野生の広報が、ガイアの夜明けを迎えるまで(後編)

めちゃめちゃ時間が経ってしまって、すみません。きっと再現性がなさすぎて参考にならないだろうけど、思い入れがあるから語りたい岸田奈美の「野生の広報」シリーズ。

前半はこちらから。

櫻井翔さんに、なんとしてでも来てもらいたかった

「日本テレビのNEWSZEROが、高齢者や障害者への研修を取材したがっている」

毎日のようにいろんなテレビ局や新聞社に連絡をしていくなか、一本の電話があった。出たくて出たくてたまらなくて、なにかしらの時事問題や社会問題にかこつけて、メールやFAXを送りつけた番組だった。

そのときわたしの頭の中には、たった一人の顔がくっきりと浮かんでいた。

ここから先は

7,033字 / 3画像
【無料キャンペーン中】7月22日23:59までに、クーポンコード「kazokazo242」を入力すると、1ヶ月無料でお読みいただけます。期間内に解除すれば料金は発生しません。

【7/22まで!初回購読者限定無料クーポン「kazokazo242」】新作を月4本+過去作400本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占め…

週末にグループホームから帰ってくる弟や、ばあちゃんと美味しいものを食べます。中華料理が好きです。