見出し画像

いざって時に機械は動かねんだから、こっちもそれなりの準備ってもんをさ

たとえば、さ。

500人くらいが視聴してる鬼デカオンラインイベントで、1時間くらい前から配信スタッフさんたちが出入りして、テーブルの上には丁寧にラベルまで引っ剥がしたい・ろ・は・すとカントリーマアムも紙皿に鎮座してて、準備万端で「じゃあ今から本番でーす!」って言われたときとか。

クライアントから巨万の富をもらえるか否かのプレゼンで、ズラッと名実ともにエライ人たちが並んだ会議室に入り、白目剥きながら一晩かけて作ったプレゼン資料を「じゃあ今からご提案の方を始めさせていただきたいと思います」って回りくどいこと口走りながら投影するときとか。


動かなくなるよねえ。機械って。
ウンともスンともいわんとは、このこと。

ポンコツって言葉を思いついた人はすごいよ。だって「げんこつ」を聞き間違えて生まれた言葉だよ。由来からしてもうポンコツじゃん。


感染症対策が当然になって、オンライン配信や個室の増設が増えて、慣れない機械を扱う人が増えて、余計にポンコツが発生する機会が多くなってると思うのよ。機械(きかい)だけに。


それで、気づいたんだけど。


たぶん人って、予期せぬトラブルが降り掛かったときに、心が丸裸になるんじゃないかな。その人の本質とまではいかないけど、魅力も難点もドバッとあふれちゃうのでは。

だから大切なときに機械がポンコツになって慌てた時にはじめて、人柄の良さって見えるはずっていう話をします。

ここ最近で見た「この人のポンコツへの対処、すげーな」って例も、勝手に出します。ガハハ。


本の作り方の対談だったのに、気がつきゃヤマトの荷物受け取ってた話

ここから先は

4,316字 / 1画像
【無料キャンペーン中】7月22日23:59までに、クーポンコード「kazokazo242」を入力すると、1ヶ月無料でお読みいただけます。期間内に解除すれば料金は発生しません。

【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占め…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。