見出し画像

岸田家の読むゴハン(もち米のハリネズミ)

テーブルの上に乗ってるものは吸い込むようにたいらげる、いまのわたしからは想像がつかないけど、子どものころは食が細かったようだ。

「お腹が減ってないっていうか、食べることにあんまり興味がなかったみたい」

母から言われて、まさかそれがわたしのことだとは思わなかった。そういえば、生まれてはじめて好物なるものを自覚したのは、小学校高学年くらいだった気がする。

「だから、あの手この手で、食べたくなるようなご飯を作ったんやで」

母が千手観音のごとく繰り出してきた、あの手この手のなかのひとつ、「もち米のハリネズミ」を今夜は作ってみた。


「そう言えば、なんか『今日はハリネズミやで』ってオカンが言ってたのを聞いた気が」

「せや。肉団子をハリネズミみたいにして、食べさせたんや」

「ハ、ハリネズミみたいに!?」

「もち米を肉団子の代わりにして、トゲトゲにするねん」

「ああ……なんか思い出してきた。そんなん、あったなあ」

「良いことがあった日にはもち米を食紅でピンクにして、お祝いハリネズミも登場してた」

「芸が細かい」

家事やら、弟の世話やらで、すごく大変だったはずなのに、そんな手間をかけていたことが申し訳なくなった。

いまならハリネズミどころか、身内が丸めてくれたものなら泥団子やニガ団子(feat.千と千尋の神隠し)みたいなビジュアルでも、喜んで吸い込むように食べるぞ。


もち米のハリネズミを作ろう

母から聞いた、めちゃくちゃ適当な材料がこちら。

ここから先は

2,707字 / 14画像
【無料キャンペーン中】7月22日23:59までに、クーポンコード「kazokazo242」を入力すると、1ヶ月無料でお読みいただけます。期間内に解除すれば料金は発生しません。

【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占め…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。