飽きっぽいから、愛っぽい|剥いてくれるんなら@福島産の桃
見出し画像

飽きっぽいから、愛っぽい|剥いてくれるんなら@福島産の桃

キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代10月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。

表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。

画像1

好きな果物はなにかと聞かれると、いつも答えに悩む。

答え方次第では「これはお裾分けをいただけるのかもしれない」と思うと、余計に悩む。わたしの好きな果物ランキングは「剝かれた状態」なのか、「剝かれる前の状態」なのかで、著しく様相が変わるのである。

剝かれた状態、つまりあとはもう口に運ぶだけというお膳立てをされているなら、ランキング一位は桃、二位はマンゴー、三位は梨だ。書いているだけでもよだれが垂れそうになる。

しかしこれらが、スーパーの袋の中にガサッと入れられて「これ、親戚んちから送られてきたから」と手渡された場合、途端によだれが引っ込んでいく。

身も蓋もないけど、果物を剝くのがとにかく面倒くさい。

最初からさじを投げたわけではない。一人暮らしをしたばかりでウキウキのボルテージが最高潮だったとき、わざわざおしゃれな八百屋まで足を運び、料理のハウツーサイトを見るなどして剝いてみた。

結果は惨敗であった。

この続きをみるには

この続き: 3,191文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

小吉と見せかけて大吉!運命をねじまげる力があるね!
小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/