見出し画像

先に伝えておきたい、使いすぎた有り金のこと

「一年生になったら、一年生になったら、友だち100人できるかな」を歌いながら「100人もいらんやろ、名前覚えられへんわ」と思っていたタイプのひねくれ者である。

今となってはそのひねくれが、間違っていなかったとほくそ笑む。

こうやってインターネッツの海で、Twitterとnoteというバナナボートに乗り、漂流するようになってから、つくづく思うことは。大切なのはフォロワーさんの数の多さではなく、関係性の濃さだ。

9万人のフォロワーさんに向けて「あのね〜〜!有り金を9割方、失ったの〜〜!」と叫び、なにも反応がなければ、それは山びこと同じだ。

それだったら100人のフォロワーさんから「マジで〜〜!」「ウチもやばいんだが〜〜!」「埋蔵金で一山当てよ〜〜〜!」とやり取りできる方が、何百倍も幸せだ。埋蔵金で一山、当てたい。

そういう幸せな関係性の深さを築こうとしてくれているのが、キナリ★マガジンの読者の人たちだと思う。深いところまでわたしのことを知ってくれようとして、嬉しい。


なので、いま、声を大にして、言いたい。


有り金を9割方、失ったの〜〜〜〜!!!



ビビる〜!埋蔵金どこ〜〜〜?

めちゃくちゃしんどいベンチャー企業のお給料も、こんなもんこの先の人生で書けへんのちゃうかと思うくらい色々込めた書籍の印税も、貯めるのは数年、溶けるのは一瞬!いや一瞬は言いすぎた、三秒!


しかも、この有り金を失った経緯がちょっと特殊すぎるので、近い内に報道のカメラも入ることになった。もう事変だよ。

だけど、これだけは誓わせてほしい。

間違いなくわたしは、末代まで胸を張れる、誇らしい使い方をしたのだ。

でも時間の限られた番組で報道されるとなると、3分の1も伝わらず、ただ壊れるほど散財した女に見えるのではないかと懸念している。


なので、関係性の深い皆さんに、お願いがあります。
この記事で、先に本当のことを知っておいてください。

根も葉もないうわさを立てられたとき、「だれか一人だけは本当のことを知って理解してくれてる」っていうだけで、強くなれたりすんじゃん。

そして、この話がおおやけになった暁には「いや……ある筋から手に入れた確かな話なんだけど、岸田って本当はこんなイイこと考えてたらしいよ」と、タバコをふかしながらシレッと巷に流してください。

お金を貸してほしいわけではないんです。
皆さんの記憶のメモリを貸してほしいんです。

頼むぞ。
伝説は、君たちから作られる。巷はここから始まる。


(早かれ遅かれ、全貌はあらわになっていくと思うので、購読してない人はしばらく忘れたふりしてお待ちください)


なぜわたしが、有り金を失ったかというと。

この続きをみるには

この続き: 5,806文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
626
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (35)
初めてコメントします。
仕事の休憩中に、顔に出さずにめちゃ笑わせてもらいました!
やっぱりなみさん大好きです。
後半の仕事もがんばれます♪
ありがとうございます。
夜勤明けにめっちゃ笑いました(*゚∀゚*)
アメフト部、いい仕事人ですね!
今後の経過も、どんなにゅーすになるのかもたのしみです!
ボルボくん早く見たいなぁ
読んでいてしあわせな気持ちになりました。
これからボルボと一緒にたくさんの思い出ができるんだろうなぁと
おもったらジーンとしました。

きっとお父さんもニコニコしながら見守ってくださってますね(*´ω`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。