見出し画像

将来に迷って老師と話した日、わたしはサンダルを手放した

※予定表どおりならば「岸田奈美のちょっと言えない話(仮題)」を先にnoteで書く予定でしたが、編集スケジュールの都合上、順番を入れ替えて公開します。


臨済宗円覚寺派 管長・横田南嶺老師にお招きいただき、Youtubeで対談させてもらうという、とんでもないことがありました。震えてしまう。

わたしが老師を前にしてもなお、無計画に喋り倒してしまったので、ぜんぶで五話もあるのです。

一話から三話まではわたしの自己紹介みたいなものなので、それは知っとるわ!っていう人は、四話と五話を観ていただくと、ええ塩梅なんじゃないかと思います。

画像1

実は収録当日、わたしは大惨事を起こしてしまって。

・電車に乗り間違え、あろうことか円覚寺の真逆の方向へ
・あわてて降りたら、階段を滑り落ちて足を盛大にくじく
・老師にお渡しするはずだった「きんつば」を電車内に置き忘れる
・ふびんに思った通りすがりのお爺さんに助けられ、45分の遅刻
・到着するも足に保冷剤をしばりつけたまま収録に参加

愚か者のピタゴラスイッチですよ。

申し訳なさで泣きそうになっていたわたしに、老師は「さいきん料理にはまっていてね」と手作りの甘酒を振る舞ってくださいました。めちゃくちゃ美味しくて、まろやかで、泣いてしまいそうになった。


ということで、迷惑をかけまくってしまったこの番組、せめてわたしの手でたくさんの人に観てもらいたいので。Youtubeで対談していることと、それよりも少し前からわたしが大切にしている老師のお話を。


老師にはじめて出会ったときのこと

この続きをみるには

この続き: 3,852文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ノーマル大吉!普通が一番ってね!
388
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/