見出し画像

いざって時に機械は動かねんだから、こっちもそれなりの準備ってもんをさ

たとえば、さ。

500人くらいが視聴してる鬼デカオンラインイベントで、1時間くらい前から配信スタッフさんたちが出入りして、テーブルの上には丁寧にラベルまで引っ剥がしたい・ろ・は・すとカントリーマアムも紙皿に鎮座してて、準備万端で「じゃあ今から本番でーす!」って言われたときとか。

クライアントから巨万の富をもらえるか否かのプレゼンで、ズラッと名実ともにエライ人たちが並んだ会議室に入り、白目剥きながら一晩かけて作ったプレゼン資料を「じゃあ今からご提案の方を始めさせていただきたいと思います」って回りくどいこと口走りながら投影するときとか。


動かなくなるよねえ。機械って。
ウンともスンともいわんとは、このこと。

ポンコツって言葉を思いついた人はすごいよ。だって「げんこつ」を聞き間違えて生まれた言葉だよ。由来からしてもうポンコツじゃん。


感染症対策が当然になって、オンライン配信や個室の増設が増えて、慣れない機械を扱う人が増えて、余計にポンコツが発生する機会が多くなってると思うのよ。機械(きかい)だけに。


それで、気づいたんだけど。


たぶん人って、予期せぬトラブルが降り掛かったときに、心が丸裸になるんじゃないかな。その人の本質とまではいかないけど、魅力も難点もドバッとあふれちゃうのでは。

だから大切なときに機械がポンコツになって慌てた時にはじめて、人柄の良さって見えるはずっていう話をします。

ここ最近で見た「この人のポンコツへの対処、すげーな」って例も、勝手に出します。ガハハ。


本の作り方の対談だったのに、気がつきゃヤマトの荷物受け取ってた話

この続きをみるには

この続き: 4,465文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
242
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (4)
あーやっぱりいいなぁ奈美さんの文章。
テンポよくて
ポンコツがゲンコツの聞き間違いからきてるの初めて知りました。ありがとうございます、前から気になってんで。
ポンコツの語感ってホント不思議に柔らかくて好き。いかにも壊れそうで使えなさそうでそれでいて愛嬌が有る。
ポンコツ
いい語彙だと思います。
人を素敵に褒められる、そんな素敵な人になりたいですね。
なるほど。アクシデントが起きたときは、その場にいない人を褒める。なるほど!
面白い人はマーフィーの法則を逆手にとれるって感じかなぁ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。