
    以前書いた、この記事で、赤べこになった姉べこです。

    まさか、あんなに多くの人に読んでもらえると、思わなくて。
    noteのサポート(投げ銭)まで、いただいてしまって。

    なんかもう、ここんとこ岸田家、盆と正月が一緒に来たような大騒ぎ。

    実家に帰ったら、父の仏壇にいつも供えられてる、ぼんち株式会社のぼんちあげ(155円)が、播磨屋本店の朝日あげ(500円)になってた。

    もっとみる
    車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた

    車いすの母とミャンマーに行ったら、異国の王様だと思われた

    2016年11月。
    土埃と魚醤の匂いがするミャンマーの市場で。
    私は立ち尽くしていた。

    車いすに乗る母の背後には、何人ものちびっ子托鉢僧たちが、連なっていた。
    逃げようとすれば、ついてきて。
    そしていつの間にか、増えていて。

    君たちは、あれか。ピクミンか。

    母・ひろ実は困り果てた顔で「どうしよう」と、私に助けを求めた。
    私は、見て見ぬフリをした。

    私という人間は、理解できない状況に遭遇した

    もっとみる
    先見の明を持ちすぎる父がくれた、移民ファービーとボンダイブルーiMac

    先見の明を持ちすぎる父がくれた、移民ファービーとボンダイブルーiMac

    先見の明を持つ人って言うと。
    うん。
    織田信長だよね。

    なんてったって、火縄銃を大量導入してっから。
    戦国大名が「無理やがな」って匙投げてんのに、モリモリ導入してっから。
    騎馬隊、木っ端微塵にしてっから。

    でもね。
    先見の明を持ってたのは、信長だけではねえのよ。

    そう。

    私の父、浩二。

    岸田家の信長と言っても、過言ではない。

    信長は兵に、火縄銃を与えた。
    父は私に、火縄銃に匹敵するブツ

    もっとみる
    動かないよ!プリウス!〜免許の試験が1分で終わった〜

    動かないよ!プリウス!〜免許の試験が1分で終わった〜

    運転免許がほしいんです。
    海の見える一本道を走りたいんです。
    時代はモータードライブだから。
    急がなきゃ出遅れちゃうから。

    こういう特訓を踏まえた上で。
    ついにやってきました。

    仮免許 運転技能試験!
    イン・ザ・運転免許試験場!(Yeah!)
    (※仮免許を交付できない教習所のため)

    平日しかやってないから、有給休暇いただいて。
    朝6時起きで。
    用紙記入に30分並んで、支払いに30分並んで。

    もっとみる