見出し画像

言葉にしなかった、言葉を見る人|@淡路島

キナリ☆マガジン購読者限定で、10月22日発売「小説現代11月号」に掲載している連載エッセイ全文をnoteでも公開します。(講談社さんありがとうございます)

表紙イラストは中村隆さんの書き下ろしです。


「そうそう、ニコラス・ケイジっておるやんか。わたしはあれ、ニコラス刑事やと思っててん。刑事さんが演技もやる時代になったんや、せやからスタントも上手いねんな、普通の俳優さんではこうはいかんからね……って。びっくりしたわ。あとな、ヒヤリハットもそういう帽子があるんかと思ってたんよ。奈美ちゃんも思ってたやろ。えっ、思ってへんの?そんなアホな……。えっと、なんの話やっけ。そうやそうや、来週そっちで仕事があるから、泊めてほしいねん。あんじょう頼むで」

この続きをみるには

この続き: 4,764文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
261
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (6)
昼間から職場で泣いちゃったよ。
母の優しさは偉大ですね。いつか自分も優しさで人を包み込める人になりたいです。自分もニコラス刑事だと思っていた派ですが。
お母さん、大人やね。心にジーンとくるお話ありがとうございます。
涙腺崩壊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。