見出し画像

浩二だったり、オトンだったり|かんがえる岸田

キナリ★マガジンを読んで、わたしを応援してくださっているみなさんに向けて書いている、日記のような言葉です。


いよいよ明日、12月6日(日)22:55からテレビ朝日「サンデーステーション」で、父の愛したボルボを買ったお話を取り上げていただけますことよ。

「調子乗って外車買った女」になったらどうしようと、震えて眠っておりましたが、たくさんの人に言い訳を読んでもらえたので、とりあえず安心しています。

1.浩二だったり、オトンだったり

ところで、こちら、前にも紹介した例のアレです。父・浩二のサインをかたどって作った、スタンプ。

画像1

あまりにもリアルすぎて、押したら「ヒィ」と声が出てしまったけども。無事に福岡まで連れていき、100冊ほどサイン本を作ってきました。

画像2

家族4人分のサイン本って、わたしもめったに見たことなかったけど。

なんていうか、あれだね。

血判状っぽさあるよね。


めちゃくちゃ怖い。普通に荒れた民家とかから発見されたら、金田一あたりが引っかかる類のアイテム。あと拇印があったら完璧。

拇印は押さなかったけど。


それで、最近気がついたこと。

お気づきの人もいらっしゃるとは思うけど、わたし、岸田浩二のことを「浩二」って言うたり、「オトン」って言うたり、「父」って言うたり、バラバラなんです。

noteとTwitterとオフラインで使いわけてるのかと思ったら、どうやら混ざりまくってるらしくて。

取材してくれた記者さんから

「あの……さっきから登場している、オトンと浩二は、同一人物でいらっしゃいますか……?」

って、気まずそうに聞かれた。そうなるわ。

ちなみに、生きていたときは「パパ」だったからね。オトンとも浩二ともお父さんとも、呼んでないから。

呼んだことがないのに、呼び名が変わるのって、不思議だ。

呼び名が変わるときって、いつなんだろう。

この続きをみるには

この続き: 3,720文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【月4記事更新】岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。このお金で生きています。「事実は小説より…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。

小吉と見せかけて大吉!運命をねじまげる力があるね!
445
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/