見出し画像

2021年の岸田奈美がしたいこと (B面)

3ヶ月先もろくに予定を立てたことがないけれど、さすがにそろそろ立てないとね、問屋が降ろさないっていうか。

傷口に塩を塗りたくっていいのはシェフと自分だけだ、つってね。

2020年の楽しかったことはこっちのA面でたくさん書いたから、B面ではやっちまった失敗とか、汚れちまつた悲しみとか、聞いてもらおうと思うよ。

基本的に希望にまみれているけど、あまりおおっぴらに言えないこともあったりするので、B面はマガジン限定公開で失礼!

いつでも何度でも言うけど、わたしがこうやって元気に楽しく、帰省のときもメルヘンのサンドイッチを4つ買うなどしてワンパクに生きていられるのは、キナリ★マガジンの購読者のおかげなので、とりあえず意気込み的なものをですね、ぼんやり知っておいてもらえると嬉しいです。


岸田良太が嬉しくなる仕事をつくる

なんだかんだで、弟に助けられた一年でした。

弟が手書きでノンブルを書いてくれたから、無名も無名のわたしの本が、即日で売り切れるなどしたわけで。

弟はね、いいやつなんですよ。

茶色の味が濃いご飯と、ドラゴンボールと、人の役に立って喜ばれることが大好きで。

あっ、人だけじゃなかった。

画像4

車の役に立つことも大好きなんですよ。

雪が積もろうが、雨が降ろうが、うちに来てくれたボルボをナデナデして「ありがと」って言うんですよ。彼にとっては、車から喜ばれるのも、幸せなんだろうなあ。どんな世界が見えてんだろうなあ。

そんな弟はね、いま、平日は朝から夕方まで、ちゃんと働きに出てるんですけど。

そこのお給料ね、マイナスなんです。

続きをみるには

残り 4,732字 / 3画像

新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。