今週のもうあかんわ「ばーちゃんの電気椅子」
見出し画像

今週のもうあかんわ「ばーちゃんの電気椅子」

先週から、みんなの「もうあかんわ」な話を、岸田奈美が趣味で集めています。

もうあかんすぎて、もうだれかに笑ってほしいという叫びたちなので、みんなで笑い飛ばしましょう。笑うだけで人の役に立てます。

はじめた趣旨などはこちらから

はい、じゃあ、今週のもうあかんわ、いってみよ!

※掲載されたみなさんに「もうあかんわ特製ステッカー」を、毎週のMVPには「お見舞金 1000円(図書カード)」を差しあげます。掲載された人には、メールかDMで連絡がいくので、しばらくお待ちください。



【今週のMVP】ばーちゃんの電気椅子(はるみちゃん)

いま思えばあの頃から、祖母の認知症は始まっていたのだろう。ある日、外出から帰って来るなり恍惚の表情で、祖母が言った。

「あ〜電気椅子が欲しいわ〜。あれ気持ち良いのよね〜。極楽なのよ〜」

!?

「ばーちゃん!それたぶん違う!マッサージチェアだよね?電気椅子は違うから!確かに極楽には行けるけれども!」

なんなら分割払いまでして電気椅子の購入を検討していた祖母だったが、全力で阻止した。

岸田より
「電気椅子ってどこにありますか?」ってばーちゃんに聞かれて、おどろきとまどいながら「どなたを極楽へ送るおつもりで!?」と口走ってしまうヨドバシカメラの店員になりたい。



人生で一番美味いコーヒー (岡田梅子)

コーヒーが好きだ。隙あらば喫茶店によってコーヒーを飲むし、お店で挽いてもらったコーヒー豆を家でもドリップして飲む。

ある日、銀座のギャラリーに絵を見に行った。

のんびり絵を見ていたら、スタッフさんが「よかったらどうぞ」とコーヒーをいっぱい淹れてくださった。一口飲むと死ぬほど美味しくて、これが銀座のコーヒーかと驚いた。たぶん、生きている中で飲んだ、ナンバーワンのコーヒー。

飲み終わったカップを下げるために給湯室を覗くと、そこにはインスタントコーヒーの缶があった。

岸田より
これが本当のネスカフェアンバサダー……。
逆になんか死ぬほど高い豆のコーヒー淹れてもらって「うまっ!このインスタントどこで買えるんすか!あっ、ドルチェグストっすか、グストっすねこれ!」って朗らかに伝えて氷河期を起こすより、安いやつを美味いって思える方がたぶん人生は幸せだと思うので、大丈夫。


育て、メインクーン(百日草)

寂しい自粛生活が続き、小さい動物に癒してもらいたいと思った友人。すると、娘さんが子猫をもらってきてくれたそうです。

小さな、かわいい子猫が二匹。

きゃっきゃっと喜んでいましたが、猫の種類はメインクーン。大人になったら虎なみの大きさになる猫でした。

岸田より
虎なみ言うたかて、家で飼える猫やからそんな大げさなと思って調べたら、1mくらいになるって書いててめっちゃ笑いました。でっかい。IKEAのぬいぐるみか。でも、見えますよ。もうあかんわと言いながら、めろめろになでなでしてる姿が。


京急蒲田(小木曽一馬)

京急蒲田駅の乗りかえが難しすぎる。

品川駅から京急蒲田駅へ向かう。
乗りかえのために、京急蒲田駅でおりる。
乗り換えの電車がくるはずのホームに品川行きが先に到着、乗車してしまう。
そして、品川に戻る。

これを2回繰り返して新卒の頃めちゃくちゃ怒られた挙げ句、翌月同じことが起きた。

岸田より
首がもげるほどうなずきたい、何度、車窓を流れる景色に絶望したか。空港に向かう途中だったらもう暴れてでも電車を止めたくなる。これ泉岳寺駅でも同じことが起きるから、あそこで「ちょっとちょっと、お客さん、間違えてますよ」って助言する仙人みたいな役割してえな。チップはお気持ちで。フォッフォッフォッ、元気でな、若いの。(あなたはもしかして…!?)


スパイシーな目覚め(T-REX)

2人目妊娠中の時の話なんです。

暑すぎた夏場。冷蔵庫から保冷剤を出して、頭に引いて寝た。

朝起きて、見たら、それは冷凍しておいたキーマカレーだった。青ざめた。

岸田より
完全に出だしが稲川淳二で再生されてしまったのだけど、開始三秒でアホの稲川淳二になった。でもキーマカレーってちょっと寝やすそうだよね、そば殻の枕っぽくて。


もうあかん話の投稿は、こちらからお待ちしてます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

大吉も大吉で笑ってまうわ!おめでとう!
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/