見出し画像

元・大阪府知事だと思われている私のstay at home

このところ、毎日のようにDM(ダイレクトメール)を送ってくる人がいる。

DMと言っても、伊藤忠ファミリーセールの入場券が入っていたり、宝くじが面白いほど当たる開運ネックレスの案内が入っていたりするような、チラシの類ではない。

TwitterのDMだ。

ユーザー同士で、非公開の会話ができる機能である。チラシなんかよりよっぽどダイレクトだ。そのメッセージは、私のために紡がれている。

私はそのDMに、一度も返事をしたことがなかった。

なぜなら、こんなDMだから。

画像1

橋下徹さんと言えば、52代目の大阪府知事だ。

最初は、橋下徹さんの近況を感情任せに送っているだけなのかな、危ない人だな、と思った。

画像2

違った。

この人は、なぜか私を橋下徹さんだと思っている。

「もう良いです!」とか「最低です!」とか、日常であまり手向けられない言葉に、思わずたじろいでしまう。

まあまあそう言わずに落ち着いてお茶でも飲みなさんな、の一言でも送りたいのだが、いかんせん私は、橋下徹さんではないのだ。

府政の粉飾のカラクリを暴いた覚えなんかないし、単式簿記がなんのことかすらもわからない。

あの橋下徹さんだぞ。

夜通し食い倒れ人形が太鼓を打ち鳴らして練り歩き、グリコの巨人が有象無象を踏み潰しながら駆け回り、顔を上げれば宙をうごめくカニの爪に挟まれ、一度でも外に出ればおばちゃんが列をなしポケットに飴を突っ込んでくる、そんなカオス極まる街のトップにいた人だぞ。

重ね合わされても、矮小すぎる私は返せる言葉がなにもない。

そんな私の戸惑いむなしく。

橋下徹さんがTwitterでなにかをツイートする度に、テレビでなにかを発言する度に、彼から怒り狂ったお叱りのDMが届き続けた。

最初は迷惑だなあと思っていたのだが、あまりにも毎日毎日、橋本徹さんにキレ散らかし、その反応の速さや言葉選びはただならぬ気迫を感じるので、私の方もなにかしら報いなければ、と思うようになってしまった。

橋下徹さんだと思われている女として、せめて教養としての橋下徹さんのことを身につけておくべきだ。

DMが届けば「おっ、今日はどんなこと言ったのかな」と橋下徹さんのTwitterを覗きに行き、橋下徹さんが出ているニュースをチェックした。

彼の怒りがまっとうであるかをフラットな目線で確かめたくもなり、NewsPicksで橋下徹さんの記事を探し、コメント欄を読んだりもした。


気がつけば私は、大阪府政にめちゃくちゃ詳しくなっていた。


大阪府議会の定例議会の議事録も読んだし、大阪維新の会の主要メンバーも空で言える。


東京都民なのに。


そのような事情に詳しくなると、怒りのDMの印象が変わってきた。彼の怒りに共感することはないし、賛成をする気もないが、「だから貴方は怒っているんだね」と深い味わいを感じる。

これが前情報の大切さなのかと、感動した。

映画アベンジャーズを観る前に、それぞれのヒーローが独立して活躍するマーベル作品を観ておくと、感動もひとしおであるのと同じ理屈だ。


そんな異常が日常になった頃。

彼について衝撃的な事実が、判明した。ひっくり返るかと思った。

この続きをみるには

この続き: 2,685文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。もうあかんわ日記のおまけもどしどし読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

ミラクル優勝大吉!胴上げしていい?
小学館から本「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、いろいろと役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/