天才女優、介護認定調査にあらわる!

天才女優、介護認定調査にあらわる!

岸田 奈美

ばあちゃんの耳が、日に日に遠いところへ行っている。

たぶんもう青函トンネルとあちら側とこちら側くらいの距離がある。

「ごちそうさま」の代わりに「お地蔵様」と言っても気づかなかった。

高い音が聞き取りづらいらしく、声域がソプラノ〜アルトの岸田家ではできるだけ低い声で話さないとなんの連絡もできないので、ヤクザのタマの取り合いみたいなドス声が飛び交う家になってしまった。ヴオオィ、ゴルァ、風呂わいとるでワレェ……!


さて。

また、介護保険の認定調査の季節が巡ってきた。

介護が必要な人のところに、調査員が参上し、暮らしぶりをちょっと見たり、質問をしたりして、その結果をもとに「要支援1」とか「要介護2」とかの度合いを決めてもらうやつ。

「あんたはわりと大丈夫そうやね」

となると、度合いは下がり

「あんたはかなり大変そうやね」

となると、度合いは上がる。

人間誰しも健やかでありたいので「大丈夫そうやね」と言われるとエヘヘまだまだそこらのモンには負けまへんわと照れたくなるが、こと認定調査においては喜んでる場合ではない。

介護保険の認定の度合いが下がる。

すると、受けられる介護サービスが少なくなるのだ。


それで岸田家は最初、痛い目を見た。

一年前、80歳手前になるばあちゃんが初めて介護認定調査を受けた。

認知症の傾向がはじまったのだが、身体は丈夫で口が達者というチート性能により「明るく元気にいらんことをしまくる奇人」が家庭内に爆誕してしまった。

それでも母や孫であるわたしや弟のことをかわいがってくれるなら「まあまあ、おばあちゃんったら、ご飯はさっき食べたのよウフフ」と穏やかな目で見守れるのであるが、シンプルに暴君である。

家族の飯はすべて食い尽くされ、わたしや弟がリビングにいると黙ってても「やかましいから寝ろ!」と追い出され、19時には家中の電気が強制的に落とされる。外気はマイナスだが暖房をつけているともったいないと叱られる。従わなければ大阪の下町で培われた豊富なボキャブラリーの罵詈雑言が宙を舞う。弟はクイックルワイパーで追い回されていた。軍隊より理不尽。

そのうち無意味に穴を掘ったあと、埋めろって言ってくるんだろうな。

たまりかねて、一日の数時間はデイサービスという場所に行ってもらおうと思ったら、介護保険の認定調査が必要だった。

初めて受けたときは、母は入院中だったし、よくわからないので、ばあちゃんがいろいろ質問されるているところをただ眺めていた。


普段、理不尽にキレ散らかしていたり、ボーッとしてたりするばあちゃんが、介護認定調査を受けるとき、どうなるかご存知だろうか。

この続きをみるには

この続き: 3,422文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、月4本以上の限定記事が読めます。

岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生き…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
岸田 奈美

手術終わって元気になって帰ってきた母と、うまいもん食って、きれいな海を見に行きます。毎月、家族で楽しく暮らすいろんなことに使わせてもらっているので、使いみちはnoteで紹介します。

鬼も泣き出すほどの大吉!運がいい!
岸田 奈美
小学館「家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった」ライツ社「もうあかんわ日記」発売中! キナリ★マガジンという有料定期購読noteで月4本エッセイを書くほか、役に立たないことを披露しています。 Official WEB→https://kishidanami.com/