見出し画像

「一人称単数」を読むと、筋の通らない物語を語りたくなる

※2020年9月「文藝春秋digital」に寄稿した、村上春樹著「一人称単数」の読書感想文です。いつもに増して、長いのです。

村上作品の感想を書くと、なぜか自分の話ばかりしてしまう

文藝春秋さんから「一人称単数の書評をお願いします」と頼まれて、嬉々として引き受けた数分後に、わたしは唸りながら頭を抱えていた。

わたしは4月に刊行された「猫を棄てる 父親について語るとき」で、はじめて村上春樹作品を手にとった。わたしが彼の作品に長く手が伸びなかったのは、亡き父が熱烈なファンであったことに由来するのだけど、長くなるのでここで説明はやめておく。

ともかくその本に深く感動して、単行本を片手にしばらく放心したのち、尻に焼きゴテでも当てられたかのような衝動に突き動かされ、noteで読書感想文を書いた。でも小学校の時にこれを提出したら、「これは読書感想文ではありません」と先生に突き返されそうな気もする。


なぜなら、その読書感想文の7割は、わたしの個人的な話だったからだ。


過去に見落としていたアレとか、何気なく感じていた日常のソレとか、そんなもんを読まされた人からは「知らんがな」と一蹴されてしまいそうなほどに。

以降、わたしは取り憑かれたように村上春樹さんの代表作を一作ずつ読んでいき、「海辺のカフカ」の読書感想文も書いた。物語をしっかりと読み込み、登場人物や舞台となった町を隅々まで調べ、当時の村上春樹さんのインタビュー記事なども掘り起こした。

さあ、いざ!と思って、書き終えた読書感想文は、やっぱりわたしの個人的な話で埋め尽くされていた。なんでやねん。


そう。

わたしは、村上春樹さんの作品を読むと、なぜか自分のことばかり考えてしまうのだ。

この続きをみるには

この続き: 5,590文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
172
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (3)
岸田さんの情熱が伝わってきました(`・ω・´)ゞ
村上春樹さんの物語をつづる言葉は、わたしが「今まで苦しみ、悩んできたけど、言葉にできないがために、正体のわからないまま放置していたなにか」にピタリと当てはまるからだ。そんな感情を抱いていたことを、言葉を見てはじめて認識したことすらもある。

この気持ちよさったら、もう。
かゆいところに手が届くってレベルじゃない。
かゆいところに荷電粒子砲。

*******************

奈美ちゃん知ってる?奈美ちゃんがつづる文章も私たちにこの現象を起こしてるの。
すとんと納得がいく感覚、目からぽろぽろとウロコが落ちていく感覚とも…
岸田奈美さん
いつも勝手に応援してます👺
もし、いつか、なんや、時間あるなぁー
ちょっと、なんや、新しいこと、してみよかー👺なんて思ったら、わたしの推しの作家さんの作品の感想文をぜひぜひ書いて欲しいなぁ。
せやけど、現実は、めっちゃ忙しなってしもてはるんで、難しいやろけど👺
そんな、妄想を、抱かせてくれて、なんや、ありがとう❗️

せやけど、ホンマ、本って、素敵やな。
インディージョーンズで、ヒトラーが、本を焼き払ってるシーン。今でも、腹立つ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。