岸田 奈美
飽きっぽいから、愛っぽい|カニサボテンの家を売る@大阪市中央区谷町
見出し画像

飽きっぽいから、愛っぽい|カニサボテンの家を売る@大阪市中央区谷町

岸田 奈美

キナリ☆マガジン購読者限定で、「小説現代8月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。

表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。

画像1

ついさきほどの家族会議で、祖母の家を売りに出すことが決まった。

祖母の家は、大阪の谷町にある。大阪駅や難波駅にほど近いが、そのわりに古い寺院が多く静かなところで、暮らすには人気の町だ。

わたしが物心ついたときから、祖母の口癖は「あんたが嫁に行くとき、この上等な土地は全部あんたのもんや。ばあちゃんが祝儀にあげたるさかい。ひゃっひゃっひゃっ」だった。

祖母は笑うときも、泣くときも、この小気味いい引き笑いをする。

子どもだったわたしは、土地の価値がよくわからなかったが「ばあちゃんは太っ腹だなあ」と、薄ぼんやり思っていた。祖母は太っ腹なわけではなく、見栄っ張りだったと気づいたのは、この二、三年のことである。

この続きをみるには

この続き: 8,220文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

しばらくは弟のグループホームの送迎車にかかる費用や持ってゆくお菓子に使います。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはよくnoteで紹介します。

岸田 奈美
小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/