見出し画像

母いわく、前世はハワイの原住民

28歳にして、はじめてハワイへ降り立った。

数年前仕事でハワイに行ったと言う(言ってみてーわ)母が「ハワイはいい」「ハワイはいいぞ」「ハワイの空気を吸うだけで元気になる」「私の前世は、ハワイの原住民だったはず」というような供述を繰り返すので、ノイローゼになる前に、2年かけてキッチリお金を貯めて、やってきた。

弟にも「行くか?」と声をかけたら、「ええわ」と言われたので、今回は母娘のふたり旅である。

ちなみに、前世がハワイの原住民であると言いはる母は、成田空港で、50人に1人の確率でランダムセキュリティチェックに選ばれてしまい、別室へと吸い込まれるように消えて行った。

ここから先は、有料公開です。

月およそ3本の記事を読める「岸田奈美のキナリ★マガジン(月額1,000円)」を購読するか、1本500円で個別に購入をお願いします。

無料記事はこれからも書いていきますが、書くことを仕事にするため、マガジンを購読して応援してくださると、とっても嬉しいです!

いただいたお金の分、新しい挑戦と楽しい文章をつくって、皆さんに笑いでお返しします。

「岸田奈美のキナリ★マガジン」購読
https://note.com/namirairo/m/m5c61a994f37f

この続きをみるには

この続き: 2,528文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】このマガジンを購読すると、月3本以上の限定記事が読めます。今のところ平均5本。

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日…

この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
222
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

岸田奈美のキナリ★マガジン
岸田奈美のキナリ★マガジン
  • ¥1,000 / 月

【公開から1ヶ月経つと、前月以前の過去記事も読めるようになりました】作家・岸田奈美が、「事実も小説も奇なり」をモットーに、とんちんかんな日常や、それなりに愉快になるお話をおすそわけします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。