見出し画像

怒涛の2月を支えてくれたものをならべる

2021年の2月、とんでもなかった!重めのトラブルの夏フェスかと思った!

ヘッドライナーが「母、心内膜炎で生死をさまよい入院!」でしょ。

それだけでも心のキャパの動員数があふれ返ってるのに、同時間帯に別ステージで「祖母、いきなりコントみたいにボケはじめる!」「祖父、10年以上安定してたのに不意打ちの危篤!」だから。

その日によって一番優先度の高い事柄も変わるから、ハロルド作石風にたとえるとRISING SUN ROCK FESTIVALでBEKKUが立ってるステージが中継されて観客が大移動するっていうか。

近藤真彦風にたとえるとザ・ベストテンでスケジュールが間に合わず、オープンカーに乗って「ホレたぜ乾杯!」を歌いながら表参道からスタジオに向かうっていうか。

でも近藤真彦ですら、大渋滞起こして間に合ってねえわけだから。わたしごときの手に負えるわけがねえのよ。


そんなわけで、2月最後のnoteは「お前らがいなけりゃ怒涛の2月、詰んでたわセレクション」を勝手に紹介していきたいと思います。

不慮の事態だからこそ、いろんなプロダクトや作品に助けられたので、みなさんも事前に知っておいて損はないはず。たぶん。


購入などにかかるお金の一部は、2月のわたしのnoteにいただいたサポートや、「キナリ★マガジン」の購読料からも出させてもらいました!ありがとうございます!


77万円と引き換えに手に入れた、つながる50日


はい!

のっけから!

これ!

この続きをみるには

この続き: 5,157文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ミラクル優勝大吉!胴上げしていい?
1,097
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/