人生は山あり谷ありクロード・チアリ(姉のはなむけ日記)
見出し画像

人生は山あり谷ありクロード・チアリ(姉のはなむけ日記)

岸田 奈美

人生には山もあれば、谷もあり。

坂もあれば、クロード・チアリ。

ヒガシマルのちょっとどんぶり。(※注)


うちの実家の目の前にも、坂がある。心臓破りとまではいかないが、心臓ヤバみくらいの傾斜の。

ニュータウンに突如として出現した、大型マンション密集地の中にあり、坂道を降りるとすぐ私有地の道路で、その先は野っ原がむき出しの斜面になっている。

子どもの頃、夏休みになると「よっしゃ〜〜!宿題終わった〜〜!遊ぶんじゃ〜〜〜〜!」とチャリでこの坂道を一気にくだり、勢い余って野っ原に突っ込んでいくバカが多発した。夏色をちゃんと聴け。ブレーキ握りしめろ。

うちの母は、車いすに乗っている。

今んとこ、駐車場に行くなどひとりで外出するときは、思いきり身を乗り出し、歯をくいしばって、この坂道を車いすで往復している。

一秒でも気を抜いたら死ぬと言っていた。


「ここを行き来できる間は健康やわ」

昨年、念願のボルボを手に入れてからはより往復に精を出しているが、はっきりいって、オカンが毎日一秒でも気を抜いたら死ぬチャレンジをしているのはいかがなものか。

父が遺してくれたこの実家も、いつか、手放すときがくるのだ。


いち早く巣立ったのが、わたしだ。

大学一年生のときに勢い余ってベンチャー企業に入り、オフィスで寝泊まりするため大阪へ出た。今は東京から京都に引っ越すという、上京だか都落ちだかわからん過程を経て、二週間に一度は実家へ帰っている。

その次が、ばあちゃんだ。

認知症がかなりおもしろい感じに進行してしまい、うかつに手がつけられないギンギラギン状態になったので、認知症対応型共同生活介護という施設で暮らしている。温泉郷のすぐ近くで、献立のメンチカツを楽しみに、毎日みんなでテレビを見ながら、手を叩いているそうだ。ばあちゃんは機嫌がいいと手を叩く。

残るは、母と、ダウン症の弟。

母には、わたしが三宮に借りた賃貸マンションの小さな部屋がある。もともとは、ばあちゃんとやりあって体調をくずした母の避難用に借りたが、そのまま母の仕事場として週に何度か使っている。高齢者向けマンションで、母がたいへん喜ぶ、奇跡の完全バリアフリーだ。坂道がのぼれなくなったら、ここへ移り住める。

ということは、だ。

戦略的一家離散のためには、弟の自立の道を探らねばならない。


「別に急いで探さんくてもなあ……おったらおったで、頼りになるし」

母はよく言っていた。

わかる。弟は家族のなかで、洗濯物をたたむのが誰よりもうまい。あと、郵便ポストを見にいく頻度も高い。

数年前、弟がいま通っている福祉作業所が、グループホームを立ち上げるという話がのぼった。

グループホームとは、障害のある人たちが数人で共同生活を送る家だ。料理や掃除など、一人では難しいことを、みんなで助けあったり、支援員の人に支えてもらったりして、一緒に暮らしてゆく。

「良太さんもご入居されませんか?」

寝耳にウォーターだった母は、戸惑った。

弟は、環境が変わることがすごく苦手だ。毎日乗ってるバスの時刻表が変わったときも、家を出る時間をちゃんと覚えるまで一年くらいかかった。

「バス、来んわ!」

ふてくされて帰ってきて、ふて寝することもあった。来んわ、じゃねえんだわ。来てるわ。

当時はまだばあちゃんもそこそこシャキッとしていたし、母も元気だった。

弟と離れる覚悟をまだ持てなかった母は、迷った末、いったん入居を見送ることになった。


あっという間に、グループホームは満員になった。


親元を離れて、自立して暮らしたいという人に対して、グループホームの数は不足していることを、その時は知らなかった。

高齢者施設に比べると、空きもあまり出ない。

こんなこと言うたらアレだけど、高齢者の方が亡くなるのは早いので。

「いつかはタイミングがくるやろ」

のんびりぼんやり、のらりくらりと構えるのが我が家の取り柄でもあるが、ことグループホームにおいては“いつか”を一度取り逃すと、すげえ速度で走り去っていった。花の2区。もう姿は見えない。


一年と少し前。

母が、感染性心内膜炎という病気にかかり、三途の川の前でギリUターンして戻ってきた。

げっそりと痩せていく母に対して、でっぷりと太っていく弟。

な……なんでや……!


エアーズロックのごとくせり出す弟の腹をなでながら、わたしは絶句した。健康診断の結果はいわずもがな肥満で再検査である。

母がおらず、わたしも仕事で家を空けている間、弟とばあちゃんは冷蔵庫の中身をしこたま食っていたのである。

冬、買い出しに出たときは

画像1

車いすのパイロットであるオカンをほったらかし、食べ物をしこたま積んで、例の坂道をあがってきた。食べるのが好きすぎる。

弟の時間感覚は、独特だ。

彼にとってなにより大切なのは朝起きたときの「今日の晩ごはん」だ。メニューがわかるまでそわそわしている。今朝も電話がかかってきた。今日のご飯はなんやろうねと。オムライスか何かじゃないですかね。

次の晩ごはんまでで、弟の時計は一旦、リセットされる。

一週間後、一ヶ月後、という時間のイメージは、弟にとっては一光年ぐらい果てしない。カレンダーに書いとくと、わかってくれるけど。

五年後、肥満で、えらいことになる。

これは、弟にはまったくもって伝わらない、時間の感覚だ。


母がずっと、弟のご飯を作り続けられるわけじゃない。

ヘルパーさんが作りにきてくれることもあるけど、弟の障害の程度だと、週二回がいいとこだ。

健康を守るためにも、弟には、自立してほしい。わたしは。


しかし、尾田栄一郎は言った。冒険の対義語は母親であると。

「せやけども、良太が寂しがったらどうしよう……」

グループホームを探そう、となった母は、この後に及んでもオロオロしていた。

こういう時は姉弟の方が、アッサリしている。

なんやかんやいうても姉弟というのは、死にものぐるいで親の愛を奪い合った関係性なので「あいつもイヤやったら、なんとかして訴えてくるやろ」と、どこかで相手の根性を認めている節がある。

そんな母を見て、弟は言った。

「ぼく、すみます」

「えっ」

「すみます、グループホーム」

「でも、うちらと離れるんやで?」

「だいじょぶ」

「ほんまに?」

「すみたいです、バッチリ」

そして弟は、イヤフォンをつけ、ドラゴンボールのゲームに熱中しはじめた。もうそのゲーム、三年ぐらい、ずっと同じバトルを繰り返してる。

母は、弟なりに気をつかったのだと思ったらしい。

そんなことは誤解だった。

ある日、外出していた母は、留守番している弟が心配で電話をかけると

「もーうっ!なんやねん!」

と、めちゃめちゃ面倒くさそうな声が返ってきたそうだ。

母は目を見開いて、ショックを受けた。姉は腹を抱えて、爆笑した。

そのまま三宮のマンションで一泊するはずだった母は、予定が早く終わったので実家へ戻ると、弟はちょっとガッカリした様子で迎えたらしい。

娘も息子も、障害があろうとなかろうと、一人暮らしが楽しいに決まってるじゃろうて。オカンはたまに会ってイチゴ食わしてもらうくらいが、ちょうどええねんて。

寂しがっているのは、弟ではなく、母だったというわけだ。

「寂しいなあ。けど、子どもは遠くで楽しそうで、親は寂しいっていうのは、子育てが成功した証なんかもしれへんなあ」

月明かりがそんなに美しくもない夜に、母はしみじみ言った。なかなかの名言なので、しばらく語り継いでいくね。遠くで楽しそうな娘より。

画像2


そうと決まれば、入居できるグループホーム探しである。

地元で評判がよかった二箇所のグループホームは、どちらも満室だった。


「一箇所、良太さんが通う福祉作業所に近いグループホームで空きがあるので。そちらご見学されますか?」

相談支援事業所といって、障害のある人の生活の相談に乗ってくれるところのお姉さんが案内してくれた。

母が、近所の知人に評判を聞いてみると

「昔からある、大きくて有名なところやし、大丈夫ちゃうかな」

とのことだった。

出鼻をパッキャパキャにくじかれるとも、知らずに。

・「姉のはなむけ日記」の後半は、キナリ★マガジン(月額1,000円)の購読者さんのみが読めます。詳しくはこちらを。
・購読料はすべて弟が入居予定のグループホームに寄付するお金(送迎車の購入費、支援員の人件費など400万円程度)に充てます。
・連載期間中、一度でも購読すると、数ヶ月後に同人誌が無料で届きます。記事最下部のフォームからお申し込みください。

おどろくべきスキーム


グループホーム見学の日。

母と弟が、ふたりで参上した。

この続きをみるには

この続き: 1,634文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ミラクル優勝大吉!胴上げしていい?
岸田 奈美
小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/