見出し画像

伝説と神話は違うけど、神話を語るために必要なことを考えた

(キナリ★マガジン購読者の限定記事です)

初著書のエッセイ本のイベント、プロモーション、書店さん周りで一日の26時間くらいを使っておりますが。あとキナリ読書フェスの準備も。だけど、だらしないわたしは歩もうとしなければ、歩めなくなるので。

いろんな人から褒めてもらって「いまならなんでもできるんじゃないか」という気持ちで奮い立たせて、小説や童話などを、少しずつ歩くように書いています。

エッセイと違って、フィクションは、起こったことをそのまま書くよりもずっと考えることが多く、そこで出た答えを「ほんとうらしい話」にすることが、ほんとうに難しい。ふとした瞬間、いつもブクブクと潜ってしまう。


最近、自分のなかに潜った先で、見つけてきたことを書きます。今日だけじゃなく、今月は何本か。とっちらかっとるけども、伝えるために書くことで、わたしの頭の中の引き出しに整理してもう一度戻す、という役割を持ったnoteです。


伝説と神話には違いがあって、SNSとnoteがある現代は、その二つが生まれやすくなっている

この続きをみるには

この続き: 3,945文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

鬼も泣き出すほどの大吉!運がいい!
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/