見出し画像

いい部屋とは、暮らす人と見守る人の愛しさが重なりあっている

「これ、転がしたらええんちゃうかな」

目の前に鎮座する、四角い一人がけソファをじっと見つめていた母が、ぽつりと言った。
こんなバカみたいに重いものをどうやって、100メートルは離れたゴミ捨て場へ持っていこうかと、私は頭を抱えていたところだった。

マンション中の住民が寝静まる深夜3時。

私と弟は全力でソファを転がし、前へ進んだ。

ゴロン、ゴロン、ゴロン。

シルエットだけ見たら、大きなお金を運ぶ原始人のようだ。
たしか「はじめ人間ギャートルズ」で、こんな光景を見た気がする。
誰かに見られたら、斬新な夜逃げを疑われてしまう。

2月初旬。

3ヵ月ぶりに実家へ帰省した私が、なぜギャートルズになったかと言うと、
母がとつぜん「広い部屋に移動したい」と言ったからだ。

広い部屋とは、私が東京で一人暮らしするまで使っていた子ども部屋のことだ。
子ども部屋とは名ばかりで、そこには私が二十年以上の歳月をかけて集めてきたホニャララや、若気の至りで買ってしまったホニャララなどが、積み重なったままだった。

対して母が昔から使っていた部屋は、とてつもなく狭い。
ベッドを置けば、ほぼ身動きが取れなくなる。
しかも、誰も弾かないピアノまでなぜか置いてあった。
うなぎの寝床を、地で再現する部屋だった。

そりゃ、まあ、移動したくなる気持ちもわかる。

ということで、怒涛の家庭内引っ越しがおっぱじまった。
名誉ある隊長に任命されたのはもちろん、私だ。

正直言って、めちゃくちゃ面倒くさい。
だが、ホニャララを放置し続けた、当然の報いだ。

家庭内引っ越しは困難を極めた。

まず、子ども部屋はバカかと思うほどモノであふれていた。
私のバカ。なんでこんな、いらないものばっか買ったんだ。

なぜか二脚あってどっちも使っていない椅子、さっぱり弾けないエレキベース、一段たりとも残らず壊れたチェスト、3冊も出てきた「これだけ読めば大丈夫!」という謳い文句の書籍。

嫌でも目につくそれらの始末で、一日はかかった。
モノは買うことより、捨てることの方がよっぽど大変だ。
私は齢28年にして、ようやく思い知った。

表面的に積み重なっている、大人になってから買った不要なものを片づけたら、
今度は子どもの頃に買ってもらったものが、続々と姿を現しはじめた。
まるで断層のようだ。

それらをまじまじと見ていて、わかったことがある。

私の部屋は、気に入ったものと、押し切られたものでできていた。

自分で買ったり集めたりしたものは、気に入ったものだ。
でも、明らかに気に入らなかったものもある。

たとえば、勉強机。
私がほしかったのは、夢のようにかわいいサンリオのキャラクターがプリントされ、ランドセルをひっかけたり、宝物をしまったりする引き出しがいっぱいある勉強机だった。

しかし実際は、とてつもなく洗練された、オシャレな無垢材の机だ。
ベッドまで同じデザインで揃えられていた。
デンマークだかフィンランドだかの、伝統あるブランドものだそうだ。

だが、子どもからしたら、洗練など余計な心遣いである。
むしろ洗練のせの字すらない、チープなゴチャゴチャ感こそが憧れなのだ。

幼かった私は、父に訴えた。

「こんなんイヤや!もっとピンクでキラキラで、かわいいのがほしい!」
「アホか。そんなんすぐ飽きるやろ。こっちの方がええぞ、みんな持ってへんからな」

一蹴され、私は下唇を噛んだ。
みんな持ってないものじゃなく、みんな持ってるものがほしいのに。

家具だけではなく、おもちゃでも同じような現象が起こった。

「奈美ちゃんに、おもちゃのお土産買ってきたるわ!」

出張に行く父がかけてくれた言葉に、私の目はらんらんと輝いた。
当時の私は、幼稚園生だった。

なにかな。なにかな。
ラメ入りのアイロンビーズかな。
お手するロボット犬・プーチかな。
なりきりメイクセットかな。

奈美少女は、窓際で頬杖をつき、ウキウキと想像をめぐらせていた。

夜になり、待ちに待った父が帰ってきた。

「ほら!ドイツの木でできたおもちゃやで」

私は愕然とした。

ちゃうねん。そういう方向とちゃうねん。
なんでやねん。なんでそうなるねん。

叫びだしたくなったが、ドヤ顔の父と、よかったねと手を叩く母を見たら、なにも言えなかった。

父が私の部屋に置いていったもの。
板が積み重なったタワーを、ビー玉が騒がしく駆け下りていくおもちゃ。
木の破片をめくり、裏に描かれた絵と同じ破片を探すおもちゃ。
木でできた熊の顔と上半身と下半身がバラバラに分かれており、貧弱なバリエーションで着せ替えを楽しめるおもちゃ。

全体的に、旅行で訪れた長野のログハウスの匂いがした。

待ち望んでいたものとは全然違うおもちゃで、しぶしぶ遊んだ。
でも、子どもというのは、与えられた環境でなんとかかんとか、楽しもうとする天才なのである。
仕方がないから、来る日も来る日も絵合わせをして極めた。
木の絵合わせ選手権大会があったら、西日本代表になれる自信がある。

しかし、遊びにきた同年代の友だちに「熊の上半身と下半身を組み合わせて遊ぼう」と誘ったら、だいたいポカンとされた。

ちょっとショックだった。

とにもかくにも、子どもがほしいものと、大人があげたいものには、マリアナ海溝より深い隔たりがある。
これは世界の真理だ。

話が長くなったが、部屋を片づけていると、それらが山のように発掘された。
もうおもちゃなんて使わないし、捨てようか。
拾い上げて、手を止めた。

捨てられなかった。
なんでだろう。あんなに、欲しかったものとは違うはずなのに。

少しずつ大きくなった私は、少しずつ使えるお金が増えて。
父や母からもらったものの上に、最新のゲーム機や、流行りのアクセサリーを積み重ねていったのに。

どうしてあのとき父は、私がほしくないものを選んだんだろう。
気になって尋ねたくても、父はもう亡くなった。

私が木でできた熊を、ぱち、ぱち、と重ね合わせていると。
リビングから様子を見にきた母が言った。

「うわあ、懐かしい!パパが買ってきたドイツのおもちゃやん」
「うん。めっちゃ遊んだ記憶あるけど、ほんまはテレビでCMやってるような、流行りのおもちゃがほしかってん」
「ああ……パパ、奈美ちゃんには本物に触れさすんや!って言ってたからなあ」
「本物?」

母はごそごそとクローゼットを探り、誇りだらけの写真アルバムを取り出す。
10冊以上あるそれを開いてみると、すべて見慣れない街の写真だった。
家族旅行とはちょっと違う。
レンガづくりの建物、吸い込まれそうなほど深い緑色の森、路面に開かれた市場を行き交う人々。
どう見ても、日本じゃない。

「ドイツやで」
「ドイツなんか家族で行ったっけ?」
「ちゃう、パパだけ仕事で行ってん。めっちゃ良かったらしくて、ずーっとドイツの自慢ばっかりしてたわ」

そういえば、そんなことを言っていた気もする。
だからドイツのおもちゃが多いのか。納得した。

「パパ、マンションのリノベーション建築の仕事してたやろ。古い建物も職人さんがオシャレに修理して、大切に使うドイツの文化に憧れとったんやって」
「たしかに、めっちゃきれいやなあ」

写真は百枚を越えていた。
父はきっと、夢中でシャッターを切ったのだろう。

「これ、クリスマスマーケットや」

ひときわ、賑やかそうな写真があった。
城塞に囲まれた旧市街。
おもちゃ箱をひっくり返したみたいな、数々の出店。
職人が手作りした、かわいい木のおもちゃを、抱えて帰る子ども。

大切につくられたそのおもちゃは、きっと大切にされるのだろう。
子どもの成長を、思い出と一緒に、家で見守ってくれるのだろう。
なんか、それって、いいなあ。

ハッとした。

きっと父は、自分が美しいと思うものを、私に触れさせたかったのだ。
言葉にする代わりに、部屋の家具やおもちゃを、選んでくれたのだ。

「私もパパやるやん!って思ったんやけど、肝心の奈美ちゃんは、他のがほしいって嫌がっとったなあ」

母は苦笑いした。

「うん。でも、今はこれの良さがめっちゃわかるわ。買ってくれてよかった」

よかった。
少なくとも今の私は、父が大切にしていた考えを、大切にしようと思える。
父はもういないけど、父の美学は、生きていく杖になる。

いい部屋というのは。
暮らす人と、見守る人の、愛しさが重なりあってできている。
私の子ども部屋は、とびきりのいい部屋だった。

数日後。
無事に家庭内引っ越しを終えた母から連絡があった。

画像1

「奈美ちゃんの部屋、快適やわ」と添えられた写真には、母の好きなものが全部盛りになっていた。とてつもなく、情報量の多い写真である。持ち込みすぎだろ。

私が気に入って買ったカエルのセロテープスタンドには、セロテープの面影がなく、代わりに付箋がぶち込まれていた。完全に、母仕様になっている。

私が好きなものであふれていた部屋は、母が好きなものであふれる部屋になっていく。
でも、そこに、私の美学も残っている。

画像2

画像3

「あと、あんたが大好きやったぬいぐるみもクローゼットから出てきたから、お風呂に入れてきれいにしといたで。この子めっちゃかわいいな、名前つけよか」とも、付け足されていた。

うん、いい部屋だ。


#ワタシのいい部屋
#いい部屋ネット
#PR

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事にいただいたサポートのお金で、母や弟(岸田家)と「したことない体験」に挑戦し、新しく記事を書きます。いつも応援ありがとうございます!

スキに圧倒的感謝
664
28歳の作家。100文字で済むことを2000文字で伝える。車いすユーザーの母、ダウン症の弟、亡くなった父の話など。講談社・小説現代 連載、文藝春秋2020年1月号巻頭随筆 執筆。コルク所属。 Official WEB→https://kishidanami.com/

こちらでもピックアップされています

#ワタシのいい部屋
#ワタシのいい部屋
  • 4本
コメント (3)
pr記事とは気づかないで全文読んじゃいました。
お題を与えられた方が書きやすいことってありますよね。
外国旅行より国内旅行に興味があるのですが、ドイツのクリスマスマーケットは行きたいんだよなあ。
くまさんいいお顔されていますね(^ ^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。