先月よく読まれた記事と、6月の目標〜君読みたまふことなかれ〜
見出し画像

先月よく読まれた記事と、6月の目標〜君読みたまふことなかれ〜

6月がはじまってしまいました。

前置きの雑談

昨日は鎌倉の円覚寺で講演(という名の実際のところはたぶん出来損ないの漫談)に呼ばれ、「せっかく鎌倉におるんやしなんか勉強でもすっぺ」と鈴木大拙氏と華厳経の教えに軽い気持ちで手を出したところ、難しすぎてもとよりあまりよろしくない頭がユニヴァースしてしまい、「あかんあかん、なんも考えたらあかん、せや江ノ島神社にお参りして帰ろか」と迂闊に立ちよったらハイテク電動登山システム・エスカに乗り込んだとてその先が想像の10倍くらい激しすぎる坂道と階段で足腰もユニヴァースしてしまいました。いやごめん10倍はウソついた。たぶんわたしの体力が落ちすぎてる。

写真ですか?

写真は江ノ島で「もう一歩も足を伸ばしとうないが、伸ばさなければ帰れない」ことを悟りながらタコせんべいを食べる岸田ですね。

それで今日は、大阪にある祖母の家と土地を孫のわたしが代わりに売らにゃならんので、三社の不動産会社さんと一気にお話しましたが「お前ここはフランスで『希望』を表すギャンブル船『エスポワール』か」と言いたくなるくらい全員が全員言うてることが違っており、まあそれは騙すのではなくそれぞれ主張すべき点が違うだけなんだけど、素直で卑怯なことに定評があるわたしは慣れない探り合いで精神がユニヴァースしてしまいました。

書いてるだけでげっそりしてきたので、その話はまたあとでします。

みなさんは、大丈夫ですか?湿気がおそろしい梅雨にげっそりしてませんか?でも一番おそろしいのは人間関係だ、つってね。ワハハハ。

2021年5月によく読まれた記事

↑暗いんよ。過去も暗けりゃいまも暗いんよ。でもこれが一番読んでもらえたっていうね。暗いもん書いても読者さんに受けてもらえるって、これほど救われることはないね。書いてりゃ大丈夫だわって無謀にも思えたね。救われるときは自分で決めなければならないという、ずっと言いたかった話です。

↑全文、キナリ★マガジン限定のnoteです。これは内容が内容なので、いずれ消すかもしれないけど。毎日、毎日、少しずつ飲み込もうとしている、近所で起こった殺人事件の話です。でも事件をどうこう言いたいわけではなく、誰かに聞いてもらいたいわたしの叫びです。


↑こちらも全文、キナリ★マガジン限定。ちがうよ宣伝じゃないよ、本当にこの順番で読まれてるのよ。なにがっていうと愛されすぎてしまっている。愛されすぎたゆえに、うちのお母さんに新しい部屋ができた顛末です。

↑なにをやったらいいか自分でもわかってないんでなんも活動できてないんですけど、忘れたころからぼちぼちやっていきます。まだ読んでない人は「陸上寿司」という言葉だけでも覚えて帰ってね。

↑これそんなに読まれると思ってなかったけど、会う人、会う人に「解体工事終わりました!?」って言われるので、めっちゃ読まれてる。ついに円覚寺で一番偉いお坊さんからも「解体工事が終わるように祈りましょう」とか言われてしまったので、めっちゃ読まれてる。落ち着いて。


それと5月からは、「もうあかんわ日記」の発売を記念して、みんなからもうあかん話を集めて発表する企画をはじめました。今年のキナリ杯はこれに変わります、いきなりでごめんね。目指せ書籍化!


キナリ★マガジンについて

月額1000円というわりと「スタバでギリ二回は茶しばけるやんけ」という価格設定ですが、わたしはここで書く文章とあったかい読者のみなさんに囲まれてニヤニヤしたいがためにこれを生計の柱にしてます。毎月じゃなくても、たまに、応援してやっかって時は登録して読んでくれると、嬉しいです。

みなさんからいただいた1000円の使いみち
ドカンと使わせてもらったとき、今のところ軽い気持ちでご報告してます。先月は祖母との闘いでノイローゼ気味になっている母が逃げ込めるアジトを作るお金にしました。

たぶん今月はいろいろあって、大阪の老舗商店街でおばあさんがやっている高齢者憩いの部屋を借りると思います。いろいろありすぎてしまった。

あと本買ってくださった人に遠隔でデジタルサインとかしたいんだけどな、ちょっと方法を考えます。

1000円払うと読めるもの
週1本(だいたい金曜)……マガジン読者限定の、あまり役に立つ情報はないが、あまりたくさんの人に言えないようなひみつ記事

週1本(だいたい月曜)……8割は無料で読める記事の、残り2割のおまけ文章

月1本(だいたい最終週)……講談社「小説現代」で連載しているエッセイ「飽きっぽいから、愛っぽい」の全文


2021年6月にやろうと思ってること

・大阪にある祖母の空き家をなんとしてでも売りに出す。

・大阪にある商店街の憩いの場の軒先を借りて、本を売る。(間に合わなければ夏かな)

・とある仕事で書いている、病気にまつわる小説を公開する。

・親子で地元神戸のラジオ番組に出演する。

・こちらの出版記念イベントをでお行儀よくして、がんばって盛り上げる。


それでは、今月もみなさん、よろしくお願いします!


おまけの日記「きみ読みたまふことなかれ」


この続きをみるには

この続き: 3,018文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

鬼も泣き出すほどの大吉!運がいい!
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/