見出し画像

長所と短所は背中合わせだから、光彦の幸せを願う

名探偵コナンという作品を知っているだろうか。

「野生児がでかいサメと戦うんだよね」と思った人は、未来少年コナンの冒頭の話をしているので、一旦1970年代のことを忘れてほしい。

工藤新一という高校生探偵が、黒の組織という悪役から毒薬を飲まされ、目が覚めたら小学一年生の姿になり、難事件を推理と機転で解決していくミステリー漫画の話だ。

わたしと弟は、この名探偵コナンがそれはもう大好きで。

ゆえに、ずっと考えていたことがあった。


名探偵コナンの世界で、一番頭がいいとされるキャラクターは誰か。


やっぱり、主人公の江戸川コナンこと工藤新一か?

その父親である天才ミステリー作家の工藤優作か?

はたまた、西の高校生探偵の服部平次か?

奇術と演出と発想のマリアージュが絶妙な、怪盗キッドか?

ちがう。


わたしの見解では、少年探偵団の円谷 光彦(つぶらや みつひこ)である。

画像1

こいつだ。ものすごく雑な絵だけど許して!

知らない人のために説明すると、少年探偵団とは、小学一年生の同級生で結成するチームだ。

江戸川コナン、灰原哀、吉田歩美、小嶋元太、円谷光彦の5名からなる。

このなかでコナンと灰原だけは、毒薬の影響で頭脳は大人、身体は子どもになっており、その事実を少年探偵団の子どもたちには隠している。


円谷光彦の活躍っぷり

つまり円谷光彦は、頭脳も身体も純粋な小学一年生だ。そしてドラえもんで言うところの、スネ夫ポジションにも近い。

それを踏まえた上で、光彦の活躍を軽く説明すると。


●遊園地でジェットコースターに並ぶ待ち時間を計算するため、フェルミ推定を暗算で披露。(私立中学受験レベルに該当)

●「釣果 - ちょうか」という文字をたやすく読み上げる。(漢字検定準2級、高校3年生レベルに相当)

●豊富な知識と簡潔な説明力を持ち、明治維新や吉田松陰に関する日本史の知識を、小学一年生たちが一瞬で理解できるようにわかりやすく説明。

●推理力と想像力を組み合わせ、シャーロック・ホームズの「赤毛連盟」を引き合いに出し、コナンにかわって事件を推理。

●経済情報にも通じており、東都水族館に入館する術を探すときはいち早く「東都水族館には鈴木財閥の資本が入っている」と言及。

●機転と判断力に長けており、知らない道を覚えるため、とっさにガソリンスタンドの名称と場所を完全に記憶。

●運動もお手の物で、5メートルは離れているであろう犯人に、やり投げの要領でホウキを投げ当て、動きを止める。

●用意周到で、不測の事態にそなえ、少年探偵団の全員分の双眼鏡や懐中電灯をなにも言わず調達しておき、持参する。

●責任感と男気にもあふれており、銃をつきつけられて脅されても「自分が首を突っ込んだ事件だから」と、探偵団について口を割らなかった。

●同級生を含むすべての人に対して、ていねいな敬語を使う。大人でもあやふやな礼儀作法にも詳しく、よく元太に正しい方法を教える。


こんな小学一年生がいるだろうか。


しかも光彦の愛らしいところは、コナンや灰原と違い実年齢も小学一年生なので、男児らしく無邪気に、特撮戦隊「仮面ヤイバー」に目を輝かせている。相応の子どもらしさも持ち合わせているのだ。


この小学一年生らしからぬ光彦のポテンシャルから、ネットでは有志により「光彦はIQ400ある説」なるまとめが公開。「劇中でずっと伏せられてきた黒幕は、光彦ではないか」というブッ飛んだ考察まで真面目に展開され、原作者がこれを真剣に否定する事態に。

脇役にも関わらず、光彦のコアな人気はじわじわと高まっていき、2ちゃんねるで光彦を主人公とした二次創作小説が続々と発表。

アニメ第923話で満を持して「コナン不在のなか、光彦が大活躍する回」が放送されると、沸き立ったファンからは「光彦の有能さが光った神回」「お疲れ様光彦」「しっかり見届けたぞ」という感想が相次ぎ、読売テレビのニュースサイトでは「視聴者から、光彦の親兄弟や親戚のような温かいメッセージが多数」という謎の見出しまで掲出された。


もう一度言う。
こんな小学一年生がいるだろうか。


現時点では光彦の頭脳は、現職の探偵たちに及ばないものの、伸びしろがありすぎる。

子どもの成長に絶対はないが、このまま彼がすくすくと経験を重ねて育つと、高校生になる頃にはすべての登場人物を越える聡明さを持つ可能性が高い。


不運にもアホ役に甘んじてしまう光彦

しかしそんな光彦には、不運が待っている。

同年代では誰も歯が立たない、飛び抜けた頭脳と能力を持っているのに。すぐそばに江戸川コナンと灰原哀というチート的な存在がいるのだ。

彼らの実年齢は16歳と18歳。片方は天才高校生探偵、片方は天才科学者。

得てきた時間も違えば、経験も違う。っていうか日本でもまれに見る天才。

どんなに光彦が優秀であっても、しょせんは小学一年生。彼らの前では風前のチリのように、容赦なく霞む。

つまり、なにが起きるかと言うと。


飛び抜けて頭のいいコナンと灰原がいるために、俺たちの光彦がアホ役に甘んじることが多々あるのだ!


光彦がクイズに不正解する、間違った推理を組み立ててしまう、おっちょこちょいでミスをしてしまう。それをコナンと灰原が、秒速でフォローする、あるいは論破する。

そうすると相対的に「光彦はかっこ悪い」「光彦はたいしたことないじゃん」という印象が植え付けられてしまう。

その最たる例が、歩美への印象である。光彦は歩美へ強い恋心を寄せているが、歩美の恋心はコナンへ向いている。

その理由は、無情にも「コナンくんは頭がよく、スポーツが万能」だからなのである。

み、光彦ォーーーーーーーー!!!!!おまえっ!!!!光彦!!!!生きてるか!!!!光彦!!!!大丈夫だぞ!!!!俺たちがついてるぞ!!!!!!!頑張れ!!!!!!!!!!!


頭がよく、スポーツ万能は、前述のとおり光彦にも当てはまる。だがしかし、ときにわかりやすい評価とは、「なにかと比べられる」ことになる時がある。

いくら平等、公平、個性の尊重を説いても。いくら光彦が努力をしたとしても。くらべるものさしがブッ壊れていると、評価もブッ壊れる。人生は、悲しくもそういう風にできている。


コナンと灰原と一緒にいることで、俺たちの光彦は、やがて近い将来、ゴリゴリに自尊心をすり減らしていくことになる。いや、もしかしたら、今も。


光彦がもし、少年探偵団じゃなかったら。きっと彼は、天才小学一年生として、相応の自尊心を持ち、脚光を浴び、モテたはずなのだ。

わたしは、そんなifへ思いを馳せずにはいられない


わたしは長期計画を立てられなかった

ここまで2600文字も使ってしまったので、読んでいる皆さんは「活きの良い過激派光彦オタク」を突然見せつけられてしまい、動揺していると思う。

ちゃんと本題があるので、聞いてほしい。

先日、出版社の人と打ち合わせをしているとき、わたしのエージェントを担当してくれている佐渡島庸平さんが、こんなことを言って、わたしの自尊心がちょっとだけモチャッとなった。

この続きをみるには

この続き: 2,085文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
610
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメント (2)
名探偵コナン大好きなので、ゲラゲラ笑って読んでたら最後、涙がにじみましたドグ。(*´Д`)
はじめまして!
最近“スズメバチを食べるルンバ”の記事がTwitterに流れてきて、面白そうっと思い読んでみたらすっかり岸田さんの虜になってしまった者です。

岸田さんのユーモアあふれる言い回しにいつも楽しませていただいています!
今回も劇的に面白かったです。

光彦、頑張れ👍
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。