岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

岸田奈美|NamiKishida

100文字で済むことを2000文字で書きます。noteをまとめた本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった(小学館)』『もうあかんわ日記(ライツ社)』『傘のさし方がわからない(小学館)』『飽きっぽいから、愛っぽい(講談社)』|コルク所属の作家

    マガジン

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      新作が月4本以上+過去作200本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくためのマガジンです。おもしろいものを書くためにがんばります。購読してくださった皆さんは遠い親戚のような存在です!いつもありがとう!

    • ★★よく読まれる岸田奈美の記事★★

      比較的多くの方の目に触れてしまったnoteを集めました。

    • 飽きっぽいから、愛っぽい〜記憶と場所を巡る連載〜

      講談社『小説現代』で連載していたエッセイがnoteでも全文読めます。地元の神戸市北区、修行の北海道小樽、一人暮らしの東京……記憶と場所を紐づけてなにかを取り戻していきたい。(イラストは中村隆さん)

    • もうあかんわ日記〜2ヶ月間の限界家族〜

      母が心内膜炎で入院、祖母は認知症が悪化、犬は大暴れで……岸田家の危機に、祖父の葬儀、鳩の襲来などが続々と!「もうあかんわ」と嘆きながら毎日更新した2ヶ月の記録。ライツ社から発刊した同名の書籍に収録していないエピソードも。(イラスト:水縞アヤさん)

    • 姉のはなむけ日記〜ダウン症の弟のグループホーム入居騒動〜

      ダウン症の弟が自立のため、グループホームへ入居することになっただけのはずが、別府まで車を買いに行ったり、看板をあわてて立てたり、家族で泣いたりした日々のこと。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    ドドンパをしても一人(28歳・シングルライダー・女性)

    28歳になりました。 28年生きても。 情緒が竹馬に乗っているタイプの女です。 人生で最も多く、絶叫マシーンに乗った一年でした。 情緒の高低差もセンターオブジアー…

    一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    ※下着のお話なので、苦手な方はご注意ください。 わりと、こだわりの強いタイプです。 でも、これだけは決めているんです。 「モテている女」のアドバイスにだけは、一…

    ドドンパをしても一人(28歳・シングルライダー・女性)

    ドドンパをしても一人(28歳・シングルライダー・女性)

    28歳になりました。

    28年生きても。
    情緒が竹馬に乗っているタイプの女です。

    人生で最も多く、絶叫マシーンに乗った一年でした。
    情緒の高低差もセンターオブジアース級ですが。
    そうではなく。
    遊園地の話です。

    小学校の修学旅行は、パルケエスパーニャでした。
    命運をわけるのが、班分け。
    当時の担任が「自分達で決めていいよ」と。
    小学生に一番渡してはいけない裁量というソリューションを
    明け渡した

    もっとみる
    一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    一時間かけてブラジャーを試着したら、黄泉の国から戦士たちが戻ってきた

    ※下着のお話なので、苦手な方はご注意ください。

    わりと、こだわりの強いタイプです。
    でも、これだけは決めているんです。

    「モテている女」のアドバイスにだけは、一切のプライドをかなぐり捨て、従うことを。

    東にパーソナルトレーニングジムがあると聞けば、私財を投じて馳せ参じ。
    西に3kg痩せ見えパンツがあると聞けば、半月間もやしをすすることになろうと手に入れる。

    情報に振り回されすぎて、5日間絶

    もっとみる